吉野海岸シュノーケルの楽しみ方!レンタルや駐車場情報まとめ!

宮古島でシュノーケルを思いっきり楽しみたい!

サンゴや綺麗な魚が沢山見たかったら

ここしかありませんね!

それが吉野海岸なんです!

わたしがはじめて宮古島に旅行に行った時に

真っ先に向かったのが

宮古島の海の宝石箱である吉野海岸♪

吉野海岸でのシュノーケルで

わたしは感動して鳥肌が凄かったですね!

魚が多すぎてめちゃめちゃ楽しかったですよ!

という事で今回は

吉野海岸でシュノーケルを楽しむ方法や注意点、

レンタル品や駐車場情報、

アクセス方法などをお話ししていきますね。

スポンサードリンク

吉野海岸でシュノーケルを楽しむ方法

吉野海岸でシュノーケルを楽しむ方法ですが、

とにかく多くの魚やサンゴに注目してみてくださいね!

吉野海岸は水深が0.5~2mほどなので

初心者向きのシュノーケルポイントなんですよ。

サンゴや魚がめちゃくちゃ多いので

水面に顔をつけた瞬間からめっちゃ楽しいです^^

吉野海岸はサンゴ天国で

綺麗なエダサンゴや丸いハマサンゴなど、

多くのサンゴを見ることができます。

それだけでもかなり綺麗なのですが、

そのサンゴ礁をすみかとする、

カラフルなお魚がいっぱいいることで

海の中が竜宮城のようなのです!

青がきれいなルリスズメダイや

黄色と黒が素敵なチョウチョウウオ、

ニモとはちょっと違うハマクマノミと会えるのですよ。

その他にもベラ、ハギ、アイゴなどもいて

海の中がカラフル過ぎてたくさんの魚がいるので

その光景には圧倒されますよ。

それから吉野海岸で

シュノーケルをやる時の時間ですが

満潮から干潮になる時間帯を狙ってくださいね!

吉野海岸でシュノーケルを楽しむ時間について

満潮と干潮の時間は

毎日変わるのはご存知ですか?

吉野海岸の干潮時って

泳げなくなるほどかなり浅くなるんですよ。

なので吉野海岸でシュノーケルする時は

ネットで「宮古島 満潮 干潮」と検索して

時間をしっかりと確認してくださいね。

例えば満潮時間が7時で干潮時間が13時だったら

7~12時くらいが

シュノーケルを楽しめる時間になります。

吉野海岸はサンゴ礁が多いがゆえに

シュノーケルでは

気をつけなければならないことが3点あります。

つづいて紹介していきますね。

吉野海岸のシュノーケルで気をつけなければならない3点

吉野海岸のシュノーケルで

気をつけなければならない事が↓

  • フィンキックでサンゴを折らないこと
  • サンゴの上に立たないこと
  • 必ずラッシュガードやラッシュトレンカを着用すること

吉野海岸には沢山のサンゴがあるので、

あまり思いっきりフィンキックしてしまうと、

フィンの先がサンゴを折ってしまいます。

さらに下にサンゴがあるのを確認しないで

そのまま立ってしまうと

これまたサンゴを折ってしまうことになるのですね。

サンゴは折れて死んでしまうと

復活するまでに何十年とかかってしまうので

特にお子様は注意してくださいね。

先ほど少しお話ししましたが、

吉野海岸は干潮時にはとくに注意が必要になります。

干潮時間になるとサンゴの頭が

水面から顔を出すくらい浅くなるので

あまりにも浅くなったら撤退するようにしましょうね。

わたしも体験しましたが、

干潮時間はシュノーケリングでフィンキックが

できない状況になります。

もしそうなってしまったら、

フィンキックをせずに手で優しく水をかいて、

サンゴがない場所にゆっくり移動しましょうね。

足元を見てサンゴがないのを確認したら

一度立って浜の方向を見てください。

泳いで帰れそうなルートがみつかったら、

サンゴに気をつけながら泳いで

海から上がるようにしましょうね。

吉野海岸の干潮時は怪我に注意!

吉野海岸の干潮時はサンゴが

体のすれすれをかすめていく感じなので、

ラッシュガード(上)やラッシュトレンカ(下)を着用して

皮膚を切らないようにしてくださいね。

できれば薄いウエットスーツがいいですが、

高いのでラッシュガードで充分です。

1度購入すれば何年も使えますし、

最近はお洒落なものがたくさんありますし

日焼け予防にもなるんですよ。

ちなみに吉野海岸は餌付けが禁止いるのに

餌付けする人がいるので魚が餌くれアピールして

皮膚を噛んでくるんですね。

それにもラッシュガードやラッシュトレンカは

とても有効なんですよ^^

>>>現在のラッシュガード・ラッシュトレンカを人気の高い順にチェック!【楽天】

それからマリングローブや

マリンシューズもあるととても重宝しますよ。

海での切り傷はなかなか治りにくいので

充分に気をつけて

シュノーケルするようにしてくださいね。

続きまして吉野海岸の駐車場と施設情報をお話しします。

スポンサードリンク

吉野海岸の駐車場と施設情報

吉野海岸はビーチの近くまで

一般車で入っていくことはできません。

なので吉野海岸から少し離れた

専用駐車場に車を駐車して

そこから送迎バスでビーチに向かうんですよ↓

吉野海岸の駐車場は1日500円、

50台ほど止めることができます。

駐車場代として1日500円はかかりますが、

施設使用料のようなものですね。

トイレやシャワーや更衣室があり、

無料で使用することができますよ↓

ここの駐車場には

「パーラー吉野」という売店もあるので

夏場は食事をすることもできるんですよ。

ここで食べるかき氷が普通なんですけど

なんか美味しいんですよね!

吉野海岸の施設情報

駐車場 有り 500円
シャワー 有り 無料
更衣室 有り 無料
トイレ 有り
売店 有り(夏場のみ)
自動販売機 有り

ここの駐車場にはレンタルショップがあり、

レンタル品を借りることができます。

吉野海岸のレンタル品について

吉野海岸のレンタル品の価格はこちら↓

マスク      500円
フィン      500円
シュノーケル   500円
ライフジャケット 500円
マリンシューズ  500円
ウエットスーツ  1000円
パラソル     1000円
水中カメラ    2000円

吉野海岸のレンタル品の金額は

とても良心的な金額です。

ただシュノーケルをする時は、

できれば自分のシュノーケルセットを

用意したほうがいいですよ。

シュノーケルセットとは、

マスク、フィン、

シュノーケルの3点セットの事です。

なぜかといいますと、

シュノーケルセットは購入しても

そんなに高くないからなんです。

それから自分のシュノーケルセットを使っていると

どんどん自分になじんでくるからですね。

ただ購入する際はマスクやフィンは試着が必須なので、

シュノーケルセットはネットで買うのではなく

スポーツ用品店で試着をして買うようにしてくださいね。

スポーツ用品店でシュノーケルセットを買うと

2000~4000円でありますから。

1年に3回シュノーケルすれば

元は取れちゃうのでおすすめですよ♪

続きまして吉野海岸のアクセスについてお話しします。

吉野海岸のアクセス

吉野海岸までは、宮古空港からも

宮古島市役所から車で約30~40分

宮古島の東側を走る道路である県道83号には

吉野海岸の看板が出ているのでとてもわかり易いんですよ。

県道83号線は畑ばかりなので

話に夢中になりながら運転していると

通り過ぎてしまうこともあります。

この吉野海岸の看板を

見落とさないようにしてくださいね!

まとめ

  • 吉野海岸でのシュノーケルはめっちゃ楽しい!
  • 吉野海岸の駐車場は1日500円で約50台駐車可能
  • 吉野海岸のレンタル品は良心的な金額

吉野海岸のシュノーケルの楽しみ方は

理解できましたでしょうか?

吉野海岸は夏のメインシーズンは大混雑するので

人の顔をフィンキックしないように

気をつけるようにしましょうね!

それからビーチには

違法営業しているショップもあるので

くれぐれもご注意ください。

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

吉野海岸と新城海岸はどっちがいい?メリットデメリットを解説!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする