シュノーケリングはフィンの選び方が重要!足がつるのを防ぐ為に!

シュノーケリング中に足がつって、

大変な思いをしたことはありませんか?

私は昔から水中で足がつりやすかったのですが、

その原因がフィンでした。

自分の脚力に合わない硬いフィンを使っていた為、

足への負担がとても大きかったのですよね。

最初はパニックになり、

海水をガブガブ飲むことがありましたが、

今ではもうへっちゃらです(笑)

足がつる原因と足がつった後の対処法さえ分かれば、

シュノーケリングを楽しむことができますよ。

その上でフィンの選び方がポイントになってきます。

という事で今回は、

シュノーケリングのフィンの選び方についてお話ししていきます。

まずはシュノーケリングで足がつる原因を知りましょう。

スポンサードリンク

シュノーケリングで足がつる原因を知ろう

シュノーケリングをする上でフィンの選び方を間違えると、

海で足がつって大変なことになるんですよ。

私は小さい時から足がつりやすく、

海に遊びに行くと毎回のようになっていました。

そこで、フィンの選び方の前になぜ足がつるのかを先にお話しますね。

足がつる原因としては

  • 水温が低い
  • 海に入る前にストレッチをしっかりしていない
  • フィンが合わない(きつい、ゆるい)
  • フィンキックを思いっきりやりすぎ

まず、フィンがきつかったりゆるかったりすると

足指がつりやすくなります。

それから、シュノーケリングのバタ足を「フィンキック」と言いますが、

水泳のバタ足と違って、水中に大きく蹴り込むイメージなんですね。

なので、あまり思いっきり足を伸ばしたまま、

水中に蹴り込んでいると、

ふくらはぎ、太ももがすぐにつってしまいます。

適度に膝を曲げて、

あまり力を入れすぎずにフィンキックをしてみましょうね。

また、シュノーケリングで足がつらないようにするには、

ストレッチもかなり重要ですね。

足がつりやすいのは、ふくらはぎ、太ももの前後、足指ですので、

シュノーケリングをやる前には念入りにストレッチしておくと、

だいぶ違いますよ。

続きまして、

シュノーケリング中に足がつってしまったらについてお話します。

シュノーケリング中に足がつってしまったら

シュノーケリング中に足がつってしまって溺れかけた経験ってありますか?

軽くパニックになるんですよね、シュノーケリング中に足がつると。。。

足は痛いは、呼吸はしづらいわ、海水は飲むわで、

てんやわんやになってしまいます。

では、もしシュノーケリング中に足がつってしまったら、

どうすればいいのかと言いますと、

以下の手順を覚えておいてくださいね。

  1. まず落ち着くこと
  2. 水面に浮上して呼吸をする
  3. シュノーケルは口から外さずに、目線はおへそあたりへ
  4. 呼吸が落ち着いたら、つった方の足のフィンの先を持つ
  5. 足を伸ばしながらフィン先を自分の方にゆっくり引っ張る(この時も目線はおへそ)
  6. これを何度か繰り返す

これがなかなかできないのですが、

足がつったらまず落ち着きましょう。

パニックになってしまうと、

呼吸がどんどん苦しくなってしまうので、

まずは落ち着いて水面で呼吸をします。

この時の注意点は、シュノーケルを口から外さないことと、

呼吸をする時になるべくおへそあたりを見ることなんですね

理由は海水を大量に飲んで溺れないようにするためと、

おへそあたりを見ることでシュノーケルを垂直に立たせるためなんです。

呼吸さえ確保できれば、あとはつった方の足のフィン先をつかんで、

足を伸ばしながらフィン先を自分の方にゆっくりと引き寄せるだけです。

ここでも目線はおへそですよ。

これを何度か繰り返すと足が回復しますが、

そのままシュノーケリングをやらずに一度陸に上がりましょうね。

なぜなら、1度つるとつりやすくなるからです。

陸に上がって、つった場所をストレッチして少し休むようにしましょうね。

続きましてフィンの選び方と種類についてお話します。

スポンサードリンク

フィンの選び方と種類

足がつる原因、足がつった時の対処法が分かれば、

あとは自分にあったフィンを選ぶだけですね。

初心者の場合はなるべくフィンの面積が小さく、

柔らかいゴム製のフィンを選ぶといいですよ。

軽さが売りのプラスチック製もありますが、

プラスチックはゴムよりしなりにくいため、

足に負担があるので慣れてきてからにしましょうね。

購入する際は必ず試着はするようにしてくださいね。

靴と同じでキツイ、ゆるいがありますので、

試着して足の甲を上下に動かして脱げなければOKです。

少しきついのなら、少しゆるいくらいの方がいいですよ。

それからフィンにはスリッポンのように履くフルフット型と、

脱着のし易いストラップ型があります。

私のおすすめは左のフルフット型ですね。

なぜなら右のストラップ型はストラップの部分が、

どうしても壊れやすいからです。

慣れるまではマリンソックスを履いた上に、

フィンを装着するといいですよ。

フィン擦れを防ぐことができますし、

砂がフィンと皮膚の間に入り込むと痛いので。

慣れてきたら素足にフルフット型フィンに挑戦してみましょうね。

まとめ

  • シュノーケリングをする前には必ずストレッチを行おう
  • シュノーケリング中に足がつってしまったらシュノーケルを口から外さない
  • 初心者の場合はなるべく小さい柔らかいフィンを選ぶこと

いかがでしたでしょうか?

フィンなんてなんでもいいよって感じになりますが、

足がキツイものを選ぶと足の指がつりますし、

ゆるいものを選ぶとフィンキックした時に脱げたりします。

フィンがふくらはぎや太ももがつる原因でもあるので、

自分の脚力にあったものを選ぶようにしましょうね。

本当にシュノーケリング中に足がつると辛いですから。。。

必ず2人以上の仲間とシュノーケリングをしてくださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

シュノーケリング用マスクの選び方と注意点!ダイビング用とは違う!


スポンサードリンク