IOP(伊豆海洋公園)でダイビング!セルフまでの流れを教えます!

IOP(伊豆海洋公園)でダイビングしたいんだけど、

イマイチ仕組みが分からないとお困りのそこのあなた。

元スキューバダイビングインストラクターの私が、

IOP(伊豆海洋公園)でダイビングを

する方法について教えますよ♪

IOP(伊豆海洋公園)のダイビングって

初めての方には少し分かりづらいんですよね。

まずは、IOP(伊豆海洋公園)で

ダイビングする方法からお話しますね。

スポンサードリンク

IOP(伊豆海洋公園)でダイビングする方法

Cカードを持っているならIOP(伊豆海洋公園)って

憧れの場所ですよね。

IOPとは「Izu Ocean Park」の略です。

普通のダイビングポイントって

海に行くと現地ショップがあって

そこを利用して潜らせてもらいますよね?

しかし、IOP(伊豆海洋公園)には

現地にダイビングショップがないんですよ。

なので、初めて行く場合は

どこかのダイビングショップのツアーに

参加することになるんですよ。

私がスキューバダイビングの経験が浅い頃は

IOP(伊豆海洋公園)に直接行って帰らされ、

しぶしぶ別のポイントで潜ったこともありました。

そんなIOP(伊豆海洋公園)は

どうやってダイビングショップのツアーに

参加するんでしょか?

ダイビングショップのツアーに参加する方法

IOP(伊豆海洋公園)に行きたいなら、

ダイビングショップのツアーに参加するんですが、

方法は2つあるんですね。

まず1つ目が、IOP(伊豆海洋公園)周辺の

ダイビングショップを利用する方法です。

2つ目が、都市型ダイビングショップの

ツアーに参加する方法ですね。

それぞれ、メリット、デメリットがありますので

お話しますね。

IOP(伊豆海洋公園)周辺のダイビングショップを利用する場合

メリット

  • ファインダイビング費用が安い
  • 水中ガイドがうまく、多くの魚を見せてくれる
  • ゆったりできる

デメリット

  • 現地まで自分で行かなくてはならない
  • 交通費がかかる

都市型ダイビングショップを利用する場合

メリット

  • 現地までダイビングショップの車で移動ができる
  • 帰りに温泉に寄ったり食事に寄ったりしてくれる

デメリット

  • ファンダイビングの費用が高い
  • IOP(伊豆海洋公園)周辺のダイビングショップより水中ガイドは劣る
  • 時間的にバタバタしてる
  • 色んな海へ出かけるため、自分の希望日と合わない可能性がある

それぞれ一長一短あるので比較は難しいですが、

こんな感じに決めると比較的簡単に決めることができますよ。

楽に海まで行きたいなら都市型ダイビングショップ、

海のプロに沢山魚を見せてもらいたいなら

IOP(伊豆海洋公園)周辺のダイビングショップですね。

どちらのツアーに参加しても、

総合的にかかる金額はほぼ一緒ですので、

後々の事まで考えて決めるのがいいですね。

それから経験を積めばあなたもセルフダイビングを

することができるんですよ。

スポンサードリンク

IOP(伊豆海洋公園)セルフダイビングする方法

IOP(伊豆海洋公園)で

水中ガイドやインストラクターと何度も潜っていると

海の中の地形をだんだん覚えてくるんですね。

水中ガイドやインストラクターにお墨付きがもらえれば、

セルフダイビングを開始することができますよ。

セルフダイビングとは、バディダイビングとも呼ばれていて

水中ガイドやインストラクターをつけずに、

バディと2人だけで潜る事を言うんですよね。

水中ガイドは水中案内する専門で

インストラクターは水中案内とCカード発行の

両方できる人の事をいいます。

セルフダイビングって不安な気持ちを持つと思いますが

メリットの方が大きいんですよ。

  • 水中ガイドやインストラクターが同行しないことで安くなる
  • 自分たちのペースで潜ることができる
  • スキルの反復練習ができる

など、メリットが沢山あるんですね。

詳しくはこちらを御覧くださいね。

>>>バディダイビングでスキルアップ!メリットや方法を分かり易く解説!

まとめ

  • IOP(伊豆海洋公園)には現地ダイビングショップがない
  • IOP(伊豆海洋公園)で初めて潜る場合はダイビングショップのツアーに参加する
  • IOP(伊豆海洋公園)で経験を積めばセルフダイビングをすることができる

いかがでしたでしょうか?

IOP(伊豆海洋公園)の付近にはダイビングショップが沢山ありますが、

IOP(伊豆海洋公園)にはダイビングショップがないので注意しましょうね。

車を持っている方であれば、

IOP(伊豆海洋公園)の付近にはダイビングショップを利用して

後々セルフダイビングをしていくのが一番いいですね。

IOP(伊豆海洋公園)は素晴らしいポイントなので

是非楽しんでくださいね。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

ダイビングで水中初詣!海底神社のある波佐間海中公園とは?


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする