愛犬と海で遊ぶ!海水浴場へ一緒に行くときの注意点とは!

 海へ行くワン!

出典:http://www.kabegami.com/

愛犬を連れ,大海原を見ながらの散歩も楽しいものですね!

首のヒモを離すと砂浜を駆けまわったり、波とたわむれたり

見ているだけで楽しそうです。

夏になれば,海水浴場にも連れて行けますね!

スポンサードリンク

犬は泳げるの?

犬かきという泳ぎ方がありますね!

”犬かき”は,四足歩行の動物が頭を水面にあげて両手・両足で

水をかきながら泳ぐ,泳ぎ方です。

水猟犬は泳ぐのが好きですが,全ての犬が泳げるとは限りません。

本来、犬は泳ぎが得意ですが愛玩犬などは幼いころから身体を洗う

以外に,水につかった経験が無い為,いきなり足の着かない水場に

入れられると溺れる可能性があります。

我々も泳ぎ方を練習しなければ,初めから泳げませんよね。

ワンちゃんも,水に慣らしてから泳がせるようにしましょう。

海辺の散歩で注意する事

砂場にはいろいろな漂流物が埋もれています。

目を離すと腐った魚や砂虫にかぶりつきます。

海水をペロペロなめることもあります。

海水を飲むと下痢になる可能性もありますね。

油断していると、引き波に足元をさらわれることにも

なるので小型犬は首ヒモをつけたままが良いです。

家に帰ったらする事

砂浜を散歩すると4足の肉球の隙間に砂が結構つまっています。

ぬるま湯で足を洗った後はバケツに残った砂の多さに

びっくりしますよ!

足裏に貝殻が刺さっている場合もあるので注意しましょう。

海水を浴びたら、皮膚と毛もしっかり洗い流しましょう!

スポンサードリンク

愛犬と夏の海水浴プラン

海の眺め、いいワン!

出典:https://www.google.co.jp/

愛犬と海水浴に行く前の準備と注意点

●夏の海は日差しが強く,太陽の照り返しもかなりの量です。

日中の熱波は,人もワンちゃんにも過酷です。

紫外線対策と日陰用にパラソル等は必須です。

紫外線は犬の目や,皮膚にも悪影響があるようです。

●もしもの時の為に,身体を冷やせるを多めに持参。

冷えた氷を入れたビニール袋を身体にあててやると

涼しそうな表情をします。

●飲料用と洗い流し用の。これも多めに!

全身海につかると海水や砂の汚れを洗い流すために

結構水を多く使います。

犬用のライフジャッケト。これがあれば溺れたり

波に流される心配がありません。

>>>現在の犬用ライフジャケットの最安値をチェック!【楽天】

犬と海水浴場に行く前には特にこれが肝心!

夏の遊泳シーズンは「犬の立ち入り禁止」になる海水浴場が

沢山あります。

海で泳がせることは勿論,散歩で砂浜を通るだけでもダメです。

多くの人が集まる場所では犬の嫌いな人もいますし,犬の関係する

事故も多く発生している事が挙げられます。

行く前にペットOKな海水浴場なのか,海水浴場を管理する

事務所へ確認した方がいいですね。

ペット専用の海水浴場でペットビーチやドッグビーチも全国に

いくつかあるようです。

google:海 ドッグビーチ・・で検索。

ワンちゃんOKの海水浴場でも混雑する時間は避け

なるべく隅っこに陣取るのが無難ですね

犬と海に行く危険性は?

十分注意するワン!

出典:http://lovelovelovesea.com/surfer-dog/

●夏の砂場は相当暑いです。肉球の火傷や炎症に気をつけましょう。

肉球パッドもありますが・・・。

●遊び過ぎると強い紫外線で熱射病にもなり具合が悪くなります。

特に小型犬が体力がないようです。

●海水をなめたり砂場の腐物を食べて下痢になりやすい。

誤飲・誤食をしやすいです。

●海水や汚れの付着で被毛と皮膚への影響があります。

真水でしっかり洗い落としましょう。

●シーズンになると犬・ペット禁止の海水浴場が多く

敬遠される可能性もあります。

まとめ

ワンちゃんとの海水浴は注意する事が多いですね。

注意点を確認された上で,犬と海へ行くかご判断

くださいね。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする