節分のイワシ!なぜヒイラギに刺す?作り方、飾り方、捨て方を大公開!

2017年の節分は2/3になるんですが、

節分って毎年2/3ではないのですがご存知ですか?

節分って西暦によって、

たま~に2/2になったり

2/4になったりするんですよね。

そんな節分は「立春の前日の行事」で

わかりやすく言うと

「冬におさらばしますよ」っていう宣言日なんですよね。

最近の節分って「豆まき」、「恵方巻き」が

主流じゃないですか?

私が小さい頃は、ヒイラギ(柊)という葉っぱにトゲのある植物

にイワシの頭を指した柊鰯(ひいらぎかがし)または、

焼嗅(やいかがし)と呼ばれるものがあったんですよ!

実は鬼を払うのには、「豆まき」の前段階として

節分のイワシの飾り物である柊鰯(ひいらぎかがし)を

設置するのがすごく大切なことなんですよね。

ということで、今回は節分のイワシにスポットを当てて

お話していきますね。

まずは、節分のイワシってなぜ飾るのか、

その理由をお話しますね。

スポンサードリンク

節分のイワシ(鰯)ってなぜ飾るの?いつからいつまで飾るの?

節分にイワシの飾り物である

柊鰯(ひいらぎかがし)を飾る理由は

鬼(邪鬼)を家に入れないためなんですよね。

鬼が嫌いなイワシ(鰯)の魚臭さヒイラギ(柊)のトゲ

鬼を追い払う事ができるのですね。

それから、冬の魚であるイワシ(鰯)と、

ヒイラギ(柊)は漢字で「木へん」に「冬」と書く事から、

冬を追い払うという意味もこめられてるんですよね。

私の実家は静岡なんですが、私はおばあちゃんから

このイワシの飾り物である柊鰯(ひいらぎかがし)を

教わっていました。

私は都会に出てきてからはすっかり柊鰯(ひいらぎかがし)を

作る習慣がなくなってしまいましたが、

日本の大切な文化なので忘れずにいたいですね。

では、いつからいつまでイワシの飾り物である、

柊鰯(ひいらぎかがし)を飾っておけばいいのかというと、

地方によって様々なようなんですよ。

私の実家は、柊鰯(ひいらぎかがし)を節分の日の朝に、

玄関につけて翌日には取り外していましたね。

しかし、いつからいつまで柊鰯(ひいらぎかがし)をつけるのかを

調べてみると節分の日に設置して2~3日で外したり、

1月から設置して2月末で外したりと様々なようです。

地域によって色々違うようですね。

ただ、イワシ(鰯)の頭は魚臭いので、

長くつけることで猫にやられるので、

早めに取り外すほうがいいですよ。

ちなみにですが、「豆まき」「柊鰯(ひいらぎかがし)」は、

鬼や冬を追い払う為にやるんですが、

「恵方巻き」は意味合いが違うのでその点は理解しておきましょうね。

「恵方巻き」は節分の夜に神様の方法を向いて無言で食べる事で

「縁起がいい」とか「願い事が叶う」というものなんですよね。

「鬼を追い払うものではない」という事は理解してくださいね。

それでは節分のイワシの飾り物である柊鰯(ひいらぎかがし)

の作り方をお話しますね!

すごく簡単なので是非やってみてくださいね。

柊鰯(ひいらぎかがし)の作り方、飾り方、捨て方

イワシの飾り物である柊鰯(ひいらぎかがし)の

作り方ですが、至ってシンプルなんですよ。

  1. イワシ(鰯)の頭を焼く(一夜干しの頭でも可)
  2. ヒイラギ(柊)の葉っぱ付きの枝を用意する
  3. イワシの首から目に向けてヒイラギ(柊)の枝を刺す

たったこれだけなんですよ。

1つ作ればOKですよ。

続いて柊鰯(ひいらぎかがし)の飾り方ですが、

門口や玄関や軒先のどこか1か所に飾りましょうね。

この時にあまり低い位置だと猫に簡単に食べられてしまうので

なるべく猫が届かない場所に設置することをおすすめしますね。

それから柊鰯(ひいらぎかがし)の捨て方ですが、

自作した場合は自宅で捨てるのが一番ですね。

ただ、そのまま生ゴミとして「ポイッ」するのって

なんか起こりそうじゃないですか。。。

なので、うちのおばあちゃんからは塩で清めた後に、

生ゴミと一緒に出すことを教わりましたね。

それも怖い方はお守りや御札を返す際に

神社で処分するのもいいですね。

スポンサードリンク

まとめ

  • 節分には鬼避けの為にイワシ(鰯)の頭を使った柊鰯(ひいらぎかがし)という物がある
  • 柊鰯(ひいらぎかがし)はイワシ(鰯)とヒイラギ(柊)で簡単に作る事ができる
  • 柊鰯(ひいらぎかがし)は節分の朝~翌日まで飾っておくのが一般的

いかがでしたでしょうか?

私の故郷の静岡へ行くと今でも柊鰯(ひいらぎかがし)を

見ることができますし、どこの家も自作で作っていましたよ。

柊鰯(ひいらぎかがし)で鬼を追い払い、

「豆まき」でさらに鬼を痛めつけるって

昔の人はよく考えていたんだなって感心しちゃいますね。

人の運気は自分でいくらでも変えることができるので、

なんか最近悪いことばかり起こっているなと感じたら

是非試してみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク