海の紫外線!子供の肌を守る日焼け止めの選び方と効果的な塗り方!

子どものうちに紫外線を浴びすぎると、

将来的に皮膚がんの発症を高めるということをご存知ですか?

これを聞くと、

子どもがいるパパやママは心配になってきますよね。

そして子どものために、

きちんとUVケアをしていあげなくちゃと感じますよね。

そこで今回は、子どもの肌を紫外線から守るために、

日焼け止めの種類や正しい使い方をご紹介していきます。

日焼け止めをどれにしていいのか迷ったときに、

参考にしてくださいね!

スポンサードリンク

子どもが使って安心の日焼け止めの成分とは?

日焼け止めの種類は大きく分けて2種類あります。

ひとつは紫外線を吸収して肌への紫外線を減らす、

紫外線吸収剤を使用したタイプ。

そしてもうひとつは、

紫外線を跳ね返して肌に当たらないようにする、

紫外線散乱剤を使用した「ノンケミカル」タイプです。

子どもに使ってあげるには、

石けんで落とせる「紫外線散乱剤(ノンケミカル)」タイプを

選んであげるといいですね。

紫外線吸収剤よりも低刺激なので肌に優しく、

子どもに使っても安心ですよ。

余分な成分が入っていても肌への負担が増すだけなので、

無香料で無着色、アルコールが入っていないものがおすすめです!

海遊びに合った日焼け止めを選ぼう!

日焼け止めで良く見るのが、「SPF」や「PA」ですが、

その数値が何を表しているのか知っていますか?

簡単に説明すると「SPF」とは、

日焼けによって肌が赤くなるまでの時間を

遅めてくれる数値を示しています。

シミやそばかす、

皮膚がんの原因となる紫外線を防ぐ効果の高さを示します。

その数値が高いほど皮膚を守ってくれる時間が長持ちしますよ。

PA」とは、

日焼けによって肌が黒くなるのを遅めてくれる数値を示します。

数値が高いほど、

紫外線による皮膚を守ってくれる効果が高くなります。

どちらも数値が高いと効果も高まるので、

しっかり効果を得られるように、

数値が高いものを選んでしまいそうですよね。

でもここが要注意なんです!

数値が高ければ高いほど、

肌への負担も高くなってしまうんですよ!

日常で使うのか海などのレジャーで使うのか、

用途に合わせて日焼け止めの数値を変えると

子どもの肌への負担を軽減させられますよ。

日常に使用するなら

・SPF10 程度

・PA+ 程度

海・レジャーに使用するなら

・SPF20 以上

・PA++ 以上

これらを目安に使い分けてあげるといいですね。

海での紫外線をカットするには、

汗や水に強いウォータープルーフタイプがおすすめです!

汗や水に強いのに石けんで洗い流せるタイプがあるので、

安心して使えますよね!

海には、海に合った日焼け止めを選んであげましょう!


海にあった子供用日焼け止めはこちら

↓↓↓

>>>現在の子供用日焼け止めを人気の高い順にチェック!【楽天】


海で日焼け止めを正しく使ってしっかりUVカット!

日焼け止めを塗っているのに、

やっぱり日焼けしちゃってる…というあなた!

それはきちんと塗れていないのかもしれません。

日焼け止めをしっかり選んだのに、

ちゃんと塗れていなければ、

元も子もなくなってしまいますよね。

ここで、日焼け止めの塗り方をご紹介していきます。

スポンサードリンク

日焼け止めの塗り方

①出掛ける直前ではなく出掛ける20~30分前に塗る

日焼け止めが肌に馴染む時間を考慮して、

余裕を持って塗っておくといいですよ。

②たっぷりと塗りむらなく塗る

薄く伸ばして塗ってしまうと効果が低くなってしまいます。

たっぷりと日焼け止めを使いまんべんなく伸ばすことが大切です。

二度塗りすることできちんと塗れますよ。

③塗り忘れのないようにする

忘れがちな首筋や手の甲、

サンダルで足元が出ることも考えて足の指先も忘れずに!

④2~3時間おきに塗り直す

日焼け止めは水や汗で流れ落ちてしまいます。

効果も落ちてしまうため、

こまめな塗り直しがポイントですよ!

子どもは日焼け止めを塗ったあとのべたつきが気になって、

塗りたがらないケースもあります。

今はジェル状やミルクローション、スプレータイプなど、

さまざまな種類の日焼け止めがありますので、

子どもの好みに合わせて選んであげることが大切ですね!

まとめ

子どもに選ぶ日焼け止めのポイント

  • 紫外線散乱剤(ノンケミカル)タイプを選ぶこと
  • SPFとPAの数値が適切なものを選ぶこと
  • 無香料・無着色・アルコール不使用のものを選ぶこと
  • 日焼け止めを石けんで洗い落せること

日焼け止めの塗り方のポイント

  • 塗り忘れに気を付けて、たっぷりとまんべんなく塗ること!

暑い夏の季節、海に入って涼んでいても、

太陽の光は水面で反射して、

その照り返しで日焼けをしてしまいます。

しっかり紫外線をシャットアウトして、

日焼けを気にせず思いっきり海で遊べるといいですね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする