宮城海岸のソフトコーラルはまるでお花畑!シュノーケルが最高!

ソフトコーラルのお花畑って見たことありますか?

沖縄県中頭郡北谷町にある宮城海岸(砂辺)では、

広範囲に広がるソフトコーラルと、

綺麗なカラフルなお魚を見ることができるんですよ。

シュノーケルを楽しむのにはとてもいいですね。

という事で今回は、

宮城海岸(砂辺)でシュノーケルして楽しむ方法からお話しますね。

スポンサードリンク

宮城海岸(砂辺)でシュノーケルして楽しむ方法

アメリカンビレッジの少し北側の砂辺地区に宮城海岸はあります。

宮城海岸(砂辺)はサーフィン、ダイビング、シュノーケルをして

遊ぶことができる地元でも人気なスポットなんですね。

私が以前足を運んだ時は、

サーファーが沢山いましたね~遊歩道に。

波がなかったので、サーファーはずっと海を眺めて待っていましたが、

私のようにシュノーケルを楽しむにはベストな環境でした\(^o^)/

つまり、宮城海岸(砂辺)は波がある時はサーフィンができて、

波がない時はダイビングやシュノーケルができる万能のポイントなんですよ。

海岸沿いには遊歩道があって、南国気分が味わえますし、

海に入るときも階段があるのでとても便利なんですよね。

海に入る階段が2つあって、

その階段の間にはソフトコーラルがお花畑のようにあって、

チョウチョウウオやスズメダイなどの綺麗なお魚を見ることができます。

初心者の方は2つの階段の間でシュノーケルするのがいいですよ。

また、中級者上級者は、50mくらい沖合に進むと、

水深5mほどの「ドロップオフ」があり、

そのあたりでお魚を沢山見ることができますよ。

「ドロップオフ」とは急に深くなる場所ですね。

初心者エリアと中級者上級者エリアが

ちょっと分かりづらいので、簡単にMAPを作成してみました。

上から海を見るってことがないので、

大体の感じで作成しましたがこんな感じですかね。

続きまして、

宮城海岸(砂辺)でシュノーケルする時の注意点についてお話します。

宮城海岸(砂辺)でシュノーケルする時の注意点

宮城海岸(砂辺)は先程もお話したとおり、

サーフポイントでもあります。

サーファーが沢山海に入っている時や、

海を見て明らかに波が高い時は、

シュノーケルするのはやめましょうね。

シュノーケルは穏やかな海でやるスポーツで、

波が大きい時にやると、

シュノーケルの先から水が入ってきて大量に飲むことになりますよ。

パニックになって溺れるので、絶対に無理はしないことですね。

それから、宮城海岸(砂辺)は潮の干満が大きいです。

どういうことかといいますと、

干潮時は潮が引いて歩ける場所でも、

満潮になると立つことさえできないほど深くなるんです。。。

と言うことは、干潮時に沖合で遊んでいて、

だんだん潮が満ちてきたら帰りは、

泳いで戻ってこなければならないのですよ。

初心者の方や泳ぎが苦手な方は、

潮の干満には充分にお気をつけてくださいね。

最後に、シュノーケルで遊んでいると、

ついつい1人で泳いでいってしまいがちですが、

水中で足がつったり溺れたりすることもあります。

必ず2人以上でシュノーケルするようにしてくださいね。

続きまして宮城海岸(砂辺)のアクセスについてお話します。

スポンサードリンク

宮城海岸(砂辺)のアクセス


  • 住所:沖縄県中頭郡北谷町砂辺
  • 電話:098-926-5678(北谷町観光協会)
  • 駐車場:有(無料)
  • トイレ:有
  • シャワー:有(付近に有料シャワー)
  • 売店:無(周辺にスーパー、レストラン有)

宮城海岸(砂辺)は那覇空港から車で40分ほど。

国道58号線を北上すると、

「嘉手納国道出張所まで0.4km」の看板が出てくるので、

その信号を左折します。

左折したらそのまま真っ直ぐ進めば宮城海岸(砂辺)に着きますよ。

カーナビをセットする時は、

「嘉手納国道出張所」か「愛育保育園」で検索するといいですね。

まとめ

  • 宮城海岸(砂辺)でシュノーケルするとソフトコーラルのお花畑が見れる
  • 宮城海岸(砂辺)はサーフポイントでもあるので、波が大きい時はシュノーケルは中止しよう
  • 宮城海岸(砂辺)は干満差が大きいので気をつけよう

いかがでしたでしょうか?

ソフトコーラルって柔らかいサンゴなんですが、

海の中で漂ってる感じは本当にお花畑のようなんですよ。

しかも宮城海岸(砂辺)はソフトコーラルが100mくらい

続いている珍しいポイントなんですよね。

海が穏やかな時を狙って是非行ってみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


沖縄シュノーケリング特集はこちら

↓↓↓

沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする