泳げない人の特徴と理由!苦手克服の自宅での簡単トレーニング方法!

海やプールで一度でも怖い思いをすると、

泳げなくなってしまいますよね!

わたしは小さい頃から水泳をやっていたのですが、

自宅の引っ越しでスイミングスクールを変更した時に

一切泳げなくなってしまったんです。

その理由が今でもよく覚えてるんですが、

プールがめちゃくちゃ深かったこと、

先生がめちゃくちゃ怖かったことだったんです。

今では平気に泳ぐことができますが、

あの時はなぜかすべてが怖かったんですよ・・・。

という事で今回は、泳げない人の特徴や理由、

自宅での簡単トレーニング方法、

浅いプールでの練習法についてお話ししていきます。

スポンサードリンク

泳げない人の特徴と理由!

まずはじめに誰でも一番最初は泳げません。

なので泳げない事を悲観することはありませんよ!

しかも泳げない人の特徴として、

運動神経が悪いと思われがちですが、

運動神経が良くても泳げない人もいます。

泳げない人と泳げる人の違いって

実はたいしたことがないんですよ。

今は泳げなくてもポイントさえつかめば

すぐに泳げるようになるのでご安心くださいね!

まずは泳げない人の特徴から見ていきましょう!

  • 顔をつけるのが怖い
  • 水の中で目を開けられない
  • 鼻や耳に水が入るのが嫌だ
  • 水に浮くのが怖い
  • 息継ぎができない
  • 足がつかないのが怖い
  • 体が緊張している

日常生活でちょっと考えてみてくださいね!

もしこれらが本当に嫌だったら、

お風呂やシャワーに入るのも怖いはずですよね。

ただ泳げない人でもお風呂やシャワーは入りますし、

例えばめちゃくちゃ浅いプールなら、

プールの中を歩くことはできるはずなんですよ。

これって結局呼吸ができている事と、

足が地面についている安心感なんですよね。

この安心感があるから、

あなたは日常生活で水が怖くないのですよ。

つまり泳げない人の理由は

さまざまな恐怖心が複合的に発生するため、

対応ができなくて体が固まってしまうのです。

その恐怖心を克服するために自宅のお風呂を利用して

泳げるようにトレーニングしちゃいましょう!

泳げない人の自宅での簡単トレーニング方法!

泳げない人の簡単な練習法として、

一番簡単なのは家のお風呂で顔をつける練習をすること。

この時に水泳のゴーグルや

シュノーケリングマスクがあると尚いいですね。

水の中がどう見えるのかが分かるので^^

これはわたしが昔泳げなかった時に

よくやっていた方法なんですよ~。

まずはお風呂に入り、

息を大きく吸ってからお風呂に顔をつけて、

じっと我慢をして苦しくなったら顔を上げて口で呼吸します。

この時に顔を正面に向けて大きな口を開けてしまうと、

口に大量の水が入ってきてしまうので、

顔は下向きのまま小さく口を開けて呼吸するのがポイント

また息を大きく吸ってお風呂に顔をつけて、

我慢して苦しくなったら水面から顔を上げて口で呼吸する。

最初はゆっくりでかまいませんので、

まずは水に慣れましょう。

慣れてきたら

顔を上げて⇒口で呼吸して⇒顔をつける」部分を

少し早いペースでやる事を意識してみます。

これを何度も反復で経験することで、

自分にはどのくらい息が吸えて

どのくらいなら顔を水につけれるか

何回くらい連続でやると苦しくなるかがわかるのですよ。

これらを経験して体に覚え込ませるのが、

非常に重要なんですね!

慣れてきたら友達や親に付き添ってもらって

まずは浅いプールでお風呂での練習ができるかを

練習してみましょう!

スポンサードリンク

泳げない人の浅いプールでの練習法!

お風呂で水に慣れて息継ぎが怖くなくなったら、

腰くらいの水深の浅いプールにチャレンジしてみましょう。

その時は友達や家族に付き添ってもらうことが重要です。

まずは浅いプールに入りプールの中を歩いて、

水の温度に慣れるところから始めるといいですよ^^

プールの中を歩くことで体が温まってきますので、

緊張がほぐれてリラックスした気持ちになってきます。

リラックスできてきたなって感じたら、

プールの端に移動してお風呂でやった事を試してみましょう!

ここで重要なのが浅いプールで顔をつけようとすると、

どうしても顔がつけづらく

無理やり顔をつけようとすると鼻から水が入ってきてしまいます。

なので膝をゆっくりと曲げながら、

やりやすい高さにすることがとても重要です。

最初は顔に意識して顔だけを水につける練習をし、

慣れてきだしたらしゃがんで水中に潜って、

何秒間息を止めていられるかを練習するといいですよ。

これを繰り返すことで水に慣れることができて、

水の恐怖心がだいぶ和らいできますから^^

水に慣れ恐怖心さえ取れてしまえば、

泳ぎ方を習えば誰でも簡単に泳げるようになります。

結局泳げない人にいちばん大事なのは、

気持ちなのですよね。

まとめ

  • 泳げない人の特徴は、呼吸や足がつかない恐怖心が大部分をしめている
  • まずは自宅での簡単トレーニングで口呼吸を意識すること
  • 家族や友人を連れて浅いプールで練習する

いかがでしたでしょうか?

泳げない人と泳げる人って、

恐怖心があるかないかと、

水に慣れているかどうかだけなんです。

これらの気持ちが取り除ければ、

泳ぎ方を教わると誰でも泳げるようになるんですよ。

水が苦手だと感じていたら、

ぜひこの方法を試してみてくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする