阿波連ビーチは絶好のシュノーケリングポイント!海開き情報2017

2017年も4月になれば、

ケラマの「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」で

海開きするんですよ♪

沖縄本島の西にある慶良間諸島を「ケラマ」と呼びます。

「ケラマ」は海外ではないんですよ\(^o^)/

その「ケラマ」にある渡嘉敷島(とかしきじま)に、

「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」があるんですね。

そこは白い砂浜、ケラマブルーが綺麗なビーチで、

絶好のシュノーケリングポイントでもあるんです!

という事で今回は、「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」

にスポットを当てて話していきます。

スポンサードリンク

阿波連ビーチの概要とシュノーケリング

「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」は、

沖縄県の慶良間諸島の渡嘉敷島にある

白い砂浜とケラマブルーに圧倒される素晴らしいビーチなんですよね。

那覇から高速船かフェリーで渡嘉敷島へ移動するんですが、

日帰りで行けちゃう楽園なんですよ。

渡嘉敷島の海は、

沖縄本島の海とは海の綺麗さのレベルが全然違うんです。

渡嘉敷島への行き方については

こちらのブログを参考にしてくださいね。

>>>ダイビングだけじゃない!冬の沖縄【慶良間諸島の楽しみ方!】

渡嘉敷島の「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」は、

渡嘉敷島の港から車で20分ほどです。

交通手段としてはバス、レンタカー、レンタルバイク、

もしくは現地サービスのツアー参加することで

「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」乗せていってもらえますね。

詳細は後ほど。

そんな「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」は、

白く長いの砂浜とサンゴ礁の棚が広がる、透明度の高い天然ビーチで、

サンゴ礁が多いがゆえにシュノーケリングで魚を沢山見ることができるんです!

運が良ければウミガメにだって会えちゃいますよ\(^o^)/

島で借りようとしたらショップが休みだったって事にならないように、

マスク、フィン、シュノーケルの3点セットは

必ず持っていくようにしましょうね。

続きまして「阿波連ビーチ(あはれんビーチ)」の海開き情報と、

4月の気温水温についてお話しますね。

阿波連ビーチの海開き情報と4月の気温水温

2017年の「阿波連ビーチ」の海開きは

4月17日を予定しているようですね。

4月22日(土)に決定しました!

4月も中旬になれば、平均気温22~23℃なので

陸上ではとても快適に過ごせますが、

水温は22℃くらいなのでちょっと冷たいと感じますね。

ただ、「阿波連ビーチ」では、

シュノーケリングをやるのであれば凄く夢中になってしまうので、

体が温まりちょうどいい水温と感じるかもしれません。

しかし、流石に上半身裸では寒いので、

「ラッシュガード」や「タッパー」は着てくださいね。

「ラッシュガード」も「タッパー」も

日焼け防止にもなりますし、怪我を防ぐ役割もしますから。

「タッパー」って聞きなれない言葉ですが、

簡単に言うとウエットスーツの上だけの物ですね。

寒がりなら「タッパー」をおすすめします。

「タッパー」とは下の写真のようなもので、

水着と一緒に着るととてもお洒落な感じになりますよ。

スポーツショップでも買えますし、

面倒くさかったら通販でも全然OKですよ。

>>>現在のタッパーの最安値をチェック!【楽天】

ただサイズは間違えないようにしてくださいね。

スポンサードリンク

阿波連ビーチの施設情報

阿波連ビーチ

  • 住所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連
  • 電話:098-987-2333(渡嘉敷村商工観光課)
  • 営業時間:自己責任でいつでもOK
  • 駐車場:有(無料)
  • 遊泳料金:無
  • 施設情報:トイレ、シャワー(300円)、更衣室、売店、監視所
  • レンタル:ビーチパラソル、ビーチチェアなど 有(有料)
  • シュノーケリング:可
  • マリンアクティビティ:有

渡嘉敷港から「阿波連ビーチ」へ行く方法は3つあります。

バスを使うか、レンタカーやレンタルバイクを借りるか、

現地サービスのツアーに参加して送迎してもらうか

の方法になりますね。

私は島に行った時は、「シュノーケリング」と「島ツーリング」をするので、

レンタルバイクを真っ先に借りに行きます。

「海水浴」や「シュノーケリング」が目的だったら、

バスは本数が少ないですが安いのでいいですね。

海で色々レンタルしたりマリンアクティビティをしたいなら、

現地サービスのプランに参加するといいですね。

遊びたい目的によって「阿波連ビーチ」までの移動手段が決まるので、

何をしたいのかを事前に考えておくといいですよ。

それから「阿波連ビーチ」は、

営業時間が決まっていないのもいいところですね。

自己責任にはなりますが、何時から何時まででもOKです。

ただ「阿波連ビーチ」にレンタル品や

マリンアクティビティの受付ができて、

そこは営業時間があるので注意してくださいね。

ちなみに「阿波連ビーチ」で体験できる

マリンアクティビティはこちらですね。

  • 体験ダイビング
  • シュノーケリング
  • シーカヤック
  • 無人島渡し
  • ジェットスキー (水上バイクともいいます)
  • バナナボート (ジェットスキーに引っ張られる系)
  • マーブル (ジェットスキーに引っ張られる系)
  • スリラー (ジェットスキーに引っ張られる系)
  • グラスボード (水中を見れる観光船)

おすすめは「無人島渡し」です!

「阿波連ビーチ」より沖合にあるので、

海がキレイで魚も沢山いるんですね。

シュノーケリングをより楽しみたいなら

「無人島渡し」はおすすめですよ\(^o^)/

続きまして、「阿波連ビーチ」

海水浴での注意点についてお話しますね。

阿波連ビーチ海水浴での注意点

「阿波連ビーチ」は珊瑚の多いビーチなので、

怪我防止の為に、

マリングローブやマリンブーツはあった方がいいですね。

珊瑚で皮膚を切ると切ったときも痛いんですが、

治っても皮膚の中が痛かったりしますので、

皮膚を切らない対策はするようにしましょう。

それから、「阿波連ビーチ」は特にですが、

海の中が素敵すぎて時間が経つのを忘れてしまいます。

必ず防水の腕時計をして、時間管理をしましょうね。

下手すると帰りの船に乗り遅れることになるかもしれませんよ。。。

最後に、海開きが始まる4月の沖縄でも紫外線対策は必須になります。

シュノーケリングに夢中になっていると首の後ろ、

ふくらはぎを特に日焼けでやられてしまいます。

ビーチではパラソルを借りてもかなり紫外線が強いので、

帽子、サングラス、日焼け止めは必須ですよ。

まとめ

  • 「阿波連ビーチ」の海開きは2017年4月17日予定4月22日(土)に決定!
  • 「阿波連ビーチ」でのシュノーケリングは面白い
  • 「阿波連ビーチ」では時間管理に気をつけよう

いかがでしたでしょうか?

沖縄県の慶良間諸島の海は

「ケラマブルー」と言われ、

その海の色には鳥肌が経つほどなんです。

「阿波連ビーチ」は綺麗なビーチランキングでも

TOP10に入るほどの素晴らしいビーチなんですね。

普通は「白い砂浜」のビーチには魚はあまりいないのですが、

「阿波連ビーチ」は珊瑚が沢山あるので、

「シュノーケリング」も同時に楽しめるんですよ♪

「阿波連ビーチ」は私の理想のビーチなんですよね。

あなたも是非、「阿波連ビーチ」で

「シュノーケリング」をしてみてくださいね。

「日本にこんな場所があったんだ!」と人生観がきっと変わりますから。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


沖縄海開き特集はこちら

↓↓↓

2017年海開き情報!


スポンサードリンク