ゴーヤの栄養と効果について解説!食べ過ぎはお腹をこわす?

元々沖縄で食べられていた野菜、ゴーヤ。

近年、栄養価の高い野菜として

沖縄県外でも食べられるようになりましたよね!

スーパーで売っているのもよく見かけます。

これからの時期に多く見られるゴーヤですが、

どのような野菜で、どのような栄養を

含んでいるのでしょうか。

今回は、ゴーヤについて詳しく

見ていきましょう。

スポンサードリンク

ゴーヤとはどんな野菜?

ゴーヤとは、元々沖縄の方言なんですよ。

沖縄以外では、ニガウリと呼ばれていました。

沖縄食のブームと共に、

県外にもゴーヤと言う呼ばれ方が

普及したんですね。

食べると苦味がありますが、

その分栄養もたくさん含んでいます。

ゴーヤを半分に切ると、

中には種とワタが入っていますよね。

その種とワタをスプーンなどでくりぬいて

調理するんですよね。

ゴーヤの主な食べ方としては、

ゴーヤとその他の野菜、お肉を共に炒めた

ゴーヤチャンプルー。

それから、

生でそのまま食べるサラダなどが

オススメですよ!

初めは苦くて苦手だという方も、

食べているうちにその苦みがクセになり

食べられるようになります。

苦味が苦手な場合は

スライスの厚さを薄くする

苦味が和らぎますよ。

是非、この夏はゴーヤにチャレンジ

してみて下さいね!

ゴーヤに含まれる栄養とその効果

ゴーヤには、

様々な栄養素が含まれているんですよ!

早速見ていきましょう。

ビタミンC

ゴーヤには多くのビタミンCが含まれています。

その数値、

キュウリやトマトの

約5倍以上だと言われています!

ビタミンCの働きとしては、

コラーゲンの生成を促す作用があげられます。

血管、骨、筋肉など人間の身体を

作るのに必要なコラーゲン。

それを作るのに役立っているんですね。

他にも、免疫力を高める作用もあるんですよ。

ビタミンCのおかげで、

風邪を引きにくくなるんです!

風邪を引いてしまっても、治りが

早くなるなど、人にとってビタミンCは

欠かせない成分なんですね。

また、ビタミンCには発がん物質を

抑える働きもあると言われています。

抗がん物質を作る働きもあり、

まさに健康のために摂取しなくては

いけない栄養素だと言えますね。

ビタミンCは多く取り過ぎても

尿として排泄されるため、取り過ぎて

身体を壊すという心配がないのも

嬉しいポイントですよね!

食物繊維

ゴーヤには、モモルディシンという

食物繊維の一種が多く含まれています。

腸内環境を整えるのに欠かせない

栄養素ですよね。

また、食物繊維にはコレステロール値を

下げる働きもあるんですよ!

是非、こまめに摂取したい栄養素ですね。

スポンサードリンク

鉄分

鉄分は貧血防止に欠かせない栄養素ですね。

しっかりした血液を作るためにも、

鉄分をしっかり取るようにしましょう。

カルシウム

ゴーヤには、カルシウムも多く含まれて

いるんですよ。

なんと、牛乳の14倍なんだとか!

驚きですよね。

カルシウムを取ることで、丈夫な骨を作る

ことができますし、イライラを抑えることも

できるんですよ。

チャランチンとコロコリン酸

この二つの栄養素はゴーヤの苦み成分に

関わっている栄養素なんです。

食物インスリンと呼ばれるこれらの栄養素は、

血糖値の上昇を抑える効果があるんです!

こうして見ると、ゴーヤには身体に

なくてはならない栄養素が

たくさん詰まっているんですね。

それらの栄養素のおかげで、

糖尿病の予防夏バテの防止

繋がるんですよ!

今からの季節にはもってこいですね!

更に、美肌効果ダイエット効果

もあると言われているので、

女性にとっては神様のような

野菜ですよね!

そんなゴーヤですが、食べ過ぎには

注意が必要なんです!

細かく見てみましょう。

ゴーヤの食べ過ぎには注意!

栄養素がいっぱいつまっているゴーヤですが

食べ過ぎには注意が必要ですよ。

ゴーヤが身体に与えてしまう負担とは、

胃液の分泌を促す働きにあります。

適度に取る分には、健康に良い効果ですが、

摂取しすぎると胃が胃酸で荒れてしまったり

下痢を起こしたりしてしまうんです。

いくら栄養素がたっぷり入っているからと言って、

食べ過ぎることがないように注意して下さいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ゴーヤには、ビタミンCやカルシウムなど、

人にとって欠かせない栄養素が

たくさん含まれていましたね。

しかし、食べ過ぎると逆効果になりますので

適度に食べるようにして下さいね。

ゴーヤ料理を食べて、この夏は

夏バテせずに過ごしましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

海ぶどうとはどんな食材?栄養素、カロリー、食べ方をご紹介!


スポンサードリンク