日焼け【腕】対処するには?おすすめグッズやひと工夫をご紹介!

腕は他の箇所に比べて

日焼けしやすいですよね。

海などで遊んでいる時だけでなく、

目的地に向かっている途中の

運転でも日焼けしてしまうことがありますよね。

気付かない内に、いつの間にか

腕が黒くなってしまっている

ということも少なくないと思います。

そんな腕の日焼けですが、

グッズを使ったり

ひと工夫することで防ぐことができます!

今回は日焼けを気にせず

思い切り遊ぶためにも、

腕を焼かないためのグッズや工夫について見ていきましょう!

スポンサードリンク

腕が日焼けしやすい理由

まず、何故腕が日焼けしやすいのかについて

考えてみたいと思います。

それは、顔と同様に腕は

むき出しの事が多いからです。

夏場になると暑いため

半袖やタンクトップで

運転をしたり遊んだりしますよね。

他の箇所に比べて、

腕は身体の上の方にあるため

日が当たりやすく日焼けしやすいんですね。

腕を日焼けしてしまうと、

黒くなってしまったときに

とても目立ちますよね。

私も以前、七分袖のTシャツを

腕まくりして海で遊んでいたことがあります。

真っ赤に日焼けした後黒くなり、

腕に綺麗な境界線が出来て

半袖を着る際に恥ずかしい思いをした経験があります。

腕は本当に目立つ場所なので

できるだけ日焼けしたくないですよね。

ではどうすれば腕を焼かずに

すむのでしょうか。

「腕を紫外線から守る対処法」

で詳しく見ていきましょう!

腕を紫外線から守る対処法

腕を日焼けの原因である

紫外線から守る対処法は3つあります。

①日焼け止めクリームを塗る
②UVカットアームカバーを付ける
③長そでの服を着る

この3つです。

1つずつ詳しく見てみましょう。

スポンサードリンク

①日焼け止めクリームを塗る

日焼けをしないための

基本的な方法ですよね。

日焼け止めクリームには沢山種類があります。

日差しの下で遊ぶ際には

PA +++以上、SPF 50

記載されている物を使用すると良いとされています。

PAの+と、SPFの数字が多い程、

強い紫外線から肌を守る事ができます。

日焼け止めクリームを買う際に

記載されているPAとSPFを

意識して見るようにしましょう。

また、海で泳ぐ際には、

ウォータープルーフの物

おすすめします。

水で落ちにくいので、

日焼けを気にせず

遊ぶことができますよ!

でも、水で落ちにくいからと言って

泳ぐ前に一度塗っただけでは駄目です。

泳いでいる内に少しずつ

日焼け止めクリームが落ちてしまい

効果が薄れてしまいます。

何度か塗り直すことで

しっかり肌を日焼けから

守る事ができますよ!

ちなみに、日常生活で使う分には、

PA ++、SPF 20程度の物で

良いとされています。

②UVカットアームカバーを付ける

UVカットと記載のある

アームカバーを付けることも

腕を日焼けから守る対処法となっています。

長さや形が様々ありますが、

おすすめはロングタイプ

手の甲まで覆うことが出来る物です。

ゴムタイプだと、腕に合わせて

ぴったり使うことが出来ますので

凄く便利ですよ。

腕全体を覆うことで広範囲を

日焼けから守る事が出来ますので

是非活用してみて下さい!

>>>現在のアームカバーを評価の高い順にチェック!【楽天】

③長そでの服を着る

新たにグッズを購入する

必要がないため

楽に紫外線対処ができる方法ですね。

持っている長そでの服を着ることで

むき出しの腕を紫外線から

守る事ができます。

最近だと、UVカット素材で

作られている長そでの服もあります。

そういったものを一着

持っていると便利かもしれませんね。

ただ、お出かけ先によっては

半袖でおしゃれを楽しみたい

場合もあると思います。

その場合はアームカバーを

活用するようにしてくださいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

日焼けをしないための3つのポイント↓

①日焼け止めクリームを塗る
②UVカットアームカバーを付ける
③長そでの服を着る

これらを抑えて

日焼けを気にせず

楽しく遊んで下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする