海中の未知の世界!スキューバダイビングの魅力を紹介します!

心地よい海の世界へ!

出典:https://ja.wikipedia.org/

透明なブルーの世界に身を沈め,無重力の浮遊感を

感じながら,海中で泳ぐひと時には

都会の喧騒はありません。

陸上にはない発見や驚き,幻想的な光景,そして

感動をスキューバダイビングで味わえますよ!

スポンサードリンク

スキューバダイビングの魅力とは!

スキューバダイビングの魅力は,地上とはちがう

水中という別世界を体験できることです。

静かに横たわる沈没船

出典:http://www.toyoeiwa.ac.jp/

たくさんの海の生き物を目にしながら

神秘的で美しい無重力空間を遊泳している時間は

不思議な感覚です。

海中で圧倒的な存在感のある沈没船,人間よりも

遥かに大きなマンタやジンベイザメとの出会いは

大いなる感動と忘れられない思い出にもなります。

スキューバダイビングの資格と種類

ダイビングを楽しむためには「Cカード」と呼ぶ,潜る為の

資格が必要です。

ですが,ダイビングには実は多くの種類の資格があります。

水深18m越えのダイビング

出典:http://www.toyoeiwa.ac.jp/

OWD(オープンウオーターダイバー)

ダイビングを始める際に取得する資格がOWDという資格。

OWD資格では2人以上のダイバーと一緒に水深18mまで

ダイブする事が出来ます。

AOW(アドバンスド・オープンウオーターダイバー)

沈船や海底洞窟の潜水ポイントは水深が18mを超える

ところが多いので,更に上位のAOWの資格が必要です。

日本全国や沖縄各島の有名なポイントを潜る為には

このAOW資格が必須になります。

ボートダイバーSP

ボートをベースとしたダイブは深度もビーチでのダイビング

より深くなります。

ディープダイバーSP

AOWで経験した深さよりもさらに深いダイブを!

そんな時に必要な資格で,ダイバーの絶対限界とされている

水深30~最大40mまでダイブできる資格です。

ドリフトダイバーSP

海外の海では潮の流れが強い場所が多く,潮の流れに

乗るドリフト・ダイビングが主流となります。

このドリフトダイバーの資格を取るとダイバーと

しての自信がつけます。

更に上位の資格として他人を手助けできる

RED(レスキュー・ダイバー)の資格もあります。

ライセンス取得に必要な費用と期間

ライセンス取得で憧れのダイビング

出典:http://www.toyoeiwa.ac.jp/

ライセンスの取得には都市型のダイビングスクールと

リゾート地のショップなどでは費用に大きな違いがあります。

都市型の場合は6万~8万円位が相場と思います。

リゾート地なら3万円位で取得できます。

都市型スクールのスケジュール例

学科講習が約3時間の2回(2日間)⇒

プール講習が約4時間の2回(2日間)⇒

そしてプール講習で基本スキルを身に着けたら実際の

海で海洋講習です。

海洋講習は2日間ですが日帰り2回又は宿泊で参加する事も

可能です。

ライセンスをGETしたら,世界の海があなたを

待っていますよ!

スポンサードリンク

必要な器材は?

スキューバダイビングは器材に頼る海洋レジャーのため

器材の選択は安全管理の基本にもなります。

スキューバータンク

水中で呼吸する為の普通の空気が入っている容器で

スチール製またはアルミ製でできています。

通常は現地でレンタル

レギュレーター

タンク内の圧力を呼吸に適した圧に自動的に調整し

ダイバーに供給します。

●ダイビングスーツ

ダイバーを低体温と皮膚の損傷から保護します。

水深が深くなるとホント寒いです!

●BC・BCD

水中では浮力を調整し水面では救命胴衣となります。

●マスク

いわゆる水中メガネで水泳用と違い、鼻も入る構造に

なっています。

●フィン

足ひれで水面・水中での移動を容易にします。

スノーケル

水面で顔面を水につけたまま呼吸できるようにします。

左側に取り付けます。

他にも、ウエィト・ウェイトベルト・残圧計・深度計・

コンパス・防水時計も必要です。

自分の器材を持つことで

うまくなるスピードがアップしますが、

レンタル器材もありますのでご安心を。

まとめ

スキューバダイビングは海中ならではの

魅力にあふれています。

まず、ライセンスを取得し自分のペースで海の世界を

楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする