ヒズシビーチの夕日は必見!シュノーケルの楽しみ方in阿嘉島!

阿嘉島(あかしま)といえば「ニシハマビーチ」が有名ですが、

穴場の「ヒズシビーチ」も、

素晴らしいシュノーケルポイントなんですよ!

阿嘉島でも西側のビーチなので、

夕日がヤバイっす♪

本当にヤバイっす(笑)

必ず見てから帰ってくださいね。

ということで今回は、

ケラマ(慶良間諸島)の阿嘉島にある、

「ヒズシビーチ」についてお話します。

まずは、阿嘉島の行き方、

ヒズシビーチの行き方から御覧ください。

スポンサードリンク

阿嘉島のヒズシビーチの行き方

「ヒズシビーチ」に行きたかったら、

まずは阿嘉島に行かなければなりません。

阿嘉島に行くには、那覇市にある泊港から

フェリーか高速船で阿嘉島に向かう必要があるんですよ。

私の別ブログで那覇市の泊港の説明と、

阿嘉島への行き方を説明しているので

こちらを御覧くださいね。

>>>ダイビングだけじゃない!冬の沖縄【慶良間諸島の楽しみ方!】

こちらで紹介している阿嘉島の行き方は、

シーズンオフのもので往復フェリーで紹介しています。

船は安いフェリーと高いけど早い高速船がありますが、

季節によって便の本数が変わってくるので、

座間味村公式サイトで確認してみてくださいね!

座間味村公式サイトは、

その日の運行予定や空席状況の確認ができるので、

とても便利なんですよ♪

>>>座間味村公式サイト

それから、ゴールデンウィークや夏休みなどは、

フェリーや高速船のチケットが予約でいっぱいになりますので、

2ヶ月前に予約を取ることをおすすめします。

電話で簡単に予約ができるので、

予定が決まったらすぐに予約しちゃいましょう!

↓↓↓

座間味村那覇出張所:098-868-4567

さぁ、無事に阿嘉島にたどり着いたとして、

話を続けていきますね。

阿嘉島までたどり着ければ、

「ヒズシビーチ」は徒歩で10分ほど。

港から西に向かって集落をぬければすぐ着きますよ♪

続きまして、

「ヒズシビーチ」の場所と施設情報についてお話します。

ヒズシビーチの場所と施設情報

  • 住所:沖縄県島尻郡座間味村阿嘉
  • 電話:098-987-2277(座間味村観光案内所)
  • 駐車場:無
  • トイレ:無 
  • シャワー:無
  • ロッカー:無
  • 売店:無

「ヒズシビーチ」は天然ビーチで1年中海に入れますが、

トイレやシャワーがありません。

なので人も少なく穴場のビーチなんですが、

私が「ヒズシビーチ」に行くときは、

ペットボトルに水を入れて何本か持って行きます

ただ、ペットボトルの水をうまく使わないと、

すぐになくなってしまうので、

私はこのようなシャワーヘッドを一緒に持っていきますよ。

>>>コンパル リサイクル 携帯 シャワくん 1個入

これがあれば500mlのペットボトルでも、

サラッと海水を落とす事はできますが、

シャワーヘッドがないなら2Lないとキツイですね。

155円なので安くていいんですが、

送料を考えると何かを買うついでに買ったほうがいいです♪

続きまして、

「ヒズシビーチ」のシュノーケルの楽しみ方についてお話します。

スポンサードリンク

ヒズシビーチのシュノーケルの楽しみ方

「ヒズシビーチ」は狭いビーチなので、

どこから海に入ってもシュノーケルを楽しむことが出来ます。

水深も1~3mほどで小さな湾になっているので、

初心者でも安全にシュノーケルができるんですよ。

浅瀬にはこぶりのテーブルサンゴがあって、

サンゴに隠れるように沢山の熱帯魚を見ることができます。

すてきな青色の「スズメダイ」や、

カラフルな「ヤマブキベラ」、

それからぶっさいくな「ブダイ」なんかが見れますよ♪

シュノーケルに慣れてるのなら、

湾から出て少し沖に移動してみましょう。

沖に移動すると水深6~8mほどで、

大きなテーブルサンゴがあって、

そこに熱帯魚が住みついているんですよ。

「ヒズシビーチ」の熱帯魚は、

餌付けされたビーチのように寄ってはきませんので、

自然界の魚そのものの動きをします。

なので、あまり近づくとすぐ逃げていきますし、

フィンキックをバチャバチャやっても逃げてしまいます。

そーっと観察するようにしてくださいね。

それから、「ヒズシビーチ」は西向きのビーチなので、

夕日がすごく綺麗にみれるんですね!

「ヒズシビーチ」の夕日は絶対に見たほうがいいですよ。

シュノーケルで疲れた体を癒やしてくれますから♪

続きまして、

「ヒズシビーチ」でシュノーケルする時の注意点をお話します。

ヒズシビーチでシュノーケルする時の注意点

「ヒズシビーチ」の注意点は、

下げ潮時に沖で左右の流れが発生することですね。

どういうことかと言いますと、

海が浅くなるに連れて、

沖の方ではビーチに対して平行な流れが発生するんです。

ただ簡単に回避できる方法も教えますので、

ご安心くださいね。

ちょっと図があった方が分かりやすいので、

こちらを御覧ください。

例えば、沖でシュノーケルをしていて、

下げ潮時にこのように北側の流れが発生したとします。

こんな時は、流れに対して直角にビーチ方向に少し泳いでみてください。

簡単に流れから抜け出すことができますよ。

流れのない場所まで少し泳ぐだけで、

引き続きシュノーケルを楽しむことができるんです。

これって南側に流れが発生したとしても、

考え方は基本的には一緒ですので、

是非覚えておいてくださいね。

それから、「ヒズシビーチ」は、

パラソルのレンタルがありませんので

日焼け対策は万全にしてくださいね。

「ヒズシビーチ」の日差しはかなりヤバイですから、

帽子、サングラス、日焼け止めは必須ですよ。

夏場はしっかりとラッシュガードを着てくださいね。

裸は絶対にNGですよ。

大やけどしますからね。

まとめ

  • 「ヒズシビーチ」は絶好の夕日ポイント
  • 「ヒズシビーチ」ではぶっさいくな「ブダイ」を探してみよう
  • 「ヒズシビーチ」で沖に流れが発生したら流れに対して直角にビーチ方向に泳ぐこと

いかがでしたでしょうか?

阿嘉島って多くの人が、

メインビーチである「ニシハマビーチ」に行くんですね。

確かに、トイレ、シャワー、売店があるので

利便性を考えるといいのですが、

「ヒズシビーチ」も負けていませんよ。

しかも年中すいてますからね。

ペットボトルにつけれるシャワーヘッドさえあれば、

私のようにビーチではない海でも、

シュノーケルできるので1つあるとめっちゃ便利ですよ。

楽しく安全な旅にしてくださいね。

最後までお読み頂きましてありがとうございます。

他のシュノーケルポイントも沢山あるので、

よかったら引き続き読んでみてくださいね!


沖縄シュノーケリング特集はこちら

↓↓↓

沖縄シュノーケリング特集


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする