ゴジラザメの正体のヨロイザメとはどんな生物?食べると美味いのか?

東京湾に生息する珍しい深海生物のゴジラザメ!

深海生物って普通は暗闇で生活してるので、
目が退化していて無かったり小さかったりするのですが、
ゴジラザメの目は大きい!

その大きな目と皮膚感がゴジラにそっくりなので、
ゴジラザメと言われています。

今回はゴジラザメをテーマにお話ししていきますね!

スポンサードリンク

ゴジラザメの大きさを画像で見てみよう!

こちらがゴジラザメの画像なのですが、
結構な大きさですよね!

このゴジラザメの大きさはおそらく1.2~1.4mほど。

大きな目とゴジラのような
ザラザラした皮膚の感じがよく分かる画像ですよね!

わたしは静岡県にある沼津港深海水族館で何度か見ていますが、
他のサメと比べてゴジラザメはキュン♪ってしてしまいますw

ちょっと可愛いんですよね^^

実際のゴジラと比較すると↓

ゴジラザメがゴジラに似ているのが分かりますかね?

ゴジラザメがもう少しまぶたを下げてる時が、
本当はめちゃくちゃ似てるんですよね。

折角なので
ゴジラザメが普通のサメと違う所も見てみましょう!

ホオジロザメサメと比較すると違いが明らかですね↓

ホオジロザメとゴジラザメを比較するとわかると思いますが、
見た感じが戦闘機とゼロ戦なんですよね^^

ホオジロザメが平成だったらゴジラザメは
昭和・・・大正・・・明治・・・そんな感じですw

ただゴジラザメ、ゴジラザメって言ってますが、
実は本当の名前じゃないんですよ~。

ゴジラザメの正体はヨロイザメ!

ゴジラザメは正式名称はヨロイザメ。

水深200~600mの海底で生活していて、
大きさは1~1.4mほど。

そんなに大きなサメではないんですよね。

群れを作らない肉食魚で、
魚や甲殻類、クラゲなどを食べています。

ただ肉食魚だけあって口を開けると、
とんでもない歯が出てくるんですよ。

上の歯と下の歯で合計で40本近く
鋭い歯がありますからね!

ゴジラザメの生息域は日本やオーストラリア、
ニュージーランド、ハワイ、ジャワ島などの暖かい地域で、
地中海やアフリカでも発見されています。

通常ゴジラザメは生息域が深海なので、
人に会うことが無いため人間に危害を加える事はないですが、
万が一釣り上げてしまった時は鋭い歯に注意しなくてはなりません。

こんな見た目がゴジラのヨロイザメですが、
なんと食べることができるんですよ~。

スポンサードリンク

ゴジラザメって食べると美味いの?

ゴジラザメは皮膚はゴジラのように硬いのですが、
見は柔らかくて綺麗な白身の魚なんです。

実際にお寿司屋さんで
ゴジラザメの握りを出している所もあるんですよ!

それからよこすかカレーフェスティバルでも、
ゴジラザメをフリットにしたカレーがありましたが、
かなり評判が良かったんです^^

このイベントわたしは急用で参加できませんでしたが、
友人が実際に食べて美味しいと言ってました。

普通の白身魚よりも甘くて
ホクホクしてて美味しかったんですって!

わたしもゴジラザメを食べる機会があったら、
食べてみたいです!

それから深海魚ってとても魅力いっぱいの生物が多いので
こういった本を読むとすごく楽しめますよ♪↓

>>>深海魚 暗黒街のモンスターたち [ 尼岡邦夫 ]

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ゴジラザメと聞くとゴジラのように
危険かなって感じると思いますが、
見た目だけの問題でとても可愛いんですよ♪

しかし深海に住んでいるくせに
あんなに大きな目をして見えてるんでしょうかね。

退化せずに残っているあの目がとても魅力的です。

もしゴジラザメに興味があったら、
静岡県の沼津港深海魚水族館にぜひいってみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

>>>ラブカの言い伝えを徹底調査!捕獲されるのは地震の前兆なのか!?

>>>アマゾンマナティがいる水族館はここだ!ジュゴンとの違いは?


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする