ホエールウォッチングin沖縄!船酔い地獄にならない為の5つの対策!

沖縄の海と言えば夏を思い浮かべがちですよね。でも、冬から春先にかけてのシーズンにしかできない楽しみ方があるのをご存知ですか?それは、ホエールウォッチングです!

ホエールウォッチングをするには船に乗る必要があるのですが、そうなるとやはり船酔いが心配ですよね。

今回は、沖縄のホエールウォッチングで船酔いしない為の対策法をご紹介させていただきます!

スポンサードリンク

沖縄のホエールウォッチングは船酔いするのか?子供は大丈夫?

沖縄のホエールウォッチングでは、くじらを見に行くために最低でも3~4時間は船の上にいることになります。冬場の海は風が強く、波も高いことが多いので、船が上下左右に激しく揺られることも多いんです。

なので、どうしても乗り物酔いしやすい人は船酔いしてしまうんですよね。

更に、くじらが中々見つからない時は、船もくじらがいそうな場所を求めて何度も移動を繰り返します。そのため、時間が経つにつれて船酔いする人がどんどん増えていくんですよ。

「自分は船酔いには強いから大丈夫!」と思っていた人でさえ船酔いしてしまうことがあるんだとか……。

特に子供は、平衡感覚に関係のある三半規管や前庭といった器官が未熟なので、大人よりも船酔いしやすいんです。せっかくくじらを楽しみにしているのに、船酔いしてしまったらかわいそうですよね。

大人も子供も全力でホエールウォッチングを楽しむために、船酔いは避けたいですよね!そこで、船酔いしない為の対処法を5つにまとめてみました。是非試してみて下さいね。

スポンサードリンク

船酔い地獄にならない為の5つ対処法!

さっそく、船酔しない為の5つの対処法をご紹介していきますね。

  • 前日は睡眠をしっかりとる
  • ご飯を食べすぎない・空腹もNG
  • 酔い止めを飲む
  • 船ではスマホを見ない
  • 船の移動中は揺れにくい場所を理解する

それぞれ詳しく見ていきましょう!

前日は睡眠をしっかりとる

睡眠不足など、身体が疲れている状態だと神経が敏感になってしまい、船酔いしやすくなると言われているんですよ!

旅行中にホエールウォッチングに参加するという方も少なくないですよね。なので、疲れたまま船に乗っちゃう方が多いんです。

旅行先で目一杯楽しみたい気持ちはわかりますが、ホエールウォッチングをする前日は早めに就寝して身体を休めるようにして下さいね。

ご飯を食べすぎない・空腹もNG

実は、お腹がいっぱいのとき、又は空腹のときって、吐き気を催しやすい状態なんですよ!そんな時に船に乗ってしまったら、すぐに船酔いして気分が悪くなってしまうんです。

ホエールウォッチングに行くときは、事前に軽食をとって程よくお腹を満たすのがベストです。朝食や昼食の時間が合わない時は、空腹を避けるためにパンなどを用意しておくといいですよ!

酔い止めを飲む

船酔いしない為の一番手っ取り早い方法は、酔い止めの薬を飲むことですよ!薬によって飲み方や効いてくる時間が異なるので、しっかりパッケージの説明を読むようにして下さいね。

子供は、子供用の酔い止めが販売されているので、そちらを飲むと安心ですよ!

船ではスマホを見ない

乗り物に乗っている時に、下を向いたり一点を集中して見たりすると乗り物酔いを起こしてしまうんですよ!なので、船に乗っている時はできるだけスマホを見ないようにして下さいね。

せっかく沖縄の海に来ているのですから、景色を楽しむのが一番です!少し酔ってきたなと感じたら、できるだけ遠くの方を見るようにすると楽になりますよ。

船の移動中は揺れにくい場所を理解する

同じ船の中でも、揺れやすい所と揺れにくい所があるんですよ。船は基本左右に揺れますので、端に行けば行くほど揺れを大きく感じることになるんです。なので、もし可能であれば席を真ん中近くに取るといいですよ!

もし船の移動が不安で不安で仕方がない場合は、船長さんに「一番揺れない場所はどこですか?」と聞いてしまうのもいいですね。

船長さんは船のスペシャリストなので自分の船でどこが一番揺れないのか熟知しています。ここでコミュニケーションをとっておくことで、船長さんが常に気にかけてくれますからとても安心できますよ♪

上記5つの対策に注意したにもかかわらず、それでも船酔いしてしまった場合はいったいどうすれば良いのでしょうか?

スポンサードリンク

もし船酔いしてしまったら?

対処法を行っていても、船の揺れが酷い時や体調がすぐれない時等は、どうしても船酔いしてしまうことがあります。

そんな時は、まず遠くの風景を眺めてみて下さい。遠くを見ることで、景色の揺れを見ずに済むので、自然と気分の悪さが引いていきますよ。

また、船酔いした時は衣服やベルトを緩めるのもいいですよ!身体の締め付けをゆるめることで、気分の悪さが軽減されるんです。

色々試してみて、どうしても気分が悪いようでしたら我慢せずに吐いてしまうのも一つの手ですよ。ただし、トイレで吐くのはNGです。スタッフの方からも注意が行くと思いますが、トイレでもどしてしまうと臭いが残り、他の人の船酔いも誘発してしまうことがあるんです。

吐きそうなときは、人目を避けたいのは分かりますが仕方ないと目をつぶり、自分の席で吐くようにして下さいね。気分が悪いのは皆同じなので、あまり気にする必要もありません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

船酔いをしない為の対処法は

  • 前日は睡眠をしっかりとる
  • ご飯を食べすぎない・空腹もNG
  • 酔い止めを飲む
  • 船ではスマホを見ない
  • 船の移動中は揺れにくい場所を理解する

この5つでした!とても効果的なので是非試すようにして下さいね。

また、どうしても船酔いしてしまった場合は遠くを見つめたり、衣服を緩めたりしてみて下さい。気分の悪さが軽減されますよ!

それらを試しても気分が悪い場合は、我慢せずにもどすとスッキリしますよ。せっかくのホエールウォッチングなので、早く治して景色やくじらを楽しむようにして下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする