海のキャンプの楽しみ方!初心者必見!持ち物リストを大公開!


出典:www.geocities.jp/litning_rafting/tour/bbq.html

キャンプのイメージは,山や川・専用キャンプ場でのイメージがありますネ。

でも,海のキャンプも大海原を眺めたり,潮騒を聞きながら寛いだりする

楽しみがありますヨ!

そこで,海のキャンプの楽しみ方と出かける前の持ち物リストを紹介

しますネ!

スポンサードリンク

海のキャンプ楽しみ方!


出典:https//deece.jp/amusement/tags/

ノンビリ~マリンなくつろぎ・・・

潮風を感じながら大海原を見る・・・ノンビリする。

それだけでも日常の喧騒を離れた解放感がありますネ。

気長に昼寝や,読書もしてみてはいかがでしょうか?

読書もヘミングウェイの「老人と海」は渋すぎ・・( ^ω^)

バーベキューランチ!


出典:www.geocities.jp/litning_raitning/tour/bbq/html

浜辺でさまざまな食材を炭火で食べるバーベキューはマリンキャンプの醍醐味ですネ!

魚や貝など海を眺めながらのランチは格別です!!

お泊りキャンプ


出典:retrygogo.com/tansui/

大海原を茜色に染めて,沈む夕日を眺めるひと時は・・・

何とも言えない感動がありますよ( ^ω^)

出来るなら,お泊りキャンプで海に沈む夕日・・そして朝日も見るシーンがオススメです。

スポンサードリンク

海のキャンプ持ち物リスト

海のキャンプも用意する持ち物リストで楽しみ感もベストとなりますヨ!

1、水着

夏の海水浴もするなら,これをもっていかないと話になりませんね。

初めから泳ぐつもりなら洋服の下に着ていきましょう。

2、着替え

忘れがちなのが着替えと下着。浜辺で遊んでいると転んでグショ濡れになることがありますヨ。

海の帰りが気持ちよく過ごせま~す。

3、バスタオル・ハンドタオル

タオル類は何かと使います!身体を拭いたり、寒い時身体に巻き付けたりと重宝ですヨ。

4、ポケットティッシュ&ウェットティッシュ

海の近くでトイレがあってもトイレットペーパーはほとんど付いていませんヨ!

単純にトイレットペーパー3巻き位持っていくと安心です。

海で洗い流そうとするとサメに尻を「ガブッと」食われるかも・・( ^ω^)

5、日焼け止め

夏の海は紫外線がとんでもなく強いんで~す。日焼け止めは必須です!!

潮風は塩分を含んでいるのでこれに太陽が当たると,塩をふって魚を焼くパターンとなるんですね!

6、サングラス・帽子

帽子は通風性の良い、つばの広い麦わら帽子がベストですね!

サングラスも目の紫外線対策として用意した方が安心ですヨ。

7、ビニールシート・ビニール袋

砂浜で寝転ぶ時に必要ですよね。折り畳みのリクライニング椅子があればよりベストです。

ビニール袋は何かと使いますネ。ゴミ入れとか濡れたモノをいれたりとこれも必須ですよ。

8、ビーチサンダル

砂浜を歩いているとふつうの靴ではすぐ靴中に砂が入ってきます。

ビーチサンダルを履いていれば水辺を歩いても心配無いし、貝殻で足も切る事はないですよ。!

9、小銭(5000円分位)

海に持っていくお金は全て小銭の感覚で。濡れても問題ないしお札より安心ですよ。

小銭しか使えないシャワーがあったりもしますよね。

10、ジップロック(防水ケース)

スマホを入れたりデジカメを入れたりする防水ケースとして使用すると便利です。

11、パラソル・テント

海辺での長時間の日光浴は紫外線の影響もあり、お肌に危険ですね!

パラソルや簡易テントがあれば紫外線を直接浴びることを予防できますよ。

そして、「海のキャンプ」肝心のバーベキューセットや食材の準備も忘れないでくださいね!!

食材やドリンク類は大型のクーラーボックスに氷をイッパイ入れて詰め込みば結構保存がききますよ!!

海のキャンプ注意点

日帰りのバーベキューを楽しくするために付き物の、お酒やビールは慎みましょう!

飲んでそのまま運転すると飲酒運転になりますヨ!

どうしても飲みたいときは「ノンアルコールビール」をオススメで~す!!

遊んで食べた後のゴミ類も、しっかり持ち帰ってネ!!!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする