ウエットスーツをオーダーするのをおすすめする理由!【サーフィン編】

今年の夏にサーフィン始めてウエットスーツを

作りたいんだけどどうしていいかわからないあなた。

私にお任せください(^^)/

ところでオーダーで作った方がいいウエットスーツと

既製品でも問題ないウエットスーツがあるのはご存知ですか?

全てのウエットスーツをオーダーで作っていたら

お金がいくらあっても足りないんですよね。

ウエットスーツをオーダーで作るなら

「フルスーツ」「セミドライ」

どちらかでOKですよ。

基本的にはサーファーはこのどちらかと

夏用のウエットスーツを持っていますから。

では、ウエットスーツをオーダーで作るのを

おすすめする理由からお話しますね。

スポンサードリンク

ウエットスーツをオーダーで作るのをおすすめする理由

冬の時期は寒いですが、サーフィンするには一番いい時期なんですよね。

それは「人が少ない事」なんですよ。

冬のウエットスーツとして「フルスーツ」、「セミドライ」

があるんですね。

「フルスーツ」は長袖長ズボンのウエットスーツ

「セミドライ」は長袖長ズボンで背中のファスナーが防水なので

背中から水が入りにくく「フルスーツ」より温かいのですね。

「フルスーツ」も「セミドライ」も既製品があるのですが、

冬の海でサーフィンしていると、首から、背中から、

冷たい海水が入ってきて本当に地獄なんですよ。

私もサーフィンをやるので、始めのころは

既製品のウエットスーツを着ていましたが

絶対にどこかからか水が沢山入ってくるんですよね。

既製品のウエットスーツを失敗するなら

最初からオーダーのウエットスーツを買った方が断然お得ですね。

ウエットスーツはですね、体にフィットするように作る事で

体とウエットスーツの間に水の膜を作り、

その水が体温で温められるので寒くないって仕組みなんですよね。

水がたくさん入ってくると寒くてサーフィンに集中できないんですよね。

それではウエットスーツ「既製品」と「オーダー」の違いと注意点について

少し詳しくお話しますね。

ウエットスーツ「既製品」と「オーダー」の違いと注意点

ウエットスーツ「既製品」と「オーダー」の違いを理解するために

それぞれのメリット、デメリットを見てみましょう。

ではウエットスーツ「既製品」のメリットとデメリットから

お話しますね。

  • 「既製品」のメリットはブランド品も安く買える
  • 「既製品」のデメリットは体にフィットしない

体にフィットしないという事は、「きつい」、「ゆるい」、

「手足の長さが合わない」、「首の太さが合わない」、

「動きにくい」などの不便な部分がたくさん出てくるんですね。

おまけに、体にフィットしないという事は、

「水がたくさん入ってきて寒さを防ぐことができない」

という事なんですね。

ただ、中にはぴったり着る事ができる方もいらっしゃるので

一応試着はしてみましょうね。

次にウエットスーツ「オーダー」のメリットとデメリットを

お話しますね。

  • 「オーダー」のメリットは、体にフィットする
  • 「オーダー」のデメリットは高い

サーフィンやその他のマリンスポーツにおいて

海の中で寒くないという事が

いいパフォーマンスを発揮する為に絶対に必要な事なんですよね。

ぜひ自分の体にフィットする「オーダー」のウエットスーツを

おすすめいたします。

ただ、「オーダー」のウエットスーツを作る際に注意点があるんですよね。

  • 海外で買わない
  • 通販で買わない
  • 安すぎるものは買わない

「オーダー」のウエットスーツを作るならば、

日本のサーフショップ、スポーツショップで

購入しましょうね。

何度も言っていますが、

ウエットスーツはぴったりのサイズで作らないと

水が入ってきてしまう為、繊細さが必要なんですよ。

必ずブランド品を選びましょうね。

結構日本ブランドのウエットスーツって評判が良くてですね、

「DOVE」「HOLLY」「MAXIM」「RASH」とか

めちゃくちゃかっこいいですよ。

次はウエットスーツの種類についてお話しますね。

スポンサードリンク

サーフィン用ウエットスーツの種類

サーフィン用ウエットスーツは、

スキューバダイビング用ウエットスーツと違って

沢山種類があるんですよね。

ちょっとこれをご覧ください。

サーフィン用ウエットスーツの種類

  • スプリング   半袖半ズボン  7月~9月
  • ロンスプ    長袖半ズボン  5月~10月
  • シーガル    半袖長ズボン  5月~10月
  • ショートジョン 肩なし半ズボン 7月~9月
  • ロングジョン  肩なし長ズボン 7月~9月
  • フルスーツ   長袖長ズボン  4月~6月、10月~12月
  • セミドライ   長袖長ズボン  12月~4月
  • ドライスーツ  長袖長ズボン  12月~4月

この中で「フルスーツ」「セミドライ」以外は既製品で構いませんよ。

全く体を濡らさずにサーフィンができる

「ドライスーツ」もありますが、

慣れてないと水の中では動きづらいのでやめた方がいいですね。

冬(12月)までやるなら「フルスーツ」と「シーガル」

真冬(1月~3月)も通してやるなら

「セミドライ」と「シーガル」のパターンが多いですね。

冬までやるか、真冬でもやるかでオーダーするウエットスーツが

変わってくるので注意してくださいね。

それからウエットスーツには破れにくいジャージ生地、

寒さに強いスキン生地があるんですね。

初心者ならジャージ生地がおすすめします。

スキン生地は脱着がいづらく丁寧に扱わないと

すぐに破けてしまうんですよね。

また、ウエットスーツは厚さもいろいろありますね。

3mmがメジャーですが、2mmと5mmを組み合わせり、

3mmと5mmを組み合わせたりといろいろありますので、

ウエットスーツを作る際はショップスタッフと相談してくださいね。

それでは最後にウエットスーツのおすすめのお手入れ方法

についてお話しますね。

おすすめのお手入れ方法

ウエットスーツってお手入れがとても重要で

乱暴に扱うとすぐ破けたり

へんな型がついたりしてしまうんですよね。

ただ、重要なポイントは3つだけなので

しっかりと覚えてくださいね。

ウエットスーツのおすすめお手入れ方法

  • 水洗いをする
  • 日陰で乾かす
  • 厚みのあるハンガーで保管する

ウエットスーツは海で着替えながらシャワーの水で洗いますが、

自宅の浴槽などでしっかり洗ってチャックに噛んだ塩を

しっかりと落としましょうね。

それから、ウエットスーツを日なたで長時間干すと

生地が焼けて変色してきて、それを何度も繰り返していると

破れやすくなるので注意してくださいね。

また、ウエットスーツをハンガーにかけて保管することで

変な癖がつくことなく長持ちさせる事ができるんですよ。

ただし、細いハンガーはNGですよ。

細いハンガーを使うと、その部分に圧力がかかり

伸びたり破けやすくなるんですよね。

スーツやコートをかけるような太めのハンガーを使いましょうね。

まとめ

  • サーフィンを冬までしたいなら、「フルスーツ」をオーダー
  • サーフィンを真冬までしたいなら、「セミドライ」をオーダー
  • ウエットスーツは日本のサーフショップ、スポーツショップで買う

いかがでしたでしょうか?

ウエットスーツって買う時に結構勇気がいるんですよね。

私はビビッて既製品を買って見事に失敗しました(笑)

サーフィン、ダイビング、その他のマリンスポーツの中で

ウエットスーツが一番大切なアイテムだと私は思っています。

オーダーのいいウエットスーツを作って

サーフィンを楽しんじゃってくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

サーフィンやボディーボードで冬の寒さ対策に役立つ便利グッズ9選!


スポンサードリンク