バンドウイルカとカマイルカの違いや見分け方は?特徴や寿命も!

水族館に行くと様々な魚が見られるのはもちろん、イルカショーを見ることも出来ますよね!イルカが高くジャンプしたり、トレーナーの方の掛け声によって色んな動きをしたりするのが見ていてとても楽しいです。

ところで、イルカにも色々な種類がいるのをご存知ですか?今回は、バンドウイルカとカマイルカについてご紹介していきます!

スポンサードリンク

バンドウイルカの特徴や寿命

バンドウイルカは25か所以上の水族館で飼育されていて、日本で最もよく知られているイルカの種類なんですよ! 世界的に見ても、とても人気のあるイルカなんです。

その理由としてあげられるのが生息地の広さです。北極や南極を除き、世界中の海で幅広く生息しているんですよ。

身体の大きさは体調が約3m、体重が200~300kgとイルカの中でも大型の種類になります。

身体の色は基本的に灰色をしていて、生息地などによって色の濃さや色味が少しずつ違っているんですよ。特に背中は濃い灰色をしていて、お腹の部分にいくにつれて白っぽい色になってきます。

また、バンドウイルカは群れで生活していて、2~10頭ほどのポッドと呼ばれるグループを形成しているんですよ。なので、1頭見つけると、その付近に数頭いることがほとんどなんです!

普段、バンドウイルカは水深が1mほどの浅瀬を泳いでいることが多いと言われています。だから遭遇率も高いんですね!

バンドウイルカは、普段イワシ等の魚類やイカ等の軟体動物を食べているんですよ。イルカショーなどでも、芸を出来たご褒美として魚をあげている様子が見られますよね。他にも、カニ等の甲殻類まで食べちゃうんです!

水族館で20年近く生きると言われているバンドウイルカ。実は野生のバンドウイルカの寿命はメスで40年オスで30年ほど。水族館では狭い中での生活となり、更に芸を教えられているのでストレスもあるのでしょうか。

ただ水族館によっては野生と同じくらい生きるとも言われており、寿命に関しては実際のところよく分からないのが現状のようです。

続きましてカマイルカについてお話しますね!

スポンサードリンク

カマイルカの特徴や寿命

カマイルカも比較的よく知られているイルカの一種ですよ!生息地は太平洋の大陸棚周囲とされていて、日本の海域でも見ることができます。

身体の大きさは、体調が2m~2.5m、体重が150~200kgと言われています。大型のバンドウイルカに比べると一回り小さなイルカであることがわかりますね!身体が小さい分、とても活発に動き回るのも特徴カマイルカの特徴なんですよ。

カマイルカは身体の色が独特で、白、黒、灰色の三色から成っているんですよ!口や背中、ひれが黒色をしていて、顎やお腹は白色をしているんです。その他の部分は薄い灰色をしていて、とても可愛らしい見た目なんですよ!

見た目の特徴としてカマイルカの背びれは鎌状をしているんです。だからカマイルカって名前になったんですね!

カマイルカも群れで生活をしていて、なんと90頭以上のイルカが一緒に行動しているんです!驚きですよね。多い時には、2000頭以上の群れになるんだとか!

また、カマイルカは基本的に海岸から離れた深い海で生活をしているんです。なので、バンドウイルカに比べると遭遇率は低くなっています。

エサはバンドウイルカと同じくイワシ等の魚類やイカ等の軟体動物がメインとなっています。

寿命は飼育下で20年前後と言われています。カマイルカの寿命もバンドウイルカと同じで野生では40年ほどらしい。やっぱり飼育下だとストレスが大きい事が分かりますよね。海に比べるとめちゃくちゃ狭いですからね。。。

ただカマイルカの寿命に関しても諸説あり、どの情報が正しいのかは分かっていないようです。

そんな水族館でわれわれを楽しませてくれているカマイルカやバンドウイルカですが、違いや見分け方はご存知ですか?なんとなくで理解していたらこれを期にしっかりと区別できるようになりましょう♪

スポンサードリンク

バンドウイルカとカマイルカの違いと見分け方

バンドウイルカとカマイルカの最も大きな違いは、身体の色となっています。

バンドウイルカが全体的に灰色をしているのに対し、カマイルカは白、黒、灰色の三色から成っているんですよ!なので、色の特徴を覚えておけばバンドウイルカとカマイルカを見分けることができるんです!

カマイルカの身体の色が分かりやすい画像↓

他にも、見た目の違いとして身体の大きさをあげることができます。カマイルカに比べて、バンドウイルカの方が一回り大きな身体をしています。カマイルカは小さい分、とても活発的に動き回るんですよ!ジャンプなどもとても得意です。

カマイルカとバンドウイルカのジャンプ力の違いが分かりやすい画像↓

それからバンドウイルカとカマイルカは生息地も異なっていて、カマイルカが太平洋付近でしか見られないのに対し、バンドウイルカは北極、南極を除く世界中の海で見ることが出来るんです。

普段生活している場所も異なり、バンドウイルカは水深1m程の浅い海、カマイルカは海岸から離れた深い海となっています。

バンドウイルカとカマイルカの違いがわかってくるととても面白いですよね。違いをしっかりと理解すると水族館で見た時に簡単に区別がつくようになりますよ♪

さいごにわたしの大好きな動画をどうぞ!

まとめ

いかがだったでしょうか。

バンドウイルカとカマイルカでは、身体の色や大きさ、生息地など異なる点がいくつもあり、それらを覚えることで簡単に見分けられることがわかりました。

特に身体の色は大きな違いとなっていて、バンドウイルカは全体的に灰色、カマイルカは白、黒、灰色の三色から成っているということがわかりましたね。

それぞれの特徴を覚え、是非実際にイルカを見に行って違いを確認して下さいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


ウミガメの違いを知りたかったらこちらをクリック!

↓↓↓

>>>アオウミガメとアカウミガメの違い!タイマイも一緒に理解しよう!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする