海へのメイク!日焼け止めやファンデの正しい使い方と塗り直し方!

梅雨に入って毎日雨が続いていますよね。

外に出るのも一苦労で、

気分も少し落ち込んでしまいますよね……。

でも、梅雨を乗り切ればいよいよ夏到来です!

「夏と言えば海!」友達を誘ってわいわい

騒ぎながら海を楽しみたいですよね!

ただ、海に行く際に心配なのがメイクですよね。

海に行く前にばっちりメイクしても、

汗や海水でメイクが落ちてしまいます。

それではせっかくの楽しい気分が台無しですよね!

そこで今回は、正しい日焼け止めの塗り方と、

日焼け止め、ファンデーションの塗り直しについて

ご紹介させていただきます!

スポンサードリンク

海へ行くためのメイク!正しい日焼け止めの選び方

メイクを少しでも長持ちさせるためにも、

日焼け止めを正しく選ぶことが大切になってきます。

一緒に正しい選び方をチェックしましょう。

まず、日焼け止めはウォータープルーフで、

「SPF30・PA++以上のもの」

を選ぶようにして下さい。

ウォータープルーフとは?
ウォータープルーフとは、「防水」、「耐水性」を示した言葉です。

SPF・PAとは?
・SPFはUV-Bを防ぐ効果の指標でSPF10<SPF30<SPF50と数値が高いほうが効果が高い
・PAはUV-Aを防ぐ効果の指標でPA<PA+<PA++<PA+++<PA++++と「+」が多いほど効果が高い

SPFやPAがこれより低いものを選んでしまうと、

海での強い紫外線は防ぐことが出来ないんですよ。

気を付けて選ぶようにして下さいね。

加えて、耐水時間が記載されているもの

選ぶとなお良しですよ!

それに合わせて日焼け止めと化粧を

塗り直すことができるので楽なんです。

是非、パッケージの記載をしっかり確認

するように心がけて下さいね!

また、海に行く際の日焼け止めはミルクタイプのもの

もしくは化粧下地としても使えるクリームタイプのもの

選ぶようにして下さいね!

その方が化粧がなじみ落ちにくくなるんですよ!

何度もファンデを塗り直さなくてもいいよう、

意識して日焼け止めを購入してくださいね。

海へ行くためのメイク!正しい日焼け止めの塗り方

次に日焼け止めの正しい塗り方について

確認していきましょう!

海に行く際のメイクの順番は、

化粧水、乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデ

の順番に行うようにして下さいね。

日焼け止めは手の甲に1円玉程の量を出して、

指を使いムラなく広げていくように塗ります。

顔全体に薄く伸ばすことができたら完了です!

日焼けをしたくないからと言って、

沢山の量を塗ってしまう方がいます。

しかしあまり効果は変わらない上に、

化粧崩れの原因にもなってしまいますので、

適量塗るように心がけて下さいね。

スポンサードリンク

日焼け止めの上の正しいメイクの仕方!

日焼け止めを塗る事ができたら、

いよいよ今度はメイクですね!

化粧品もウォータープルーフの物

使うようにするとなお良しですよ!

また、海に行く際のメイクで意識してほしいのは、

下地ファンデーションなどは薄く塗るということです。

何故かと言いますと、

メイクを厚くしてしまうと

肌に密着していない部分が出てしまい、

少しの汗や海水ですぐに落ちてしまうからです。

なので海に行くときの化粧は、

薄くするように意識して下さいね。

一番おすすめなのは、

日焼け止めと化粧下地や

ファンデが一緒になっているものを使うことです。

そうすることで化粧が落ちにくくなりますし、

塗り直しも1本でいいので楽ですよ!

是非お試しくださいね。


とっても楽ちんな一体型日焼け止めファンデを見てみる

↓↓↓

>>>現在の日焼け止めファンデを人気の高い順にチェック!【楽天】


海での日焼け止め、ファンデの塗り直し方

正しい日焼け止めの塗り方とメイクの仕方を

確認することができましたね。

今度はメイクや日焼け止めの

塗り直し方について確認していきましょう!

基本的に日焼け止めとメイクは

2~3時間に1回塗り直すようにして下さいね。

日焼け止めを塗り直す方法

まず顔を軽く水で洗って、

海水や汗などを落とすようにして下さい。

そして抑えるようにしてタオルで水気を取ります。

水気が取れたら早速塗り直していきます!

日焼け止めを手に出したら、

ぽんぽんと油浮きしやすい箇所に

スタンプするように付けて行きます。

そこを中心にして、

指できれいに伸ばしていって下さいね。

日焼け止めを塗り直すことができたら、

今度はファンデの塗り直しです。

(化粧下地、ファンデと一体になっている

日焼け止めを使った場合は必要ありません)

ファンデを塗り直す方法

ファンデも大分落ちてしまっていますので、

薄く塗るよう意識しながら、

顔全体に塗り直していってくださいね。

そんなに時間もかからないので、

是非めんどくさがらずに

塗り直しを行うようにして下さい。

日焼け止めとファンデの塗り直しを怠ると、

変な日焼けをしてしまって

その後のケアが大変な事になりますから

注意してくださいね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

  • 日焼け止めはウォータープルーフで、SPF30・PA++以上のものを選ぶ
  • ミルクタイプかクリームタイプの物を選ぶ
  • 化粧水、乳液→日焼け止め→化粧下地→ファンデの順に塗る
  • 2~3時間に1回は塗り直す

これらを確認して、目一杯海で楽しんでくださいね!

最後までお読みいただきありがとうございました。


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

日焼けはなぜ痛い?即効性のある治し方や注意点をご紹介!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする