池の水をぜんぶ抜く!過去登場の外来種と在来種をまとめてみた!

あなたは「池の水をぜんぶ抜く」という

テレビ番組をご存知ですか?

ロンブーの田村淳さんとココリコ田中直樹さんが

テレビ東京でやっている番組なのですが、

めちゃくちゃ面白いんですよ!

私自身が小さい頃は池や沼で、

水中生物を捕まえて遊んでいたので、

見てるだけでワクワクするんですよね♪

なんなんでしょうね~、

徳川埋蔵金みたいなお宝発掘のような

ドキドキ感があるのですよ♪

2017年6月25日放送分は、

千葉県習志野市の森林公園の

「池の水をぜんぶ抜く」のですが、

果たしてどんな水中生物がみられるのでしょうか?

おそらく過去に登場した外来種や在来種が

メインになりそうですので、

今回は過去に登場した外来種と

在来種についておさらいしましょう。

スポンサードリンク

池の水をぜんぶ抜く!過去に登場の外来種

「池の水をぜんぶ抜く」のみどころは

なんといっても外来種の水中生物。

いままでの「池の水をぜんぶ抜く」に

登場した外来種は以下の通りです↓

アフリカツメガエル
アリゲーターガー(危険)
ミシシッピアカミミガメ

ウシガエル
タナゴ
カダヤシ
ライギョ(危険)
カミツキガメ(危険)
ジャンボタニシ
ブラックバス
アメリカザリガニ
クサガメ

この中でも鯉、ウシガエル、

タナゴ、クサガメは在来種だと思っていたら

外来種だったんですよね。

外来種のほとんどが

食用として増やそうとしたものや

ペットとして飼えなくなって

池や沼に放されたものなんですよ。

中には危険な生物もいるので、

外来種を画像で順番に紹介しますね!

アフリカツメガエル

出典:http://www.pz-garden.stardust31.com/hacyuurui/kaeru/pipa-ka/africa-tumegaeru.html

アフリカツメガエルの大きさは

5~13cmなので結構大きいカエルなんですよ。

体の表面に微弱な毒を持っているので

注意が必要です。

触ると蕁麻疹がでる場合がありますので

さわらないようにしてくださいね。

アリゲーターガー

出典:http://swmcoms.com/ga-paiku-1628

出典:http://www.monstersproshop.com/osaka-alligator-gar/

アリゲーターガーはワニと魚の間の子なので

鋭い牙があって危険といえば危険ですが、

人を食べたりはしないのですよ。

実際にアリゲーターガーを釣り上げて

抱きかかえて写真を取っている人が

何人もいますからね。

アリゲーターガーは体長が2m以上あり、

迫力はありますが、牙に注意さえすれば

そこまで凶暴な生物ではないのです。

ミシシッピアカミミガメ

出典:http://matsumaroom.na.coocan.jp/child/herptile/turtle_akamimi_01.html

ミシシッピアカミミガメは、

ミドリガメとしてお祭りでよく売っていましたよね。

わたしも小さい頃よくミドリガメを買ってきましたが

かなり大きくなりましたね。

一時期ミシシッピアカミミガメには毒があるから

触ったら手洗いをしっかりして口に手を入れたらダメと

母から強く言われた時期がありました。

でもミシシッピアカミミガメって無毒なんですって。

昔すごい勢いで広まった

ミシシッピアカミミガメの毒の話は

いったいなんだったのだろうか?

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

鯉も外来種って知ってましたか?

在来種の鯉もいますが、

今では琵琶湖ぐらいでしか

見ることができないようですよ。

画像のようなカラフルな鯉は

全部外来種なんですって。

鯉は日本の文化だと思っていたから

とても意外でしたね。

ウシガエル

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

ウシガエルって実物見たことありますか?

わたしは子供の頃に捕まえて

あまりもの大きさにびっくりした思い出があります。

体長が11-18cmほど

あり重さが500gくらいあるんですよ。

食用ガエルとしても有名ですが、

未だにウシガエルを食べたことはありませんね^^

タナゴ

出典:https://kingyo-no-kaikata.com/archives/2517

最近のタナゴは外来種なんですって!

小さい頃からメダカやタナゴを

捕まえて遊んでいましたが、

当時は在来種が沢山いました。

しかし、在来種はブラックバスやブルーギル、

などに食べられ絶滅危惧状態。

なので最近の池にいるタナゴのほとんどが

外来種になっているのです。

カダヤシ

出典:http://www.aqua.stardust31.com/kadayasi/

カダヤシって知ってますか?

わたしはカダヤシは知りませんでしたね。

名前がカダヤシだけに

蚊の幼虫のボウフラを食べるようですよ。

メダカによく似ていますが、

ちょっとお腹が出ていますよね。

メダカよりも生命力が強いので

どんどん繁殖してしまったんですって!

ライギョ

出典:http://akasamurai.ti-da.net/

出典:http://orenocurry.com/info/1134596

ライギョって感じで書くと雷魚って書くので

凄く怖そうなイメージがありますよね。

しかしライギョは毒があるわけでもなく、

人間に攻撃的なわけでもないのですよ。

ただ、口の中には鋭利な歯がたくさんあるので

釣りの時に釣ってしまった時は

針を外す時に注意が必要になりますね。

カミツキガメ

出典:http://www.city.yachiyo.chiba.jp/123508/page000003.html

カミツキガメが池にいたらちょっと怖いですね。

カミツキガメは凶暴な性格で

鋭い爪をもっていて首がめちゃくちゃ伸びます。

基本的に池の中に入らなければ問題はありませんが、

釣りなどで池に入るような場合は気をつけてくださいね。

カミツキガメについて

詳しく知りたい場合はこちら↓

>>>カミツキガメは食べるものなのか?どんな味で美味しいのか興味津々!

ジャンボタニシ

出典:http://blog.livedoor.jp/surf793388/archives/50618422.html

ジャンボタニシって大きいですね!

わたしはここまでの大きいサイズのタニシは

見たことがないですね。

ジャンボタニシは日本人の主食である米の

稲をダメにしてしまう害虫になっています。

ピンクの気持ち悪い卵を産むんですよ・・・

ブラックバス

出典:http://kisyoku.info/black.htm

ブラックバスは

バスフィッシィングとして釣りが有名ですが

在来種を食べてしまう魚です。

口が大きく肉食なので、

日本の生態系を壊す原因ともなっています。

アメリカザリガニ

出典:http://www.hirosegawa-net.com/kids/ikimono/shodobutsu_03/01.html

アメリカザリガニは

わたしが小さい頃にはもう大繁殖していました。

茶色くて小さいニホンザリガニを

見つけることの方が難しかったですからね。

クサガメ

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

クサガメは在来種の感じがしますよね?

しかし最近のクサガメは

国外のカメと交配し

外来種の血が濃くなっているんですって!

クサガメもハーフの時代なのかって

かなりビックリしましたね^^;

続きまして、

池の水をぜんぶ抜く!で

過去に登場した在来種についてお話しします。

スポンサードリンク

池の水をぜんぶ抜く!過去に登場の在来種

「池の水をぜんぶ抜く」を見るとよ~く分かるのですが、

在来種の数がめっちゃ少ないです。

何年もの間にそれだけ在来種が

外来種に食べられてしまっている

ことがよく分かるんですよ~。

とっても貴重になってしまっている

在来種を紹介いたします↓

モツゴ
ギンブナ
ナマズ
アズマヒキガエル

それではササッと在来種の画像を見てみましょう!

モツゴ

出典:http://www.city.yokkaichi.mie.jp/gakusyu/tansui_03.htm

ギンブナ

出典:http://www.seibutsushi.net/blog/2007/12/353.html

ナマズ

出典:http://www.aqua.stardust31.com/namazu/namazu-ka/namazu.shtml

アズマヒキガエル

出典:https://ja.wikipedia.org/wiki/

外来種と違って在来種って

日本のいい部分が残っていますよね!

地味というか自然のままというか、

控えめというかインパクトがないというかwww

外来種のような派手さはないですが、

とても日本らしい可愛い生物だなって感じますよね!

まとめ

いかがでしたでしょうか?

こういう話をしていると外来種が悪!

ってなりがちですが一番悪いのは

外来種を持ち込んだ日本人です。

食用だったりペットにしようとして

国外から外来種を持ち込み

それが国内で繁殖してしまっているだけですからね。

外来種は好きで日本に来たのではなく

誰かに連れてこられたわけですよ。

たまたま日本の生態系の中に入ったら、

日本の水中生物の方が体が小さく弱かったので

このような事態になっているのです。

最近ではペットショップで

沢山の外来種が売られていますが

最後までしっかり飼える人だけ

飼うようにお願いしますね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク