豪華客船で世界一周する時の楽しみ方と費用について一挙公開!

出典:https://matome.never.jp/

豪華客船に乗って,ノンビリと世界の街を旅したい~」

何とも優雅で,贅沢な海の旅のイメージがありますね!

クルーズ旅行の醍醐味と楽しみ方、そして旅行の費用が

どれ位かかるかのか,ご紹介します!

スポンサードリンク

豪華客船クルーズのツアーとは?

クルーズ船はフェリ―のような移動の為の船ではなく,乗船中の船旅を

楽しむ為の船ですね。

その為,外観の美しさや大きさもさることながら一流ホテルにも引けを

とらない設備とゴージャスさを備えています。

コースは最短の1泊2日のワンナイトクルーズから最長で約3カ月位の

世界一周クルーズまでバリエーションは豊富です。

船内はどこかの街と同じような錯覚を覚えます!

出典:hot-tpic-news.com/

クルーズの旅の魅力

昼は,海上でのクルージングを楽しみ,夜眠っているうちに移動して翌朝

目覚めたら次の寄港地に到着しているといった旅ですから非常に

時間効率が良いですよね!

クルージング中はデッキで景色を眺めたり,映画を見たり,コンサートや

ショーを見たり、ジャグジーでのんびり寛いだりと・・・

船の中だけでも楽しめるのです!

そうしている間に目的地につくわけです。

世界一周クルーズのコースは?

世界一周クルーズの例では赤道を少なくとも2回越えて,北半球と

南半球の30~40の都市を巡るコースがあります。

こうしてみると,飛行機や鉄道を乗り継いで世界一周をするのに較べると

ずっとお得な感じがしますね!!

しかも,クルーズなら食事や部屋は安全の水準だし,行く先々の

手配や手間も不要です!

海外のクルーズ人口は?

クルーズ旅行は,「料金が高く一般人はとてもじゃないけど乗れませんヨ~」と

いうイメージがありますが現在での世界のクルーズ人口は2200万人を超え

海外においてもクルーズは一般的なレジャーの一つになっています。

しかし,クルーズの大衆化によってクルーズ料金も大きく下がってきてるとはいえ

世界一周クルーズともなると旅行期間も長くなり費用もそれなりに大きな金額に

なるのは間違いありませんね。

世界一周クルーズの費用は?

クルーズのトータル費用を考える時には,クルーズの基本代金だけではなく

その他の様々な出費も考慮する必要がありますよ!

基本料金以外に,以下の4つを考える必要があります。

  1. 出発前の準備にかかる費用
  2. 港湾使用税
  3. クルーズ中の有料サービス費用
  4. 寄港地での個人的な出費

1,出発前の準備にかかる費用として

パスポートの取得・ビザの取得・予防接種の費用・海外旅行保険代等で

一人50,000円~100,000円位

 

2,港湾使用税

これは国ごとの港の使用料のようなものです。

寄港先の港に支払われるもので基本料金とは別途必ず発生します。

クルーズによって数万円程度から10万円を超える場合があるようです。

3,クルーズ中の有料サービス費用

有料レストランでの飲食やマッサージ・美容室等の利用での個人的な費用。

4,寄港地での個人的な出費

自由行動時の食事や観光地入場料・交通費・お土産代にもお金を使う

事でしょう。

スポンサードリンク

クルーズの基本料金

例としてメジャーな船会社をピックアップしてみました。

「夫婦で一般的なタイプの部屋・100日間の世界一周」に申し込んだ例としますね。

客船「ピースボート」でいく世界一周クルーズ

フレンドリータイプと呼ばれるリーズナブルなクルーズ旅行があり,

103泊、104日で129万円から。

早期割引制度を利用すると更にお得に乗船できます。

客船「飛鳥2」でいく世界一周クルーズ

日本最大級の豪華客船「飛鳥2」、日本では一番有名な豪華客船です。

バルコニー無しのバスタブ付き部屋で,およそお一人様480万円。

夫婦参加なら基本料金お二人様で1000万円かかることになります。

他、世界では複数の船会社が世界一周クルーズを運航していますよ!

まとめ

  • 豪華客船クルーズには1泊2日のワンナイトクルーズから約3ヶ月くらいの世界一周クルーズまである
  • 豪華客船クルーズは海の上を動く巨大ホテルのようだ
  • 豪華客船で世界一周しようとおもったら夫婦2人で1000万円ほどかかる

いかがでしたでしょうか?

一生に一度くらい豪華客船に乗って世界一周に行ってみたいものですね!

今のうちからしっかりと計画を立てておけばその夢が実現するかもしれませんよ♪

最後までおよみいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする