乾燥肌でお腹が粉吹いてる!?かゆい原因と対処法について!

寒い季節になると、毎年気になる乾燥肌・・・。昔は潤っていたのに、年々肌の乾燥に悩まされていませんか?

しかも顔や手足だけでなく、お腹まで乾燥してる!しかも粉吹いてる!そしてかゆい!かゆくてお腹を掻いてしまい、またかゆくなる・・・。

そんな悪循環を断ち切る、お腹のかゆみ対処法をお伝えします!お腹の乾燥肌、粉吹き、かゆみに悩んでいるあなた、是非参考にしてみて下さい♪

そもそも、衣服で守られているお腹がどうして乾燥肌で粉を吹くのか疑問に思いますよね。まずは原因を探ってみましょう!

スポンサードリンク

乾燥肌でお腹が粉を吹くのはなぜ?

粉を吹く原因は、皮膚の一番表面にある皮膚膜の下にある角膜層が水分不足によって剥がれ落ちそれが粉として現れます。

では、なぜお腹が乾燥して粉を吹くのか。それは、衣類による摩擦が乾燥を引き起こしている可能性が高いからです。

特にお風呂上がりの肌が柔らかい状態でポリエステルやナイロンが入った合成繊維素材の衣類を着ると、肌を摩擦させてしまいます。

そして静電気が発生し、角膜層を剥がし、乾燥肌の原因になります。衣類による摩擦を防ぐには、綿やシルク等の天然素材の肌着がオススメです。

肌触りが良く、通気性がいいので静電気を発生させにくくなります。この冬、寝る時に着るパジャマや肌着を新調してお腹の乾燥肌と粉吹きを予防し快適な睡眠を手に入れて下さい♪

睡眠の質も高まると翌朝の目覚めも良くなるので、一石二鳥ですね!

では、お腹の乾燥肌により粉を吹くとどうして肌がかゆくなるのか原因も探ってみましょう。

スポンサードリンク

そもそもなぜかゆくなるの?

肌が乾燥して、角質層が剥がれてしまうと、肌を守るバリア機能が低下してしまいます。そのことがかゆみやひび割れを引き起こしてしまうのです。

恐ろしいことに、かゆみが悪化し、掻きむしってしまうと炎症を起こし、皮膚炎を煩ってしまうことがあります。そうなると治療に時間がかかってしまうので、なるべく早めの対策をしたいですよね。

大丈夫です!ご自分でも気軽に出来る対処法があります!

かゆみの原因は、角質層の剥がれが原因だということが分かりました。ということは、角質層が剥がれないように対策すればいい!ということですね☆

実は意外なことが対策になったりします。そして、乾燥肌を改善することが体質改善にも繋がるので是非参考にしてみて下さい♪

スポンサードリンク

かゆいのを抑えるにはどうすればいい?

まずは、肌のケアと言えばお風呂ですね。身体を洗う時、汗や体臭が気になってゴシゴシ力を入れて洗っていませんか??

汚れを落とそうと、力を入れて洗うとボディータオルと肌が擦れて、知らない間に肌を傷つけてしまいます。

身体を洗う時のポイントは、ボディーソープか石鹸を、ボディータオルを使ってたっぷり泡立てて、その泡で身体を洗うようにしてみて下さい。

泡が汚れを吸着して、しっかり気になる汚れを落としてくれます♪特に、粉が吹いているお腹は手で洗っても十分汚れは落ちます。

神経質な方ほど、実は乾燥肌に悩んでいることが多いかもしれませんね。お風呂の時間は、ちょっとズボラになってもいいかもしれませんね♪

そして、出来ればボディーソープや固形石鹸の中でも低刺激のものを使うようにして下さい。セラミドやヒアルロン酸といった保湿成分が入ったものは、お風呂上がりの肌が更に潤うのでオススメです。

さらに大事なのは、お風呂上がりにボディーオイルや保湿クリームをたっぷり塗ることです!ポイントは、お風呂から出て10分以内に塗ること。

身体を拭いてから、長い時間放置してしまうとどんどん乾燥が進んでしまいます。粉が拭いているお腹は特にたっぷり保湿してあげて下さいね。

外からのケアはもちろん大切ですが、見落としがちな、内からのケアも実は乾燥肌を予防する対策に繋がります!

乾燥肌は、血行不良によっても引き起こされるので、血の巡りを良くして、身体を冷やさないように注意することも大切です。

具体的には↓

  • 定期的に運動する習慣をつけ、筋肉を付けて血行を良くする
  • 身体を温める食材(生姜、根菜類、ココア等)を積極的に摂る
  • アルコール、タバコをなるべく控える
  • 寝不足にならないように気をつける

等です。乾燥肌を予防することは、健康な身体を手に入れることにも繋がりますね♪

まとめ

いかがでしたか?

  • 乾燥肌でお腹が粉吹いてる場合は、寝る時のパジャマを見直してみる!
  • かゆい原因は、実は必死に洗い過ぎているかも?!ずぼら洗いで大丈夫!
  • 乾燥肌の対処法で、健康体質も手に入れて一石二鳥♪

乾燥肌の対処法は、簡単に出来ることばかりです♪今日から実践して頂いて、乾燥肌で粉吹いてかゆいことない、潤ったお腹で、冬を快適に過ごしていきましょう♪

最後まで読んで頂きありがとうございました!

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする