ダイビングマスクをもう曇らせない!曇り止めの種類と塗り方とは?

ダイバーにとって、マスクの曇りは、

致命的なダメージを与えてきますよね…。

スキューバダイビングは視覚で楽しむのものなのに、

ダイビングマスクが曇ってしまっては、

元も子もない話です。

そこでダイビングを快適に楽しむために、

一番気を付けたいのは、マスクの曇り!

マスクを曇らせないためには、どうすればいいのか?

今回は、その対処法を紹介していきます!!

スポンサードリンク

ダイビングマスクの曇り止め対策には、いろいろな種類がある!

まず第一にダイビングマスクを曇らせないために、

市販の曇り止めの液をマスクに塗る方法があります。

市販の曇り止めを使う

市販の曇り止めには、

ジェル状のもの、液体のもの、固形のものがあります。

どのタイプでも使用上の注意点は、

塗りむらを起こさない、塗り過ぎない、

水で流しすぎないことです。

まんべんなく塗って、

潜る直前に水や海水で軽く流すのがコツですよ。

間違っても、指でこすらないでくださいね?

せっかく塗った曇り止めまで、落ちちゃいますからね!

次に、一般的に曇り止めの方法として知られていて、

実践されているのが多い、

自分の唾で曇り止めをする方法です。

自分の唾を曇り止めにする

マスクのレンズに直接唾をかけて、

指でこすり水で流すだけです。

自分の唾で曇り止めをする方法は

一番安上がりで簡単な方法です。

でも女性や潔癖症だとそれはちょっと…と、

思っちゃいますよね?

唾は嫌!という方には、

中性洗剤を薄めたものを使っての

曇り止め方法もありますよ!

中性洗剤を薄めて曇り止めにする

スプレーの容器に、

中性洗剤を10倍程度の水で薄めて使うといいでしょう。

マスクのレンズにシュッとかけて、

指でこすって軽く水で流しましょう。

中性洗剤を使えば、

マスクもキレイになるし、

一石二鳥でいいですよね!

海に入る前には必ずなんらかの方法で

曇り止め対策をしましょうね!

特に買ったばかりのダイビングマスクは

要注意ですよ!

買ったばかりのダイビングマスクは曇りやすい!!

新しくマスクを買ったとき、

ワクワクして早く潜りたい!ってなりますよね?

ピカピカだし、どんなに見やすいんだろう!?

って、思っちゃいますよね??

でもそこには、

大きな落とし穴が待ち受けていますよ……。

新しく購入したマスクにこそ、注意が必要なんです!!

新しいダイビングマスクは、

先ほどご紹介した曇り止め方法だけでは、

曇り止めを押さえることができません!

なぜなら、マスクの作られる工程の関係で、

シリコンオイルがレンズとシリコンゴムに

付いてしまっているからです。

このシリコンオイルを落とさないと、

いくら曇り止め対策をしても、

曇り止めの効果を成さないのです。

このオイルをしっかり落とすには、

研磨剤の細かいクリームクレンザーや、

歯磨き粉などで根気よく擦るといいですよ。

ポイントは、レンズだけを擦るのではなく、

「スカート」と呼ばれるマスクが顔に当たる部分も

しっかりと洗うことです!

マスクの内側全体にオイルが付着していることもあるので、

安心してダイビングをするためには、

十分に洗ってくださいね。

新しいダイビングマスクを使うときは、

しっかりと下準備をしましょう!

しっかり曇り止め対策を行っていても

ダイビング中にマスクが曇ることはよくあります。

どうすればいいのでしょうか。

スポンサードリンク

ダイビングの途中でマスクが曇る原因は?

マスクの曇りは、

潜る前の曇り止め対策を行うことで、

防ぐことが出来ます。

でも、マスクの曇りとなる原因は、

至るところに転がっています。

たとえば、女性の場合は、

ファンデーションや日焼け止めなどのオイルの付着です。

男性の場合は、

髪の整髪料などのオイルの付着などが挙げられます。

他にも、一番多い原因として、

ダイビングは、口呼吸が基本ですが、

鼻息を使ってしまうことで結露が起こりマスクが曇るなどです。

そこで、

もし水中で、曇ってしまったときの対処法をご紹介しますね!

もし水中でマスクが曇ってしまったら!

水中でマスクが曇ってしまった場合、

何度もマスククリアマスククリアをするしかない!

と、思いますよね?

でも、海の中に生えている海藻が助けてくれるんですよ。

粘り気のある海藻は、

曇り止めの役目を果たしてくれます。

一度、マスクを外さなければなりませんが、

レンズの内側に海藻を擦りつけて、

マスククリアをすると曇りはある程度治まりますよ。

もし、バディがマスクの曇りに困っていたら、

この方法でかっこよく助けてあげらますよね!

水中での曇り止め方法も豆知識として、

覚えておくといいですよ!

まとめ

  • 市販の曇り止めの使用時の注意点は、まんべんなくレンズに塗って、潜る直前に水や海水で軽く流すこと!
  • 新しいダイビングマスクは、シリコンオイルが付着しているので曇りやすい!必ず、しっかりとオイルを落とすこと!
  • 水中でマスクが曇ってしまったら、海藻を使えば、曇り止めが出来る!

今回は、ダイビングマスクの曇り止めについて、

ご紹介させていただきました。

曇り止めをいろいろと使ってみて

自分にあった曇り止めの方法を見つけてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

ダイビングのマスククリアをマスターしよう!苦手克服して快適に!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする