ヒジュイシビーチでシュノーケリング!渡嘉敷島でも穴場のスポット!

沖縄県のケラマの渡嘉敷島にある、

「ヒジュイシビーチ」をご存知の方!

あんまりいないかもしれませんね。。。

「シュノーケリング」が好きなら、

是非抑えておいて欲しいスポットなんですよ♪

それがなぜかをこれからお話していきますね。

それでは、「ヒジュイシビーチ」で、

「シュノーケリング」して楽しむ方法からお話します。

スポンサードリンク

ヒジュイシビーチでシュノーケリングして楽しむ方法

渡嘉敷島で有名なビーチといえば「阿波連ビーチ」や、

「トカシクビーチ」なんですが、

「シュノーケリング」目的だと「ヒジュイシビーチ」を勧められます。

「ヒジュイシビーチ」は遊泳禁止とはなっていますが、

中級者上級者なら「シュノーケリング」は可能ですね。

「ヒジュイシビーチ」は天然ビーチで、生きたサンゴが多く、

また種類の多さにも驚くほどの素晴らしいポイントなんですよ。

ちょっと場所が分かり辛いので、

「ヒジュイシビーチ」のMAPを作成しましたよ♪

ちょうど阿波連展望台の北側にあるビーチなんです。

「ヒジュイシビーチ」は岸から近いにも関わらず、

エダサンゴ、ハマサンゴ、テーブルサンゴなどを、

綺麗に見ることができます。

それからサンゴがあるのでもちろん、

カラフルな熱帯魚も沢山見ることが出来ますよ。

例えば、デバスズメダイ、サザナミフグ、

ヤマブキベラなどの可愛らしい熱帯魚が多いですね。

続きまして「ヒジュイシビーチ」で、

シュノーケリングする時の注意点についてお話します。

ヒジュイシビーチでシュノーケリングする時の注意点

「ヒジュイシビーチ」は地形を見ていただくと分かるんですが、

半島の脇にあるため流れが発生しやすいんですね。

上げ潮、下げ潮で潮の流れが変わるので、

理解してないと潮に流されてしまいます。

「上げ潮」とは満潮に向かって海水面が上がる時の潮で、

「下げ潮」とは干潮に向かって海水面が下がる時の潮ですね。

これらを意識しながら「シュノーケリング」をするので、

「ヒジュイシビーチ」は初心者には難しいんですよ。

それから干潮時はかなり浅くなるので、

「シュノーケリング」はやめた方がいいですね。

サンゴを踏みつけて海に入る訳にはいきませんので、

出直して満潮時に行くようにしましょう。

また、「ヒジュイシビーチ」は、

サンゴが多いので肌を露出していると、

切ってしまうことがあります。

夏場でもラッシュガードやラッシュトレンカ、

マリングローブやマリンシューズを着用して、

自信がなければライフジャケットもあった方がいいですよ。

完全自己責任のビーチなので、

対策はしっかりと行いましょうね!

スポンサードリンク

ヒジュイシビーチのアクセス

渡嘉敷島までの行き方はこちらをどうぞ!

>>>ダイビングだけじゃない!冬の沖縄【慶良間諸島の楽しみ方!】

「ヒジュイシビーチ」は渡嘉敷港から車で約15分ほどです。

渡嘉敷島で遊ぶ際は、

レンタカーやレンタルバイクがおすすめですよ。

それから渡嘉敷港から「阿波連ビーチ」までは、

本数は少ないですが路線バスもありますので、

利用するのもいいですね。

大人片道400円(子供は200円)です。

  • 住所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村阿波連
  • 電話:098-987-2321(渡嘉敷村役場)
  • 駐車場:有(無料)
  • トイレ:有 
  • シャワー:有
  • ロッカー:無
  • 売店:無

「ヒジュイシビーチ」はキャンプ場の駐車場、

トイレ、シャワーを利用することができます。

キャンプ場の駐車場に車を止めて、

青い点線の2ヶ所から海に向かうことが出来ますよ。

看板も何もないのでこのMAPを見ながら進んでくださいね。

まとめ

  • 「ヒジュイシビーチ」は中級者上級者向きのシュノーケリングスポット
  • 「ヒジュイシビーチ」のサンゴの多さは驚き
  • 「ヒジュイシビーチ」は潮が流れやすい

いかがでしたでしょうか?

「ヒジュイシビーチ」って言われても、

地元の方や相当な海好きしか知らないと思います。

私は海が大好きなので、

どこの海でも海中調査がてらに入ってしまうので、

知ってますが(笑)

「ヒジュイシビーチ」は、本当に綺麗な海なので

「シュノーケリング」に自信がなくても一見の価値はあります。

是非覗いてみてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


沖縄シュノーケリング特集はこちら

↓↓↓

沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク