古座間味ビーチでシュノーケル!座間味島でサクッと気軽に!

シュノーケル好きなあなたなら、

「古座間味ビーチ(ふるざまみビーチ)」はご存知ですよね?

もし知らなかったら、

だまされたと思って行ってみてくださいね。

「古座間味ビーチ」はビーチの綺麗さ、透明度の高さが、

ハンパないんですよ♪

「シュノーケル」でサクッと泳ぐだけでも、

熱帯魚が多いのであなたも1発で大好きになりますよ♪

それでは、

「古座間味ビーチ」で、

シュノーケルを楽しむ方法についてお話しますね。

スポンサードリンク

古座間味ビーチでシュノーケルを楽しむ方法

「古座間味ビーチ(ふるざまみビーチ)」は、

海水浴もシュノーケルも楽しめる万能なビーチで、

多くのサンゴ礁や熱帯魚を見れる貴重なポイントなんですよ♪

砂浜の白さ、エメラルドブルーとコバルトブルーの素晴らしさ、

景色の綺麗さ、どれをとっても世界に誇れる天然ビーチなんです。

透明度が高くて、天気がいいと海の中の景色はもう最高!

潮の流れもほとんどないので、

「古座間味ビーチ」は、

初心者におすすめのシュノーケルポイントなんです。

「古座間味ビーチ」は正面が海水浴メインですが、

ビーチの左右にサンゴの根があって

シュノーケルを楽しむことができますよ。

海に入ると「コバンアジ」、「ハマクマノミ」、

「カクレクマノミ」、「モンガラカワハギ」、

「スズメダイ」などの熱帯魚を見ることができます。

正直、日帰りにはもったいないシュノーケルポイントですね。

しかも、夏場はビーチでライフジャケット、

シュノーケルセットをレンタルできるので、

手ぶらで行けるのもいいんですよ。

もちろん、夏場は監視台もありライフセーバーもいるので、

安心して「古座間味ビーチ」を満喫することができます。

そんな素晴らしいシュノーケルポイントの

「古座間味ビーチ」ですが、

注意しなければいけないこともあるんですよ。

それでは続きまして、

「古座間味ビーチ」でシュノーケルする時の注意点をお話します。

古座間味ビーチでシュノーケルする時の注意点

「古座間味ビーチ」でのシュノーケルって、

すっごく楽しいので何度でも海に入りたくなるんですね。

ここで注意しなければいけないのが「日焼け」!

これは、「海あるある」なんですが、

海に出たり入ったりを繰り返すと、

ついつい日焼け止めが落ちている事を忘れます。

そうするとどうなるか?

シュノーケルが終わって帰る頃には、

顔、首の後ろ、ふくらはぎが、

まるで火傷したかのように痛くなるんですよ。

「古座間味ビーチ」の日差しって半端ないので、

パラソルやビーチチェアをレンタルして、

日焼け止めはこまめに塗るようにしてくださいね。

もちろん、帽子、サングラスもお忘れなく!

それから、「古座間味ビーチ」は「遠浅」ではなく、

いきなり2~4mくらいになりますので、

ちょっとビックリするかもしれません。

ただシュノーケルで2~4mくらいなら、

初心者でも怖がらずに楽しめる深さなので、

「遠浅でない」事を頭の片隅に入れておくといいですね。

続きまして、

「古座間味ビーチ」のアクセスについてお話します。

スポンサードリンク

古座間味ビーチのアクセス

「古座間味ビーチ」へ行くにはまず、

那覇から高速船かフェリーで座間味島に行く必要があります。

座間味島への行き方はこちらをご覧くださいね。

>>>ダイビングだけじゃない!冬の沖縄【慶良間諸島の楽しみ方!】

こちらのブログは冬に座間味島に行く方法として書いてますが、

メインシーズンは高速船やフェリーの数が増えるので、

もう少し色んなタイムスケジュールが組めますよ♪

那覇市の「泊港」を出港して「座間味港」についたら、

「古座間味ビーチ」へは徒歩で20分、

車で5分ほどで到着します。

結構上り下りが激しいので、正直徒歩だとキツイですよ。

私ならレンタルバイクを借りますが、

片道300円でバスも出ています。

大人数ならレンタカーや、

村に1台のマギータクシー(630円)がいいですよ!

かしこく交通手段を選択してくださいね\(^o^)/



  • 住所:沖縄県島尻郡座間味村座間味
  • 電話:098-987-2277(座間味村観光案内所)
  • 駐車場:有(無料)
  • トイレ:有 
  • シャワー:有(有料300円)
  • ロッカー:有
  • 売店:有(4月下旬~10月)

まとめ

  • 古座間味ビーチのシュノーケルポイントはビーチの右奥と左奥
  • 古座間味ビーチでは海にあがる度に日焼け止めを塗ったほうがいい
  • 古座間味ビーチは遠浅ではない

いかがでしたでしょうか?

日本が世界に誇れる「古座間味ビーチ」で、

シュノーケルをしたら、

あなたももっと海が好きになるはずですよ♪

近代的な那覇と比べると、

座間味島には多くの自然があります。

私はシュノーケルで海の中を見て、

レンタルバイクで風を感じながら、

島をツーリングするのが大好きですね♪

ぜひ「古座間味ビーチ」は行ってみてください。

必ずまた行きたくなるビーチですから♪

最後までお読み頂きましてありがとうございました。


沖縄シュノーケリング特集はこちら

↓↓↓

沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする