大度海岸は初心者から上級者まで大満足!シュノーケルでレッツゴー!

沖縄でシュノーケルやりたいんだけど、

綺麗な白い砂浜の人工ビーチに行っちゃってませんか?

魚を沢山見たかったら、

シュノーケルに適したビーチがあるんですよね。

那覇本島の南端の糸満市に大度海岸(大度浜海岸)があるんですが、

そこは初心者から上級者までシュノーケルが楽しめちゃうんです!

ルリスズメダイやシマハギ、

ムラサメモンガラなんかと会えちゃいますよ\(^o^)/

という事で今回は、

大度海岸(大度浜海岸)でシュノーケルして楽しむ方法についてお話します。

スポンサードリンク

大度海岸(大度浜海岸)でシュノーケルして楽しむ方法

大度海岸は、大度浜海岸とも言いますが、

初心者から上級者までシュノーケルを楽しめる天然ビーチです。

ジョン万次郎が上陸したビーチらしく、

「ジョンマンビーチ」とも呼ばれているようですよ。

まずは大度海岸(大度浜海岸)の全体像をお見せするので、

こちらを御覧くださいね。

浜から200m以内は遠浅の海なので初心者向きですね。

満潮時でも水深は1m~4mほどなので、

水中写真を撮ったり、

気楽にシュノーケル楽しむことができますよ。

干潮時には、初心者エリアには潮溜まりが出来て、

凄く浅いプールみたいになるんですよね。

そこではさすがに子供しかシュノーケルは出来ませんが、

シュノーケルしなくても充分に多くの魚を見ることができるんですよ♪

次は中級者・上級者のシュノーケルなんですが、

満潮時はどこからでも外海に出れますよ。

上図の青い点線のところがリーフの切れ目になっていて、

水路になっているので、

干潮時はこれを目印に外海に出るといいですよ。

外海は水深が15mくらいあるので、

一気に海の景色が変わるんですよ。

ただ慣れてないと怖いかもしれませんね。

外海は海底に岩柱が立っていてテーブルサンゴもあるので、

魚のすみかになっていて、

スキューバダイビングで潜っているような感覚になります。

「魚の群れがすごい!」ですね。

しかも周辺はアオウミガメ・アカウミガメの産卵場所なので、

運が良ければウミガメたちに会えるかもしれませんよ\(^o^)/

続きまして大度海岸(大度浜海岸)で、

シュノーケルする時の注意点をお話します。

大度海岸(大度浜海岸)でシュノーケルする時の注意点

「引き潮」の時は上図の青い点線の水路の所で、

沖に強い流れが発生することがあります。

「引き潮」とは、満潮から干潮になっている時ですね。

このような流れは沖に出る時は、

この流れを利用して楽々行けるんですが、

ビーチに戻る時は絶対に水路を逆戻りしてはいけません。

自分が流されてると感じたら、

ちょっと横に泳いでみましょうね。

流れを簡単に回避出来ますから(^^)

流れのない場所を見つけて、

ビーチに帰るようにしてくださいね。

それから、大度海岸(大度浜海岸)ではマリンブーツは必須です。

裸足だと足を切ってしまいますし、

歩く時かなり痛いので、

必ず持っていってくださいね。

また、大度海岸(大度浜海岸)にはシャワーがなく、

公衆トイレにはトイレットペーパーもありませんでしたよ。

ペットボトルに水を入れて何本か用意して、

ポケットティッシュなどを持っていくことをおすすめします。

最後に、大度海岸(大度浜海岸)は夏のシーズン中は移動式の売店がでますが、

普段は何もなくてコンビニも無いので、

ご飯や飲み物はどこかで買ってきたほうがいいですね。

続きまして大度海岸(大度浜海岸)のアクセスについてお話します。

スポンサードリンク

大度海岸(大度浜海岸)のアクセス

  • 住所:沖縄県糸満市大度243
  • 電話:098-840-3100(糸満市観光協会)
  • 駐車場:有(無料)
  • トイレ:有
  • シャワー:無
  • 売店:夏のシーズンのみ

大度海岸(大度浜海岸)は、那覇空港から車で約40分ほど。

国道331号線を南下して、米須交差点の先の標識を右折します。

さらっと看板が出てるだけなので、

私は初めて行った時は通り過ぎてしまいました(笑)

こんな感じで看板が出ていますので見落とさないようにしてくださいね。

(ちなみにこれは那覇市内から国道331号線を南下した時の写真です。)

まとめ

  • 大度海岸(大度浜海岸)は初心者から上級者までシュノーケルが楽しめる
  • 引き潮時、リーフの切れ目の水路では、沖への流れが発生するので横に泳いで回避しよう
  • 大度海岸(大度浜海岸)はシャワーがないので、ペットボトルの水を何本か用意しておこう

いかがでしたでしょうか?

大度海岸(大度浜海岸)ってシュノーケルに最高なんですよ♪

よく白い綺麗な砂浜のビーチに海水浴に行って、

シュノーケルをやろうって思いますよね?

沖縄本島だと白い綺麗な砂浜のビーチって人工ビーチが多くて、

基本的には魚がいないんですよ。

いてもボラくらいです。

なので綺麗なカラフルな魚を見たかったら、

サンゴや岩のあるビーチに来る必要があるんですね。

大度海岸(大度浜海岸)はアクセスもいいですし、

一度は行ってみる価値ありますよ♪

是非いってみてくださいね\(^o^)/

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


沖縄シュノーケリング特集はこちら

↓↓↓

沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク