かりゆしビーチの海開き情報とおすすめのグラスボード【2017年最新版】

2017年沖縄の「かりゆしビーチ」の海開きは、

いつなのかご存知ですか?

沖縄好きのあなたなら

あれ?「かりゆしビーチ」って聞いたことあるかも?

となっていることでしょう(笑)

那覇から58号線を北に向かって走ると、

ブセナテラスの500mほど手前に、

「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」があるんですよ。

その「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」の前のビーチが、

「かりゆしビーチ」なんですよね。

という事で、今回はメインシーズンにはすごく混む、

「かりゆしビーチ」についてお話します。

スポンサードリンク

かりゆしビーチの海開きはいつ?3月の気温水温

2017年かりゆしビーチの海開きは、

3月18日を予定しているようです。

3月24日(金)に決定いたしました!

3月の平均気温は22~23℃、水温は22℃くらいなので、

陸上では涼しくて過ごしやすいですが、

まだまだ水温は低いですね。

3月中旬とはいえ、

水温22℃は水着で入るには正直冷たすぎますね。

ラッシュガードを着ていても冷たいので、

ウエットスーツを持っているなら

フルかスプリングを持っていったほうがいいですよ。

もし、ウエットスーツをもっていないのであれば、

「タッパー」があるといいですよ。

「タッパー」ってご存知ですか?

簡単に言うとウエットスーツの上だけの物です。

ウエットスーツだと旅行の時にかさばりますが、

「タッパー」ならそこまでかさばる事がないので

おすすめなんですよ。

水温が22℃くらいなので、

長袖タイプタッパーで3mmがいいですね。

金額も安いものなら6000円ほどで、

ブランドにこだわりたい方でも15000円も出せば

かっこいいものが購入できますよ。

>>>現在のタッパーの最安値をチェック!【楽天】

寒さが一番楽しいテンションを下げる要因なので

寒さ対策だけはしっかりしましょうね。

それから陸にいても肌寒くなるので、

パーカーやカーディガンを持っていくといいですよ。

続いて、かりゆしビーチの概要についてお話しますね。

かりゆしビーチの概要

「沖縄かりゆしビーチリゾート・オーシャンスパ」のプライベートビーチで、

海に入って海水浴をするというよりは海辺でまったりするか、

ガンガンマリンアクティビティをするかどちらかのビーチですね。

かりゆしビーチは干潮でも水深1mほどの遠浅の海なので、

泳ぎが苦手な方や小さなお子様がいらっしゃる方には、

とてもいいビーチですよ。

コンビニやレストランも近くにあるので楽ちんなんですよね。

ただ、宿泊客でないと遊泳料金がかかるんですよ(;_;)

遊泳料金として大人500円、子供300円。

でもがっかりしないでくださいね。

その代わりとは言ってはなんですが、

かりゆしビーチはマリンアクティビティが充実していて、

中でもグラスボートの評判がとてもいいんですよ。

海が穏やかな分、

マリンアクティビティに力を入れてるんですよね。

そんなかりゆしビーチの施設情報とアクセスを見てみましょう。

スポンサードリンク

かりゆしビーチの施設情報とアクセス

かりゆしビーチ

  • 住所:名護市喜瀬1996
  • 電話:0980-52-4093
  • 営業時間:9:00~17:30
  • 駐車場:有(有料1000円)
  • 施設情報:トイレ・シャワー・更衣室・売店 有
  • レンタル:ビーチパラソル・サマーベッドなど 有
  • シュノーケリング:不可
  • マリンアクティビティ:有

レンタカーがあれば那覇市内から約1時間ほどですね。

遊泳料金が大人500円、子供300円、駐車場代が1000円、

ビーチパラソル1000円、サマーベッド2000円なので、

沖縄のリゾートホテルのビーチとしては高めですね。

ただトイレ、更衣室、シャワーは無料で使えて、

夕暮れ時には夕日が綺麗に見えるので、

1日のんびり遊ぶ事で十分に元は取れますよ。

ちなみにかりゆしビーチではグラスボート、

SUP(スタンドアップパドルボード)、

フライボード、ホバーボードなどが出来ますよ!

他にも

  • シーウォーク
  • シーカヤック
  • クルージング
  • ペダルボート
  • アクアサイクル
  • パラセーリング
  • チャイルドチューブ
  • マーブル
  • ドラゴンボート
  • スキービスケット
  • ウエイクボード
  • ボートスノーケル
  • ジェットスキー
  • 体験ダイビング

盛りだくさんのマリンアクティビティがあるんです。

全てをやろうとしたらお金も時間も足りないので、

予算と時間に応じてやりたいものを、

事前にピックアップしておくといいですよ。

続いてかりゆしビーチでも口コミの評判のいい、

グラスボートについてお話しますね。

かりゆしビーチおすすめのグラスボート

グラスボートとは船底がガラス張りになっていて、

船の中から海底のサンゴや魚を楽しむことの出来る船の事です。

船に乗ったまま海底を見ることもできますし、

外の景色も見ることもできるので、

とても素晴らしい乗り物なんですよね。

しかもグラスボートは1500円で安いんですよ。

旅行会社やレンタカー屋のクーポンが

あるかもしれないので見てくださいね。

クーポン使えば1000円になるようですよ。

私はスキューバダイビングもシュノーケリングもしますが、

グラスボートは大好きなんですよ。

スキューバダイビングもシュノーケリングも水中で話ができませんが、

グラスボートは魚、サンゴ、ウミガメを見た時に、

その感動をすぐに言葉で伝える事ができるんですね。

しかも、かりゆしビーチのグラスボートは、

沢山魚を見ることが出来る事や、

ガイドさんが上手いことで評判がいいんですよ。

リーズナブルに楽しみたいのならグラスボートだけは、

体験したほうがいいですね♪

続いてかりゆしビーチの注意点についてお話しますね。

かりゆしビーチの注意点

かりゆしビーチは満潮でも水深1mほどの遠浅の海なんですね。

なので、干潮になると潮が引いて海に入れない状態になるんですよ。

海開き予定の2017年の3月18日の干潮時間は16:30ごろ、

満潮時間は10:00ごろなので、

満潮時間の前後の時間を有効に使って遊ぶようにしましょうね。

ちなみに干潮、満潮の時間は日によって変わりますので、

「干潮時間 沖縄」で検索してみてくださいね。

それから、海に入ると意外と石やら岩やらで、

ゴツゴツしていますので、

マリンブーツを履いて足を切らないように注意してください。

最後に3月と言えど沖縄の日差しは半端ないので、

日焼け対策は万全にしていってくださいね。

帽子、サングラス、日焼け止めは必須ですよ。

まとめ

  • 2017年かりゆしビーチの海開きは3月18日予定3月24日(金)決定!
  • かりゆしビーチはアクティビティが豊富で家族連れに適している
  • かりゆしビーチは干潮時間に注意!

いかがでしたでしょうか?

かりゆしビーチは穏やかな遠浅の海なので、

面白いビーチ、面白くないビーチと賛否両論ありますが、

目的を明確にすればすごくいいビーチですよ。

1日中かりゆしビーチに滞在する計画にすれば、

駐車場代や遊泳料金も安いものですよ。

かりゆしビーチにはマリンアクティビティが沢山あるので、

海辺のサマーベッドから人がやってるのを眺めてても、

充分楽しめますからね。

お金と時間を賢く使ってかりゆしビーチで、

楽しい思い出を沢山作っていただきたいと思っています。

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

万座ビーチの海開きはいつ?海水浴情報【2017年最新版】


スポンサードリンク