スパニッシュダンサーウミウシ!八景島シーパラで見れるのはいつ?

ウミウシと言えば海の宝石ともいわれる
小さくて可愛い生き物なんですが・・・

「スパニッシュダンサー」というウミウシは、
バカでかい!!!

そんな「スパニッシュダンサー」というウミウシと、
八景島シーパラダイスでいつ見られるのかについて
お話ししていきます!

スポンサードリンク

スパニッシュダンサーとはどんなウミウシ?

「スパニッシュダンサー」という名の
ウミウシの正式名称は「ミカドウミウシ」と言います。

なぜ「スパニッシュダンサー」と
言われているのかといいますと!

海をひらひら泳いでいる様子が、
スペインのフラメンコの
踊り子さんのように見えるからなんですよ。

しかも「スパニッシュダンサー」は
ウミウシの中でもかなり大きく成長するため、
帝(ミカド)」の名がついているんですよ!

その大きさはなんと最大で60cm!!!

60cmってことはハマチサイズですからね~。

バカでかいですよ^^

そんな「スパニッシュダンサー」ですが、
実は日本にもいるんですよ~♪

わたしはスキューバダイビングをやるので、
たまに見かけることがありますが、
わたしが伊豆で見かける「スパニッシュダンサー」は
小さいものが多いですね!

「スパニッシュダンサー」の主な生息地は
伊豆七島、小笠原諸島、奄美諸島、沖縄などです♪

ところであなたは「ウミウシ」って
どんな生物かはご存知ですか?

ウミウシとは?

「ウミウシ」って
海洋生物学者によって研究が進んでいるのですが、
種類が何千とあっていまいちどういった生物なのか、
説明するのが難しいのですよ。

「ウミウシ」を超簡単にいうと、
貝の仲間で貝殻が小さくなったり
無くなって中身だけが進化したものなんです。

しかも水中生物って普通は自分の身を守ることから、
貝殻があったり硬い甲羅に覆われてたり、
毒を持ったり、岩や砂と同色に変化したりしますが、
ウミウシに関しては違うんです・・・。

海の宝石のように海の中で目立っちゃってるんですよねw

実に不思議な生き物です^^

ウミウシが好きな人が多い理由は、
見た目の綺麗さはそうですが、
やっぱり存在の不思議さなんですよね♪

そんな変わった「ウミウシ」ですが、
八景島シーパラダイスでは
色んな「ウミウシ」を展示してあるんですよ。

スポンサードリンク

スパニッシュダンサーは八景島シーパラダイスでいつ見れる?

八景島シーパラダイスでは「ウミウシリウム」という
世界50種類の「ウミウシ」が展示されているエリアがあります。

ウミウシの種類と数は日本で一番で、
日本のウミウシ好きを喜ばせてくれているのですよ!

わたしの自宅から八景島シーパラダイスは近いので、
スキューバダイビングをしない時は、
よくお世話になっていますね!

そんな八景島シーパラダイスには、
スパニッシュダンサー」はもう既にいますwww

八景島シーパラダイスに行けば
いつでも見ることができますよ♪

ちなみにこんな感じです↓

やっぱり大きい「スパニッシュダンサー」は
存在感が凄いですね!

なんかタコを見ているみたいですwww

まとめ

  • 「スパニッシュダンサー」の正式名称は「ミカドウミウシ」
  • 「スパニッシュダンサー」の大きさは最大で60cm
  • 「スパニッシュダンサー」は八景島シーパラダイスに既にいる

いかがでしたでしょうか?

ウミウシって小さいから可愛くて、
海の宝石と言われているのですが、
大きいサイズの「スパニッシュダンサー」は
正直ちょっと気持ち悪いと感じますよwww

たしかに大きくても遠くから見る分には、
綺麗にフラメンコの踊りのように見えますが、
実際に近寄ったらハマチくらいの大きさですからねw

せっかく「スパニッシュダンサー」が、
八景島シーパラダイスで見れるのですから、
夏休みを使って見に行ってみるのはいかがでしょうか?

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

アマゾンマナティがいる水族館はここだ!ジュゴンとの違いは?


スポンサードリンク