ダイビングだけじゃない!冬の沖縄【慶良間諸島の楽しみ方!】

ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_s

慶良間(ケラマ)諸島は日本でも屈指のダイビングポイントですが

沖縄にあるってご存知ですか?

海に詳しくないとあまり知らないかもしれませんね。

私もスキューバダイビングに興味がない頃は知りませんでしたからね。

昔、海好きの友人が

「ケラマ」「ケラマ」

って言ってるのをずっと海外だと思ってましたし、

漢字で「慶良間」って書くことも知らなかったんですよね(ーー;)

そんな慶良間諸島は沖縄本島から西へ40kmほどの所にあり、

人が住んでいる4島を含めた20あまりの島々があるんですよ。

  • 座間味島(ざまみ)
  • 渡嘉敷島(とかしき)
  • 阿嘉島 (あか)
  • 慶留間島(げるま)

現在は、「海を含めた20の島々全体」が国立公園となっており、

多くの自然が綺麗に保たれている為、すっごく綺麗なんです!

しかも高速船で1時間ほどで着いちゃうんですよ!

冬の慶良間諸島には、ザトウクジラが

繁殖や子育ての為はるばるシベリアから来ているので、

船から見えることがあるそうですよ。

冬の沖縄は

「人が少ない」「旅行代が安い」「船が空いてる」

の点で離島巡りにもおすすめのシーズンなんですよね。

まずは、慶良間諸島への行き方について説明しますね。

スポンサードリンク

慶良間(ケラマ)諸島への行き方

まず初めに、慶良間諸島に行くなら

絶対に晴れてる日をおすすめします!

天気が悪いと景色が半減してしまいますので(ーー;)

慶良間諸島へ行くにはまず、那覇市の泊港へ向かいます。

「とまりん」という旅客ターミナルがあるんですよ。

ホテルや商業施設と一体型の大きな建物なのですぐに分かりますよ。

簡単に、旅客ターミナル「とまりん」の概要を説明しますね。

旅客ターミナル「とまりん」の概要

  • 住所:那覇市前島3-25-1
  • 電話:098-861-3341
  • 駐車場:あり(8時間で1000円程度) 
  • 最寄り駅:ゆいレールの美栄橋駅(徒歩10分)

「とまりん」に到着するとATMやコンビニがあるので、

細かい現金、お菓子、飲み物は用意しておいた方がいいですね。

島にもお店はあるんですが、島を周っている時には

なかなか見つかりませんので、お菓子や飲み物は凄く重宝しますよ。

それから船に乗ってる時間が1時間ほどですが、

トイレは必ず済ませておきましょうね。

慶良間諸島の中でも「とまりん」から

船で行けるのは人が住んでいる3島のみです。

  • 座間味島(ざまみ)
  • 阿嘉島 (あか)⇒ 慶留間島(げるま)は橋を渡って行けます。
  • 渡嘉敷島(とかしき)

「とまりん」からはそれぞれ、

  • 「座間味島行き」
  • 「阿嘉島経由、座間味島行き」
  • 「渡嘉敷島行き」

のフェリーと高速船が出てるんですよね。

高速船の方が早くて料金は高いですが、冬の沖縄は便が少ないので、

島の滞在時間を考えるとフェリーと高速船は選択の余地はないんですよね。

ただ、夏と違って事前の予約もいらないですし、

冬の沖縄は空いてますから存分に楽しめると思いますよ。

それでは慶良間諸島を楽しむための方法を説明しますね。

6aa0a6ed5e7c2154775be66899279230_s

冬の慶良間諸島を楽しむための方法

私の経験上、移動手段としてレンタサイクルはもの凄く辛いです。

なぜかというと、離島は坂が多いんですよ。

しかも、「ママチャリ」なんで、めちゃくちゃきついんです。

なので、快適に過ごすための方法をご紹介しますね。

  • レンタルバイクを借りる
  • 展望台を目指す
  • なるべく右回りに回る
  • 防寒対策をする

島での楽しみ方なんですが、免許を持っている方は絶対

「レンタルバイク」がおすすめですよ。

私は嫁さんと旅行する時は、

必ずレンタルバイクを2台借りてます♪

めちゃくちゃ楽しいですからね!

レンタルバイクといっても原付きで充分です。

50ccなので、普通自動車免許を持っている方は乗れますよ。

レンタルバイクで「その島の風を感じながらのんびり走る」

ってのが凄く気持ちがいいんですよ♪

3時間もあれば余裕で島を1周できちゃいますしね。

レンタルバイクを借りたら、まずは展望台に行って

島全体を見渡してみましょうね。

島の高い所から、自分たちの行きたい場所が、

だいたいどの位置にあるのかを把握しながら、

絶景の景色を楽しんでくださいね。

それから島はできれば右回りに回るといいですね。

道路が左側通行なので、右回りだと常に海側を走れるんですよね。

また、沖縄といえど冬の気温は17~20℃、

レンタルバイクで走っていると寒くなってきますので、

防寒対策はしっかりと行うようにしましょうね。

それでは、各島の楽しみ方を説明していきますね。

まずは座間味島の楽しみ方からどうぞ。

510055e1f6286b31f17799a1ba9e593b_s

座間味島(ざまみ)の楽しみ方

冬に座間味島に行くにはこのようなプランになりますね。

那覇発   9:00

↓(高速船)クイーンざまみ

座間味島着 9:50


座間味島  散策 6時間30分


座間味島発 16:20

↓(高速船)クイーンざまみ

那覇着   17:10

那覇から座間味島までは、高速船で50分。

高速船の料金は、おとな往復5970円ですね。

お子様は半額です。(5歳以下は大人お1人につき1名まで無料)

島の散策時間は6時間30分あるので、

かなりのんびり楽しむことが出来ますよ♪

まずはレンタルバイクを借りて高月山公園に上って、

絶景を見ながら作戦を立てましょうね!

【座間味島に行ったら必ず行っておきたいスポット】

  • 高月山公園:山の上にある公園で山頂の2つ展望台が絶景
  • 古座間味ビーチ:沖縄本島のビーチに比べ圧倒的な美しさ
  • 阿真ビーチ:ウミガメを見れるビーチとして有名
  • 女瀬の浜展望台:夕日を見るサンセットスポット

他にも観光スポットは沢山ありますので、

「座間味島ツーリング」をお楽しみくださいね♪

続いて阿嘉島の楽しみ方について説明しますね。

スポンサードリンク

阿嘉島(あか)の楽しみ方

冬に阿嘉島に行くにはこのようなプランになりますね。

那覇発  10:00

↓(フェリー)フェリーざまみ

阿嘉島着 11:30


阿嘉島  散策 4時間30分


阿嘉島発 16:00

↓(フェリー)フェリーざまみ

那覇着  17:10

那覇から阿嘉島までは、フェリーで1時間30分。

料金は、フェリーでおとな往復4030円ですね。

お子様は半額です。(5歳以下は大人お1人につき1名まで無料)

4時間30分ほどの散策ですが、

阿嘉島は座間味島より狭いので

こちらものんびり楽しむことが出来ますよ。

阿嘉島のおすすめはやはり海の綺麗さ、

それから阿嘉島、慶留間島(げるま)、外地島(ふかじ)が

橋でつながっているので、3島を楽しめるところですね♪

レンタルバイクを借りて3島の旅を満喫してくださいね!

【阿嘉島に行ったら必ず行っておきたいスポット】

  • ニシバマビーチ:自然のままの阿嘉島のメインビーチ
  • 阿嘉ビーチ:ウミガメを見れるビーチ
  • 阿嘉大橋:この橋から見える海の色は絶景
  • 慶留間島:阿嘉島とは違ってさらにゆっくり時が流れる

他にも観光スポットは沢山ありますので、

「3島ツーリング」をお楽しみくださいね♪

続いて渡嘉敷島の楽しみ方について説明しますね。

9dc86119bfd094a9734f857bc38e19f6_s

渡嘉敷島(とかしき)の楽しみ方

冬に渡嘉敷島に行くにはこのようなプランになりますね。

那覇発   9:00

↓(高速船)マリンライナーとかしき

渡嘉敷島着 9:35
↓     

渡嘉敷島  散策 6時間
↓     

渡嘉敷島発 15:30

↓(フェリー)フェリーとかしき

那覇着   16:40

那覇から阿嘉島までは、高速船で35分、フェリーで1時間10分。

料金は、行きの高速船と帰りのフェリーで

おとな4150円プラス環境協力税が100円ですね。

お子様は半額です。(小学生以下は大人お1人につき1名まで無料)

渡嘉敷島は慶良間諸島の中でも一番広い島ですので

レンタルバイクを借りて旅を満喫してくださいね!

6時間ほど散策できるので充分に楽しむことが出来ますよ。

【渡嘉敷島に行ったら必ず行っておきたいスポット】

  • 東展望台:青少年交流の家の奥にある絶景展望台
  • 阿波連(あはれん)ビーチ:慶良間諸島No.1ビーチ
  • 阿波連展望台:阿波連ビーチの奥にある絶景展望台
  • 渡嘉志久(とかしく)ビーチ:ウミガメが住んでるビーチ

他にも観光スポットは沢山ありますので、

「渡嘉敷島ツーリング」をお楽しみくださいね♪

まとめ

  • 慶良間諸島へ行くときは細かい現金、お菓子、飲み物は忘れずに
  • 慶良間諸島では「レンタルバイク」がおすすめ
  • 慶良間諸島は急いで観光するのではなく、のんびり観光する

慶良間諸島の海は、日本が世界に誇れる海です。

ダイビングをしなくても、簡単に綺麗な景色を見に行くことが出来ますよ。

冬の「人が少なく安い」この時期に是非、

慶良間諸島に遊びにいってみてくださいね♪

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

スキューバ好きなら青の洞窟!冬の沖縄でクジラも一緒に楽しむ方法!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする