ウッパマビーチの海開きはいつ?海水浴情報【2017年最新版】

沖縄県にある「ウッパマビーチ」ってご存知ですか?

変わった名前のビーチなので、

聞いたことあるかもしれませんね。

綺麗な海の向こうに古宇利島を見ることができて、

白い砂浜が1km以上続く天然のビーチなんですよ♪

2017年は「ウッパマビーチ」の海開きは3月予定!

ということで、今回はウッパマビーチの海開き、

海水浴情報についてお話しますね。

スポンサードリンク

ウッパマビーチの海開きはいつ?3月の気温水温

2017年万座ビーチの海開きは

3月19日を予定しているようですね。

3月の平均気温は22~23℃、水温は22℃くらいなので、

陸上では涼しくて過ごしやすいですが、

まだまだ水温は低いですね。

3月中旬とはいえ、

水温22℃は水着で入るには正直冷たすぎますね。

ラッシュガードを着ていても冷たいので、

ウエットスーツを持っているなら

フルかスプリングを持っていったほうがいいですよ。

もし、ウエットスーツをもっていないのであれば、

「タッパー」があるといいですよ。

「タッパー」ってご存知ですか?

簡単に言うとウエットスーツの上だけの物です。

ウエットスーツだと旅行の時にかさばりますが、

「タッパー」ならそこまでかさばる事がないので

おすすめなんですよ。

水温が22℃くらいなので、

長袖タイプタッパーで3mmがいいですね。

金額も安いものなら6000円ほどで、

ブランドにこだわりたい方でも15000円も出せば

かっこいいものが購入できますよ。

>>>現在のタッパーの最安値をチェック!【楽天】

寒さが一番楽しいテンションを下げる要因なので

寒さ対策だけはしっかりしましょうね。

続いて、ウッパマビーチの概要についてお話しますね。

ウッパマビーチの概要

国頭郡今帰仁村の「リゾートホテルベルパライソ」の目の前にある、

沖縄県民もおすすめする遠浅で自然のままの「ウッパマビーチ」。

「ウッパマ」とは方言で「大きな浜」って意味なんですよ♪

その名の通り長い白い砂浜が1km以上続き、

北東の方角には古宇利島が見える絶景のポイントなんです。

シュノーケリングセットを持参すれば、

もちろんシュノーケリングもできますよ♪

魚はあまり沢山は見れませんが、

海の綺麗さ、透明度を味わってみてくださいね。

「ウッパマビーチ」は、

那覇市内から1時間30分ほどかかるので、

人が少なく穴場のビーチなんですよね。

「ウッパマビーチ」のような白い砂浜が長く続くビーチは、

人が少なければプライベートビーチ的な贅沢な気分を味わえますよ♪

せっかく「ウッパマビーチ」まで来たら、

北東にある「古宇利島」もドライブするといいですよ。

「古宇利島オーシャンタワー」があって

ここから見る海がまた絶景なんですよ。

あなたが行く時に天気がいい事を願ってますね♪

続いて、「ウッパマビーチ」の施設情報と、

アクセスについてお話しますね。

スポンサードリンク

ウッパマビーチの施設情報とアクセス

ウッパマビーチ

  • 住所:国頭郡今帰仁村運天
  • 電話:0980-56-2767(リゾートホテルベルパライソ)
  • 営業時間:9:00~18:00
  • 駐車場:有(有料500円)
  • 遊泳料金:有(有料300円)
  • 施設情報:トイレ、シャワー(有料200円)、更衣室、売店 有
  • レンタル:ビーチパラソル、ビーチチェア 有(有料)
  • シュノーケリング:可
  • マリンアクティビティ:有

「ウッパマビーチ」へはレンタカーで那覇市内から約1時間半。

高速道路「沖縄自動車道」の終点の「許田」から、

一般道で40分ほどの場所にあります。

カーナビの設定は上に記載してある、

「リゾートホテルベルパライソ」の

「電話番号」で設定するといいですよ。

「ウッパマビーチ」の近くには、

「今帰仁村総合運動公園」もありますし、

県道72号線には看板もあるのですぐに分かりますよ。

それから、「ウッパマビーチ」では、

海水浴、シュノーケリングだけではなく、

マリンアクティビティを楽しむことも出来るんですよ。

  • シーカヤック
  • ドラゴンボート
  • スーパーマーブル
  • ハーフパイプ
  • ジェットスキー
  • グラスボート

有名ホテルほどのマリンアクティビティの数はありませんが、

これだけあれば1日過ごせますね。

続いて、ウッパマビーチの注意点についてお話しますね。

ウッパマビーチの注意点

「ウッパマビーチ」だけではありませんが、

沖縄の海で遊ぶ時は干潮時間に気をつけてくださいね。

干潮時は潮が引いて地面があらわになりますので、

海水浴どころではなくなるんですよね。

海開き予定の2017年の3月19日の干潮時間は16:50ごろ、

満潮時間は10:10ごろなので、

満潮時間の前後の時間を有効に使って遊ぶようにしましょうね。

ちなみに干潮、満潮の時間は日によって変わりますので、

「干潮時間 沖縄」で検索してみてくださいね。

それから「ウッパマビーチ」は北側に面しているので、

3月だと風が強い可能性があるので、

陸上で使えるパーカーやカーディガンがあるといいですよ。

また、3月と言えど沖縄の日差しは半端ないので、

日焼け対策は万全にしていってくださいね。

帽子、サングラス、日焼け止めは必須ですよ。

まとめ

  • 2017年「ウッパマビーチ」の海開きは3月19日予定
  • 「ウッパマビーチ」は自然たっぷりの穴場ビーチ
  • 「ウッパマビーチ」の干潮時間に注意!

いかがでしたでしょうか?

沖縄には「ウッパマビーチ」のように自然そのままの天然ビーチと、

人気ホテルのような人工ビーチがありますが、

やっぱり天然ビーチの方が魅力的ですよね。

那覇市内からだとちょっと遠いですが、

古宇利島観光する際に寄ってみてはいかがでしょうか?

そこには沖縄本島の海の綺麗さがあなたを待ってますよ♪

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする