トカシクビーチでシュノーケル!渡嘉敷島でウミガメ見たいならココ!

とにかく野生の「ウミガメ」が見たい!

とにかく野生の「ウミガメ」と泳ぎたい!

そんなあなたの為に、

「ウミガメ」と高確率で会える

シュノーケルポイントを教えちゃいますよ♪

ケラマ(慶良間諸島)の渡嘉敷島にある、

「トカシクビーチ(渡嘉志久ビーチ)」

は「ウミガメ」と会えるビーチなんですよ。

今回はそんな「トカシクビーチ」で

シュノーケルで「ウミガメ」を探す方法や、

「トカシクビーチ」の行き方などをお話していきます。

スポンサードリンク

トカシクビーチでシュノーケルでウミガメを探そう

渡嘉敷島にある「トカシクビーチ」は、

浅場で「ウミガメ」を見ることが出来る、

初心者さんに易しいシュノーケルポイントなんですよ。

真っ白い砂浜にコバルトブルーの海の綺麗さはもちろんの事、

湾になっているので水面が穏やかなのも、

シュノーケルに向いてるポイントなんですよね。

ビーチから200mほど沖まで出れば、

綺麗なサンゴや熱帯魚が見られ、

中級者や上級者も楽しむことが出来ますよ。

ちなみに私が「トカシクビーチ」に行った時は、

水中で海藻を食べてる「ウミガメ」や、

サンゴの横でお昼寝している「ウミガメ」を見ました。

まぁ~可愛かったですよ♪

水族館だと「ウミガメ」って泳ぎが下手くそじゃないですか?

水槽のフチに常にぶつかりながら泳いでる印象がありますが、

野生の「ウミガメ」って本当は泳ぎが上手なんですよ。

綺麗にターンもしますし、水面に息継ぎしに鼻を出しますし、

泳ぐと結構早くて優雅なんですよね。

ただ、「トカシクビーチ」の「ウミガメ」って、

気まぐれな奴らでして・・・

いつビーチにいるのかが分からないのですよ(笑)

なので泳ぐ前に、ビーチにいる人や、

「トカシクビーチ」近くのホテルの

「とかしくマリンビレッジ」で聞くといいですね。

地元の方とお話する機会があったので情報を頂きましたが、

遊泳エリアの境界ブイや、

境界ロープの下にいることが多いんですって!

あとは、浜から海を見るとシュノーケルしてる人が

多く集まってる場所があるので、

そこに向かっていけば「ウミガメ」と会えますよ♪

続きまして、

「トカシクビーチ」でシュノーケルする時の

注意点についてお話します。

トカシクビーチでシュノーケルする時の注意点

「トカシクビーチ」は、

砂浜や波打ち際にサンゴの欠片が沢山落ちているので、

マリンブーツはあった方がいいですね。

海の中にもあるので、サンゴの小さな破片が、

素足とフィンの間に挟まるといたいんですよ。

無理してフィンキックし続けると、

私みたいに血がでますよ(笑)

それから、「トカシクビーチ」のウミガメは、

野生のウミガメなので、

絶対に触ったり餌付けしたりはしないでくださいね。

ウミガメは非常にデリケートなので、

嫌な思いをすると二度と戻ってこなくなってしまいます。

一緒に写真を撮りたい気持ちは分かりますが、

適度な距離を保って、

空気を読んであげてくださいね。

そして、「トカシクビーチ」でウミガメを探してると、

あっという間に時間がたってしまうんですね。

これは私のひやっとした話ですが、

那覇に戻る帰りの船に危なく乗り遅れるところでした。

那覇に戻る高速船やフェリーの時間をしっかりと確認するのと、

安いものでもかまわないので防水の腕時計をしておきましょうね。

続きまして、

「トカシクビーチ」のアクセスについてお話します。

スポンサードリンク

トカシクビーチのアクセス

まず、那覇から渡嘉敷島への行き方は、

こちらのブログを御覧くださいね。

>>>ダイビングだけじゃない!冬の沖縄【慶良間諸島の楽しみ方!】

「トカシクビーチ」は渡嘉敷港から車で約10分ほど。

島での移動はレンタルバイクがおすすめですよ♪

大人数ならレンタカーの方が安いですね。

それから本数は少ないですが、

島内巡回バスもあるので自動車免許をもっていなくても、

「トカシクビーチ」に行けますよ。


  • 住所:沖縄県島尻郡渡嘉敷村渡嘉敷
  • 電話:098-987-2321(渡嘉敷村役場)
  • 駐車場:有(無料)
  • トイレ:付近に有 
  • シャワー:付近に有(有料500円)
  • ロッカー:付近に有
  • 売店:付近に有

「トカシクビーチ」で「ウミガメ」を見たいなら、

「とかしくマリンビレッジ」というホテルの

施設を借りるのがいいですよ。

宿泊客でないとシャワーが500円かかりますが、

ロッカーもトイレも売店もありますから便利です。

くれぐれも、ビーチやレンタカーの中に

お金の入ったバッグを置かないことですね。

盗難には充分にお気をつけください。

まとめ

  • 渡嘉敷島でウミガメに会いたかったら「トカシクビーチ」
  • 「ウミガメ」に会いたかったらビーチで人に聞くのが一番
  • 「ウミガメ」に触ったり餌付けをしたりしない

いかがでしたでしょうか?

「トカシクビーチ」魅力的ですよね。

ウミガメと泳ぎたかったら、

「トカシクビーチ」です!

ビーチ付近はほとんど魚もサンゴもないですが、

「ウミガメ」が見れるってのはポイントが高いんですよ。

「トカシクビーチ」でも沖に200mほど泳げば、

サンゴや熱帯魚は見れますので、

泳ぎに自信があったら沖にも挑戦してみてくださいね。

ちょっと流れもあるので、

「マリンベスト」はあった方がいいですよ♪

>>>現在のマリンベストの最安値をチェック!【楽天】

くれぐれも安全に楽しんでくださいね!

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


沖縄シュノーケリング特集はこちら

↓↓↓

沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク