沖縄でシーカヤック体験!冬におすすめの服装や持ち物とは?

沖縄,シーカヤック,体験,冬,おすすめ,服装,持ち物

冬でもマリンスポーツに明け暮れているそこのあなた。

私もそうなんですが、やっぱり冬のマリンスポーツは

寒さが辛いですよね?

こういう寒さを吹き飛ばすには、

沖縄かハワイに飛んでしまえばいいんですよ。

ハワイは高いから、やっぱり沖縄でしょうね。

冬の沖縄は、

「旅行代が安い」、「人が少ない」、「暖かい」

の3拍子揃っているんですよ♪

冬ならマリンスポーツも安くできますよ。

突然ですが「シーカヤック」って分かりますかね?

このブログ画像のやつで、めちゃくちゃ面白いですよ。

初心者でも簡単に乗る事が出来ますのでちょっと紹介しますね。

ただ冬の沖縄でも、さすがに海上は寒いので

まずはその対策方法について話しますね。

スポンサードリンク

冬の「シーカヤック」おすすめの服装は?

冬の沖縄の気温って12月~2月は大体17℃~18℃なんですね。

関東に住んでる私からしたら、

過ごし易いちょうど良い気温なんですが、

海上では風の影響を受けて体感10℃くらいなんですよね。

しかも「シーカヤック」って結構濡れるんですよ。

落ちるって意味ではなくて、

1本の棒の両端に水かきがついている「パドル」を

回して移動するからなんですね。

片方の水かきが水中に入っている時は

もう片方の濡れた水かきが上にくるんですね。

そうすると、水が垂れてきて手や腕が濡れたり、

パドルで漕いでる水しぶきで体全体に水がかかったりします。

特にお尻部分は水が溜まるので濡れやすくなるんですよね。

なので快適に楽しむ為には、

服装選びが凄く重要なんですね。

夏の「シーカヤック」なら水着だけでOKですが、

冬の「シーカヤック」は登山する時の格好がベストなんですよね。

カッパでもいいんですが、

せっかくならお洒落したいじゃないですか?

登山用のゴアテックスのマウンテンパーカーやパンツ

お洒落なので、私は冬に「シーカヤック」やる時は

いつもこの格好にしていますね。

インナーは上がラッシュガード

下は水着着用の上、ジャージ生地の長ズボンを履くのがベストですね。

それから吸収性の高い綿などの生地は絶対にやめた方がいいですよ。

濡れて体が重くなるのと、乾きにくいので寒くなってしまうんですよね。

続いて、冬の「シーカヤック」のおすすめの持ち物について話しますね。

沖縄,シーカヤック,体験,冬,おすすめ,服装,持ち物

冬の「シーカヤック」おすすめの持ち物は?

「シーカヤック」をやるには、ショップのツアーに申し込んで参加する

んですが、ツアーに含まれているレンタル道具は

「夏」を想定してるんですよね。

ショップで無料で貸してくれるのは、

水の上を移動する為のシーカヤック本体、

水をかく為のパドル、万が一水に落ちた時のライフジャケット。

その他に、

スマホやデジカメやタオルなどを入れる

防水バッグくらいですかね。

なので自分で用意する持ち物があるんですよ。

その持ち物とはこのような感じですね。

  • タオル2~3枚
  • マリンシューズかクロックス
  • 防水の帽子
  • サングラス
  • 日焼け止め
  • ビニール袋(大小何枚か)
  • 着替え一式

冬でも沖縄の紫外線は強いので、

紫外線対策用に帽子、サングラス、日焼け止めは必須ですね。

それから、乗る時は海にシーカヤック本体を押して入るので、

かかとのあるシューズである、

マリンシューズかクロックスがあるといいですよ。

また、ビニール袋は「シーカヤック」が終わった後に、

濡れた物を入れるのに役立つのと、

ショップによっては防水バッグが有料だったりするからですね。

続いて「シーカヤック」の中でもおすすめの「クリアシーカヤック」

についてお話しますね。

スポンサードリンク

おすすめの「クリアシーカヤック」とは?

1つ注意しておきたいのが、

「シーカヤック」にも色んな本体のタイプがある事ですね。

私がおすすめするのは、

「クリアシーカヤック」という、「全てが透明のシーカヤック」ですね。

この言葉覚えておいてくださいね。

普通に「シーカヤック」の申し込みすると、

水中の見えないシーカヤックになってしまいますので、

気をつけてくださいね。

それから、シーカヤックの底の部分だけが

透明になっているシーカヤックもありますよ。

このタイプのシーカヤックも楽しめますので、

お好きな方を選んでくださいね。

クリアシーカヤックの体験ツアーの金額ですが、

2時間で4000~5000円くらいですね。

安いですよね♪

クリアシーカヤックでは、

サンゴ、熱帯魚を見て楽しむことができますよ。

運が良ければウミガメだって見れちゃうんです!

クリアシーカヤックは2人乗りなので

カップルやご夫婦で仲良く乗ってみてはいかがでしょうか?

最後に濡れてしまった服の後処理方法についてお話しますね。

沖縄,シーカヤック,体験,冬,おすすめ,服装,持ち物

濡れてしまった服の後処理方法

先程話したように、「シーカヤック」はかなり濡れますので、

濡れてしまった服の後処理を旅行中にしておくのが大事になりますよ。

私の失敗談ですが、濡れたままの服をそのままにして

旅行から帰ってきたら、

あまりもの激臭で洋服を捨てた経験があります。

やっぱり海で遊ぶと磯臭くなるので、

その日のうちにお手入れをしておきましょうね。

ホテルに戻ったら

ゴアテックスのウィンドブレーカーやパンツ、カッパは、

濡れたタオルでしっかりと拭いておきましょうね。

それから、インナー類はホテルのコインランドリーで

洗ってしまいましょうね。

ベランダに干せたり、浴槽に干せたりするので、

旅行に行く際は折りたたみハンガーや洗濯バサミを持っていくといいですよ。

また、ホテルの乾燥機は生地をダメにしてしまいますので

絶対にやめた方がいいですね。

まとめ

  • 冬の服装は、登山用のゴアテックスのウィンドブレーカーとパンツがおすすめ
  • 冬の沖縄でも日焼け対策は万全に
  • シーカヤックをやるなら「クリアシーカヤック」がおすすめ

沖縄でも冬にシーカヤックをやろうとしたら、

寒さ対策が必要になる事が理解できましたか?

冬のマリンスポーツでは、「寒い!」と感じるのが

一番テンションが下がるんですよね。

せっかくやるのなら、楽しくやらなきゃ損ですからね。

クリアシーカヤックで楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

沖縄でカヤック体験!冬のマングローブに行く時のNGな服装は?


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする