サンゴ礁の白化現象はなぜ起こる?原因と対策を分かりやすく解説!

沖縄や奄美の海に潜ってみると、

色とりどりの綺麗なサンゴ礁が見られますよね。

私もマスクをつけ海に潜りますが、

とても綺麗なサンゴ礁がお出迎えしてくれます。

そのくらい美しいサンゴ礁ですが、

近年サンゴ礁の白化現象が問題になっていますよね。

サンゴ礁の白化現象とは何なのか、

そして原因や対策などを、

細かく見ていきましょう♪

スポンサードリンク

サンゴ礁に生息する褐虫藻ってどんな生物?

サンゴ礁は緑やピンク、紫など

様々な色合いをしていますよね。

実は、その色はサンゴ礁自身の色ではないのです!

サンゴ礁と共生している、

褐虫藻(かっちゅうそう)

きれいな色を出しているのです。

そんな褐虫藻ですが、

いったいどんな生物なのでしょうか。

名前の通り、褐虫藻は藻の一種です。

とても綺麗な色の藻ですね。

ダイバーの目を楽しませるためにも

褐虫藻は大切な存在となっています。

褐虫藻は、サンゴ礁と共生することで、

サンゴ礁から二酸化炭素をもらっています。

その二酸化炭素を元に光合成を行って、

酸素や栄養素を放出します。

それをサンゴ礁がいただくわけですね。

サンゴ礁は動物ですが、

自分で動くことができません。

そのため、サンゴ礁が生きて行くのに

褐虫藻は必要な存在となっています。

サンゴ礁と褐虫藻は

切っても切り離せない関係なんですね!

サンゴ礁の白化現象の原因は何?

褐虫藻のおかげで綺麗な色を出し

ダイバーを楽しませてくれているサンゴ礁。

ですが、近年サンゴ礁の白化現象が

問題となっているのをご存知ですか?

名前の通り、

サンゴ礁が白くなってしまう白化現象ですが、

一体どんな状態なのでしょうか。

褐虫藻がいることでサンゴ礁は綺麗な色合いを

保つことができています。

白化現象はその褐虫藻が

いなくなってしまった状態なんですね。

先ほど記載したように、サンゴ礁は

自ら動くことが出来ない動物です。

なので、褐虫藻がいなくなってしまうと

サンゴ礁は酸素や栄養分を取ることが出来なくなり

いずれ死んでしまいます

では、なぜ褐虫藻は

いなくなってしまうのでしょうか。

その原因は3つ考えられます。

①地球温暖化の影響
②水質汚染の影響
③自然災害

この3つです。

1つずつ詳しく見ていきましょう。

①地球温暖化の影響

近年地球温暖化が起こっていると

ニュースやCMで良く耳にしますよね。

その地球温暖化は、サンゴ礁にも

影響を与えてしまっています。

水温が上昇することで、

水中のプランクトンが増えてしまい、

結果光合成がしにくくなってしまいます。

そうなると、褐虫藻は光合成のできる場所を求めて

サンゴ礁から離れて行ってしまいます。

また、褐虫藻はある一定の温度を超えると

生息できなくなってしまいます。

これらが原因となってサンゴ礁は

生きていけなくなり

白化現象を起こして死んでしまうんですね。

②水質汚染の影響

近年、海にごみを捨てる人が多く、

環境破壊、水質汚染が起こっていると

言われていますよね。

それはサンゴ礁にも影響を与えてしまっています。

水質汚染が起こると、

サンゴ礁はストレスを感じてしまい、

共生している褐虫藻を追い出してしまいます。

結果、白化現象に繋がってしまい

サンゴは生きていけなくなります。

サンゴ礁も人と同じように

ストレスを感じるのですね。

③自然災害

自然災害によって、

海に淡水が流れ込んだり、

土砂が流れ込んだりすることがあります。

これらも、サンゴ礁にとってはストレスとなり、

褐虫藻を追い出す原因になってしまいます。

自然災害によっても白化現象は起こるんですね。

スポンサードリンク

白化現象を防ぐための対策とは?

白化現象の原因を見てきましたが、

白化現象を防ぐために私たち人間が

できる対策は何でしょうか。

それは、原因となっている地球温暖化や

水質汚染を止めることです。

地球温暖化は、人の暮らしによって

二酸化炭素が増えることから起こります。

少しでも余分な二酸化炭素を減らすために、

節電を心がけてみて下さいね。

水質汚染は、人がポイ捨てするゴミや、

汚れた生活排水をそのまま海に流してしまうことが

原因となっています。

水質汚染の対策として

・美しい海で楽しく過ごすためにも、ゴミはきちんと指定の場所に捨てるようする。

・生活排水も脂をそのまま流すことはしないように心がけてみる。

など手軽なことから始めてみましょう。

サンゴ礁の白化現象による影響

サンゴ礁が白化現象を起こしてしまうと

様々な面で影響が出てしまいます。

まず、自然のサイクルが崩れてしまいますね。

サンゴを餌にする魚などがいますが、

サンゴ礁が死んでしまっていると

サンゴ礁を食べることができません。

そうなると、魚は生きていけなくなるので

違う場所に移動してしまいます。

それから、人にとってもサンゴ礁は

大きな役割を果たしています。

自然の防波堤となっているのです。

サンゴ礁があるおかげで、

大きな波が人の住む場所まで

進出しなくなります。

サンゴ礁は海の生物、そして人にとっても

欠かせない存在なんですね。

まとめ

いかがだったでしょうか。

サンゴの白化現象の原因は

①地球温暖化の影響
②水質汚染の影響
③自然災害

の3つでしたね。

自然災害を防ぐことは難しいです。

しかし、地球温暖化や水質汚染は

皆がちょっとしたことを心がけるだけで

防ぐことができます。

生物にとっても人にとっても

必要なサンゴ礁を守るためにも

普段の生活から心がけるように

してみて下さいね。

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

海中のお花畑のサンゴ礁!沖縄のサンゴの種類と役割をご紹介!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする