マンタに毒針はあるのか?エイとの違いや共生する小魚の正体とは!




沖縄美ら海水族館や海遊館などの水族館に行くと、大きな魚だけでなくマンタやエイを見ることもできますよね。見た目が似ているマンタとエイですが、実は異なっている部分がいくつもあるんですよ!

今回は、マンタとエイぞれぞれの特徴、そしてマンタと共生している小魚たちについて解説しちゃいます!

スポンサードリンク

マンタとはどんな生物?毒針はあるのか?

マンタと言う名前は実は英名なんですよ。和名は「オニイトマキエイ」というんです。

和名からもわかるように、マンタはエイの仲間なんです。マンタは、大きい物だと体長が8mにもなる、最大級のエイなんですよ。

生息地は熱帯、亜熱帯地域の海とされており、特にサンゴ礁の近くで見られることが多いです。日本だと、沖縄の石垣島周辺でよく見られますよ。

マンタの身体の形は、大きなひし形をしています。エイとの違いは、頭部先端に頭鰭(とうき)と呼ばれるひれがあるところです。

マンタの口は頭鰭(とうき)の内側にあって、プランクトンを飲み込むのに適した形をしているんですよ!海水と一緒にプランクトンを飲みこみ、えらでプランクトンをこし取って海水を吐き出しているんです。

マンタは、長くのびる尾も特徴的ですよね!マンタは毒針を持っていないので、大きな尾で刺される心配もないんですよ。なので一緒に遊泳しても安心なんです。

また、マンタは回遊性の生物なので、常に泳ぎ続けています。これも他のエイと異なる点なんですよ。

まだまだ謎が多いとされているマンタ。是非、「沖縄美ら海水族館」や「大阪の海遊館」などを訪れた際には是非マンタを観察してみて下さいね。

次の項目では一般的なエイの特徴についてお話していきます。マンタとの違いを見ていきましょう!

スポンサードリンク

エイとはどんな生物?種類によっては毒があるの?

エイは、サメなどと同じ軟骨魚類というジャンルに分類されている生き物なんですよ!サメとはえらの付いている位置が異なっていて、エイのえらは身体の下についているんです。

身体の大きさは種類によって様々で、小さいものは数十cm程度ですが、大きいものになると数mにもなるんです。

生息地も種類によって様々ですが、日本の周りでもエイの仲間は良く見られるんですよ。特に、北海道の漁港ではエイがよく水揚げされているんです。水揚げされたエイは、食用として市場に出回ることも多々あるんです!

エイの身体の形は一般的に平らな形をしていて、長く伸びた尾を持っているのが特徴的です。エイの中には、長く伸びた尾の棘に毒を持っているものもいるんですよ!毒を持つエイとしては、アカエイが有名ですね。

エイの口はマンタとは異なり、身体の下面についています。その口で、砂底にいる貝などを食べて成長しているんですよ。

アカエイの捕食シーンがこちら↓

また、エイは底生性のものが多く、基本的に砂底近くを泳いだり砂に潜ったりして生活しています。これも、常に泳ぎ続けなくてはならないマンタとは異なる点ですね。

一言にエイといってもいろんな種類のエイがいて面白いんですよ。それぞれの種類によって特徴となる部分も異なるんです。

エイも多くの水族館で見ることができます。マンタとエイの違いを知るには水族館が一番ですよ。

次の項目では、マンタについている小魚の正体についてお話していきます。

スポンサードリンク

マンタについている小魚の正体は?

水族館などでマンタを見てみると、身体の下面に小さな魚たちがくっついているのが見られますよね。一匹だけじゃなく、数匹がまとまってくっついているのもよく見かけます。いったい彼らの正体は何なんでしょうか。

マンタにくっついている魚の正体は、コバンザメやホンソメワケベラ等の魚たちです。この小さな魚たちは、マンタと共生する関係にあるんですよ。

コバンザメの画像↓

出典元:http://mokuyouichi.com/sakana/sengyo/ka/kobanzame.htm

ホンソメワケベラの画像↓

出典元:http://okinawa-zukan.com/f_Labroides_dimidiatus.htm

マンタにくっついていることで、小さな魚たちは身を守ることができ、更にエサのおこぼれをもらうこともできるんです。そのお返しとして、小さな魚たちはマンタの身体についた汚れや寄生虫などを食べてきれいにしてあげます。

小さな魚たちは身を守りつつエサをゲットすることができ、マンタは身体をきれいにしてもらうことができる。まさにwin-winな関係と言えますね!

こういった理由で、マンタには小魚たちがくっついているんですよ。お互いが助け合って生活しているのは、見ていてとても微笑ましいですよね。

水族館で共生している姿を見かけた時には、是非この記事の事を思い出して下さいね!

まとめ

いかがだったでしょうか。

マンタとエイの違いは↓

  • マンタの尾には毒がないが、アカエイなどのエイの尾には毒針がある
  • マンタの口は頭部に、エイの口は身体の下面についている
  • マンタは主にプランクトンを食べ、エイは主に貝を食べている
  • マンタは回遊性でエイは底生性のものが多い

このようなものが見られました。

また、マンタの下にくっついている魚たちは、マンタと共生の関係にあり、お互いが助け合って生きていることもわかりました。

是非、これらのことを念頭に置いて水族館に遊びに行ってみて下さいね!きっと楽しくマンタやエイを観察することができますよ!

最後までお読みいただきありがとうございました。


こちらも水族館の人気者!

バンドウイルカとカマイルカが気になったらクリック!

↓↓↓

バンドウイルカとカマイルカの違いや見分け方は?特徴や寿命も!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする