サーフィンするなら冬の沖縄で!服装や持ち物は?おすすめな理由は?

サーフィン,沖縄,服装,冬,ウエット,1月,レンタル,ボード,持ち物

さすがに、千葉や湘南の海でサーフィンするのも

寒くてたまらなくなってきましたね。

こんな時はですねぇ~暖かい所に飛んじゃいましょう!

安さを考えるとやっぱり沖縄でしょう!

冬の沖縄なら、ホテル、旅行券付きで2泊3日で

安ければ2万円台でありますからね♪

さくっと行ってたっぷりと楽しむことができますよ。

サーフィン初心者のあなた、

せっかくの安い時期にスキルアップしちゃいましょ~♪

冬の沖縄は「人が少ない」ので、かなり上達しますよ!

それでは沖縄の冬の服装、気温について見ていきましょう。

スポンサードリンク

沖縄の冬の服装は?冬の気温は?

冬の沖縄のイメージってすごく暖かいのをイメージしますよね。

冬(12月~2月)の気温は大体17℃~18℃なので、

沖縄以外の方だと秋の気持ちい季節のような気候ですね。

ただ、沖縄に雪が降って大騒ぎになったように

すっごく寒い時もあるんですよね。

寒い時は10℃を下回りますね。

冬の沖縄の旅行だと、沖縄に向かう時は、

ダウン、手袋、マフラーなどを装着しているので、

例え沖縄で寒くなったとしても対応できますよね。

逆が一番困るんですよね。

冬の沖縄は晴れている日中で25℃くらいまで

上がる事があるんですよ。

なので、服装選びって凄く難しいんですね。

私は沖縄が好きなので、何度も足を運んでいますが、

結論から申し上げると、重ね着が最強ですね。

例えば、Tシャツ何枚かとロングTシャツを何枚かと、

薄手のカーディガン、パーカー、ウィンドブレーカー

があるといいですね。

ブーツで行きたい方は、

沖縄で履く靴も別で用意しておかないときついですよ。

ほんとムレムレになるだけですからね(笑)。

それから、冬の沖縄でも日焼け対策はしっかりしましょうね。

日焼け止め、帽子、サングラスは必需品ですよ。

サーフィン,沖縄,服装,冬,ウエット,1月,レンタル,ボード,持ち物

沖縄の水温とウエットスーツの厚さ、冬に必要な持ち物とは?

冬の沖縄の水温は22℃前後ですね。

気温より暖かいんですよ。

ただ、冬の沖縄は北風が強いんですね。

濡れた体に風を浴びると体感温度って凄く低く感じるんですよね。

例えば気温が17℃で風速5mの風が吹いていると

体感温度って12℃なんですよ。

風速1mで1℃体感温度が変わります。

風が強ければ強いほど寒く感じるんですね。

なので自分のウエットスーツを持って行きたい方は、

3mmのフルスーツをおすすめしますね。

暑くなったら中に海水入れて調整できますからね。

それから、冬の海でも日焼け対策はしっかりしましょうね。

日焼け止め、サーフィン用の帽子はやっぱり必需品ですね。

スポンサードリンク

サーフボードは持っていく?それともレンタル?どっちが得か?

サーフボードやウエットスーツを持っていくかいかないかって

凄く迷う所ですよね。

私だったら船の旅ならサーフボードは持って行きますが、

飛行機だったら持って行きませんね。

メリットとデメリットを見た時にデメリットの方が大きいからですね。

【メリット】

  • やり慣れているサーフボードでできる
  • 自分のお気に入りのデザインで見た目が好き
  • 現地でのレンタル料金がかからない

【デメリット】

  • 行き帰りで邪魔
  • 飛行機に載せなくてはならない
  • 壊れないように厚手のケースを買う必要がある
  • 輸送中壊れるリスクがある
  • サイズによっては追加料金がかかる

冬の沖縄でサーフィンをやるのなら、私は現地のサーフショップを使って

道具も一式レンタルする事をおすすめしますね。

湘南や千葉よりはショップ数が少ない分、レンタル料金も1000円くらい

高いですが、その分の価値が全然ありますよ。

やっぱり現地の海のプロにいいポイントまで連れてってもらった方が

断然楽しめますからね。

沖縄は満潮の時だけしかサーフィンしないので、その知識も必要ですしね。

マリンブーツがないとサンゴで足を切ってしまう場所もありますからね。

サーフショップならシャワーもついてますから女の子も安心ですよ♪

まとめ

  • 沖縄の冬の気温は日中でも25℃くらいになる時があるので服装に注意
  • 冬の沖縄の海では3mmのウエットスーツが万能でいい
  • 冬の沖縄でも日焼け対策は忘れずに

冬の沖縄って寒暖の差が激しいので、本当に服装には毎回困ってましたが

TシャツとロングTシャツの重ね着が最強なんですよね!

体調管理には充分に気を付けてよい旅にしてくださいね。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする