瀬底ビーチの海開き情報2017!駐車場料金はかかるけど良い!

沖縄県本部町に瀬底島があるのはご存知ですか?

瀬底島は沖縄本島から橋でつながっている小さな島なんですが、

伊江島や水納島を見ることができる海の綺麗な島なんですよ♪

その瀬底島ある「瀬底ビーチ」は2017年も

4月に海開きの予定なんですよ。

ブログに貼ってある写真が「瀬底ビーチ」の写真です。

めっちゃ綺麗じゃないですか?

離島レベルですよね!

今回はそんな「瀬底ビーチ」についてお話したいと思います。

まずは、「瀬底ビーチ」の駐車場料金からお話しますね。

スポンサードリンク

瀬底ビーチの駐車場料金

沖縄のビーチで駐車場料金があるビーチって、

なんか嫌な感じありますよね。。。

私は節約家なので、駐車場料金や入場料金には、

とても敏感に反応してしまいます(笑)

ただ駐車場料金や入場料金を払っても、

それ以上の価値があったらどうですか?

「瀬底ビーチ」の駐車場料金は1日1000円なんです。

入場料金はかかりませんよ。

正直、沖縄のビーチの中では駐車場料金が高いですが、

「瀬底ビーチ」は1000円払う価値のある、

素晴らしいビーチなんですよ。

天然の素晴らしいビーチですし、きれいな魚もいますし

施設が整っているので安心をお金で買うことができますね。

ただ駐車場とビーチが少し離れているので、

荷物が多いと大変かもしれませんね。

駐車場からビーチまでが徒歩4分くらいあり、

ビーチから駐車場は全く見えませんので

貴重品を絶対に車に置かないようにしてくださいね。

やられちゃいますから。。。

「瀬底ビーチ」にはロッカーがあるので、

貴重品はロッカーに入れるといいですよ♪

続きまして「瀬底ビーチ」の海開き情報についてお話します。

瀬底ビーチの海開きはいつ?4月の気温水温

2017年「瀬底ビーチ」の海開きは

4月15日を予定しているようですね。

沖縄本島の4月の気温は平均気温は22~23℃

水温は23℃くらいです。

沖縄の4月は陸上はとても過ごしやすいですが、

水温は低いので海水浴するのであれば寒さ対策が必要ですね。

さすがに水温23℃前後で、

ラッシュガードだと寒いですので、

「タッパー」があるといいですよ♪

「タッパー」とは、

ウエットスーツの上だけの物ですね。

価格も5000~10000円くらいであるので、

1着持っているととても重宝しますよ♪

>>>現在のタッパーの最安値をチェック!【楽天】

見ていただければ分かりますが、

「タッパー」の上と水着って凄くオシャレ感が出るんですよね。

暑くなったらすぐに脱げますのも「タッパー」の

いいところなんですよ♪

4月中旬の気温と水温、日焼け防止を考えると、

2mmか3mmの長袖がいいですね。

続きまして「瀬底ビーチ」の概要と、

施設情報についてお話します。

スポンサードリンク

瀬底ビーチの概要と施設情報

「瀬底ビーチ」は沖縄本島で、

トップクラスの美しいビーチなんですよ。

那覇市内から車で2時間ほどかかりますが、

行って損はありませんね♪

長く白い砂浜に青い海、自然植物の緑、

夕日のオレンジがあって、

色のコントラストがたまらないんですよね。

また、遊泳エリアが明確で監視員もいらっしゃいますので、

子供連れでも安心のビーチです。

そしてそして、熱帯魚の種類も多いので

「瀬底ビーチ」は最高の環境が整っているんですよ。

そんな「瀬底ビーチ」の施設情報をお話しますね。

瀬底ビーチ

  • 住所:本部町瀬底5750
  • 電話:0980-47-2368(瀬底ビーチ管理事務所)
  • 営業時間:9:00~17:30(7~9月は18時まで)
  • 駐車場:有(1000円)
  • 遊泳料金:無
  • 施設情報:トイレ、更衣室、シャワー(500円)、ロッカー(200円)、売店
  • レンタル:ビーチパラソル、ビーチチェアなど 有(有料)
  • シュノーケリング:可
  • マリンアクティビティ:有

「瀬底ビーチ」のマリンアクティビティは、

パラセーリング、ジェットスキー、

バナナボート、Uボートなどがあります。

シュノーケリングツアーや体験ダイビングがやりたかったら

瀬底ビーチマリンクラブに問い合わせるといいですよ。

瀬底ビーチマリンクラブ

住所:沖縄県国頭郡本部町字瀬底73

電話:0980-47-7433

続きまして、

瀬底ビーチでシュノーケリングを楽しむ方法についてお話しますね。

瀬底ビーチでシュノーケリングして楽しむ方法

瀬底ビーチは白い砂浜の長さが800mほどあり、

どこからでも海に入っていくことができるんですね。

つまり、とんでもなく広いシュノーケリングエリアがあるんですよ\(^o^)/

水深は0.5~1.5mほどなので、初心者向きですね。

沖に向かって海に入っていって腰の高さくらいになったら、

パタンと前に倒れて少し泳ぎ出してみてくださいね。

そこには「ユビエダハマサンゴ」がたくさんあるので、

カラフルなお魚がたくさんいます。

「ロクセンスズメダイ」や「オジサン」、

「カレイ」や「ヒトデ」や「ウニ」など、

まぁ多くの水中生物を見ることができるんですよ。

「ロクセンスズメダイ」とは白と黒のストライプが綺麗なこんな魚です。

とっても可愛いんですよね♪

ちなみに「オジサン」とはヒメジ科の魚で、

口の下に2本のヒゲのようなものがあることから、

この名前がついています。

なので、メスでもオジサンなんですよね(笑)。

こんな感じの魚ですよ。

そうなんです。。。

「オジサン」は可愛くないのです(笑)。

続きまして瀬底ビーチの注意点についてお話します。

瀬底ビーチの注意点

「瀬底ビーチ」の海の中って場所によって

石や岩がゴロゴロしているので、

踏んでしまうと足が痛いです。

白い砂浜も珊瑚の欠片や石もありますので、

マリンブーツを持っていった方がいいですよ。

それから満潮時は遊泳エリアでも、

急に深くなる場所があるので、

泳ぎが苦手だったら注意してくださいね。

最後に、4月でも沖縄の紫外線の量は半端ないので、

日焼け止め対策は万全にしておいた方がいいですよ。

帽子、サングラス、日焼け止めは必須です。

まとめ

  • 「瀬底ビーチ」の駐車場料金は1000円
  • 「瀬底ビーチ」の海開きは2017年4月15日予定
  • 「瀬底ビーチ」は沖縄本島トップクラスのビーチ

いかがでしたでしょうか?

確かに駐車場料金1000円ですって言われたら、

沖縄なのに高いよ!って感じると思います。

でも「瀬底ビーチ」は入場料金もかかりませんし、

施設が整っていて素晴らしいビーチで、

シュノーケリングが最高なので全然元は取れますよ♪

ただ、ちょっと寄って海が見たいとか、

写真だけ取りたいってのが出来ないのは残念ですけどね。

旅のスケジュールに「瀬底ビーチ」を入れて、

1日のんびりしてみてはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


沖縄海開き特集はこちら

>>>2017年海開き情報!

沖縄シュノーケリング特集はこちら

>>>沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする