トローリングとは?船を走らせ大海原で大物魚を追う釣りの魅力に迫る!

外洋でのトローリング!

出典:http://blog.goo.ne.jp

トローリングはマリンスポーツの中でも

ダイナミックでパワフルで,大物魚を吊り上げる

醍醐味が楽しめますよ!

特に,鼻の尖ったカジキマグロとのファイトが有名ですね!

スポンサードリンク

トローリングとは!

トローリングはクルザーに乗って流し釣りで魚を釣ります。

海洋で船を走らせて釣糸につけた擬餌を引き,小魚に

見せかけて魚を誘い釣る方法です。

擬餌は鳥の羽,金属片,ビニール、獣骨などでつくられたものを

使います。

トローリングの魅力

トローリングの最大の魅力は外洋の大海原に出てボートを

高速で走らせながら大物の魚を狙うビッグゲームです。

一度ヒットすると相手が大物の魚となれば吊り上げるまでには

魚との戦いとなり何時間もかかる場合があります。

どちらが勝つか!まさに、魚と人間のビッグファイトです!

戦いの後に吊り上げた魚を見れば感激もひとしおです!

釣りの対象魚はカジキ・マグロ・サメ・シイラ・ブリなど多種です。

トローリングの種類

トローリングは対象魚の大きさの違いによって,

「 ライトトローリング」と「トローリング」 とに区分けする

ことができます。

その境界は,20kgといわれています。

ライトトローリングとトローリングとでは,使用するラインの太さ、

リールの大きさ,ロッドの硬さなどが異なってきます。

また,5kg未満の魚を対象とする”ウルトラ”ライトトローリングという

カテゴリーもあり,インフレー タブルボート(ゴムボートとも)でも

楽しめます。

トローリングのアイテム

出典:http://be-friends.shop-pro.jp

海上の表面を曳くヒコーキと海面下を曳く潜行板があり

魚は高速で移動する疑似餌を本物と思い食いつくわけです。

スポンサードリンク

ロッドとライン

ロッドはエサに食いついた魚をラインと共に巻き上げる釣り具です。

ロッドは釣竿の根元にセットしラインを巻きます。

竿を引きながら、前にゆるめた時に一気に巻き上げます。

ラインは釣り糸で,大物の魚に対応した太さを選ばないと簡単に

切られ魚に逃げられます。

ラインは900m位の長さもありカジキマグロとのファイトにも

必要です。ロッドとラインのバランスも必要とされます。

急に食いつき引っ張られると高回転の為リールから煙がでます。

カジキマグロとの戦い

出典:http://news.aol.jp

重さ600ポンド(約227キロ)のカジキマグロを吊り上げたアメリカの

記事では,甲板にあげるものの荒ぶるカジキが暴れ回り,鋭い口ばしが

男たちに襲いかかります。

あまりの暴れっぷりに船のなかの物も吹き飛ばされ,手に負えなく

なって、結果カジキは逃げたようです。 魚の勝ちです!

大物が釣れるのは良いですが鋭い口ばしで暴れる為,大ケガを負う

パターンがあるようです。

ビッグゲームの流れ

カジキ釣りの醍醐味と言えばラインが引き出される瞬間からです。

正に人間とカジキマグロとのビッグゲームがはじまります!

出典:http://kazimaga.com

その巨大な体躯がデッキに引き揚げられるまでは、

カジキにとってはまさしく生死を賭けた戦いになるのでキャプテンやア

ングラーを含めクルーの危険度も非常に高くなります。

ビッグゲームはストライクからファイトそしてランディングと

続きます。

ストライク(食いつき)は待ちに待った瞬間です。

クルー全員に緊張が走ります。

ファイトはカジキとの戦いと同時にチームワークが必要です。

キャプテンはボートのポジションやカジキとの距離を把握しながら

操船し,鈎をくりだすギャフマンも連携し準備します

ランディング(取り込む)はカジキの姿が見えてからの引き上げで

最も危険で最もスリリングな瞬間です。

ファイトの末,クルー全員が連携し船上に大物カジキを取り込んだ瞬間こそが

トローリングの大いなる醍醐味となります。

トローリングの機会があれば魚とのビッグゲームを

楽しんでください!

スポンサードリンク