ハワイでカウントダウン2018!花火の場所は?初日の出スポットは?




ハワイ,カウントダウン,2017,花火,場所,初日の出

世界のカウントダウンって毎年盛大にやりますよね?

あなたの大好きなハワイでも、毎年カウントダウンイベントやカウントダウン花火をやっているんですよ♪

もちろん2018年も♪海好き、ハワイ好きなら是非行ってみたいですよね。

ただ正月のハワイってめちゃくちゃ高いです(ーー;)

高いお金を払ってるからこそ抑えておきたいポイントがあるので紹介していきますね。

スポンサードリンク

ハワイのカウントダウン花火の上がる場所は?

ハワイのオワフ島でのカウントダウン花火が上がる代表的な場所を2つあげるとアロハ・タワーワイキキビーチが有名ですね。

毎年この2箇所で盛大にやっています。(他にもザ・カハラ・ホテル&リゾート、コオリナリゾートエリアのラグーンでもやってます)

アロハ・タワー

アロハ・タワーではハワイ最大級のカウントダウンイベントが行われていて花火と爆竹で盛大に新年を迎える感じですね。

「アロハ・タワー・マーケットプレイス」というショッピングモールで「パーティー・オブ・ザ・イヤー」というイベントを見ることが出来るんですよ。

有料ですが(5000円くらい)、17時から26時までやっていて8つのステージのライブを見たり、食事やお酒を飲めるパーティーです。

ワイキキビーチ

そして有名なワイキキビーチでも花火があがりますよ。

花火は23時55分から約10分間です。

ワイキキビーチはもちろんクイーンズビーチやアラモアナ・ビーチ・パークやマジックアイランドラグーンからも見れますね!

人は多いですが、1時間前に散歩しながら砂浜に座って場所さえ確保出来ればゆっくりと楽しむことができます。

ワイキキビーチの周辺のホテルでも海側の部屋なら見ることが出来ると思いますが、せっかくなんで外で楽しんでみてはいかがでしょうか?

ハワイのカウントダウン花火では、新年の「誰とでもKISS」が恒例となっているようですので、女友達同士の場合は男性に注意してくださいね(笑)

それから、ハワイでは飲酒は21歳から、ビーチ、路上でお酒は飲めないのでそこも注意してくださいね。

スポンサードリンク

大晦日のハワイの気温と服装は?

ハワイの12月、1月はハワイでは寒い時期となります。

  • 最低気温が18℃
  • 最高気温が26℃

なので、沖縄と変わらない過ごしやすい気温ですよね。

ただ、ハワイの12月、1月は雨季の真っ只中なので、出かける際は折りたたみ傘をお忘れなく。

気温が高いとは言え、朝晩は冷え込むのでトレーナー、パーカー、ウィンドブレーカーは持っていった方がいいです。

朝晩は日本で言うところの春、秋の服装をイメージするといいですね。

ハワイで初日の出を見るならどこ?

ハワイで日の出を見るならダイヤモンドヘッドもいいですが私ならマカプウ岬ですね!

ハワイのオワフ島でも一番東にあって、ここまで行くと遮るものがなくなるので良いポイントなんですよね。

シーライフパーク周辺もいいですよ♪

ワイキキからだと東の山が邪魔になって日の出が見れないのでレンタカーに乗って72号線を東に向かいましょう。

30分程で到着しますよ。

日の出は6時50分から7時くらいなので寒さ対策もお忘れなく!

それから、旅行を楽しむに当たって飛行時間と時差について話しておきますね。

スポンサードリンク

ハワイまでの飛行時間と時差について

日本からハワイまでの飛行時間は6~7時間ほどかかりハワイ行きは19時~22時の間に出発する便しかないんですね。

逆にハワイから日本までの飛行時間は向かい風の影響で8~9時間ほどかかるんです。

長時間の飛行になるので、リラックスできる旅行グッズがあるといいですよ。

例えば、マスク、首枕、スリッパ、アイマスク、目薬があると体調を保つのにいいですね。

次に時差について話しますね。

ハワイは日本より19時間遅れているので、例えば日本が1月1日の19時だったらハワイは1月1日の0時ということになるんです。

こういう言い方は大げさですけど過去にタイムスリップするんですよね。

なので夜と朝が逆転して、時差ボケで体調崩してしまう方も多いんですよ。

そこで、時差ボケにならないための極意は行きの飛行機で睡眠をしっかり取っておく事なんですね。

せっかくのハワイで時差ボケで体調悪くしたらつまらないカウントダウンになってしまいますから。気をつけましょう。

まとめ

  • アロハ・タワーとワイキキビーチではカウントダウン花火を見れる
  • アロハ・タワーでハワイ最大のカウントダウンイベントがある
  • 初日の出はマカプウ岬、シーライフパークはおすすめ
  • ハワイでの飲酒は21歳からでビーチや路上での飲酒不可

いかがでしたでしょうか?

ハワイで楽しむには、時差ボケをしないように対策することが最も重要なんですね。

行きの飛行機でしっかりと睡眠をとって、素敵なカウントダウンをお過ごしくださいね!

最後までお読み頂きましてありがとうございました。

スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする