【冬のハワイ】飛行機内の服装の注意点!コートやダウンはどうする?




冬のハワイへ行かれる方!アテンション・プリーズ♪

現地でのプランは完璧だと思いますが、見落としがちな飛行機での服装は準備出来ていますか?

冬のハワイ服装はわかっていても、この時期飛行機内でどんな服装をしていいのか?コートやダウンは機内に持ち込まないといけないのか?

ちょっと疑問に思うことを調べてみました!迷っているのであれば、是非参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク

コートやダウンは空港でどうする?

冬のハワイ旅行へは、出来るだけ荷物を最小限にして行きたいですよね。そうかと言って、空港までコートやダウン無しで向かうのは、過酷過ぎます・・・。

ハワイまでコートやダウンを手で持っていくのはかさばって嫌だし、スーツケースには入らないし、コインロッカーは意外と高くつくしどうしよう・・・。

そこの迷っているあなた、ご安心ください!

空港にコートを預かってくれるサービスがあります♪しかも予約不要なので、直接サービスカウンターに行って頂ければ希望の期間預かってくれますよ。

『JAL ABCカウンター』ではコートのお預かりサービスを利用出来るんです。

このサービス対象の空港は↓

・成田国際空港
・羽田空港国際線ターミナル
・関西国際空港
・中部国際空港 ※ヤマト運輸カウンター

それぞれの空港で料金が違うのでこちらも参考にご覧ください↓

  • 成田空港 5~7日間 1,340円
  • 羽田空港 5日 1,000円/6日 1,200円/7日 1,400円
  • 関西国際空港 5日 1,240円/6日 1,450円/7日 1,660円
  • 中部国際空港 5~7日間 1,340円

嬉しいことに、1着コートを預けることでマイルが溜まります♪JALマイレージは、50マイル。DLスカイマイル or UAマイレージ・プラスは、30マイル。

どちらかのマイルを溜めている場合は是非ご利用下さいね。

それからクレジットカードの種類によっては、コート預かりを無料でできる場合や割引になる場合もあるのでプラチナカードやゴールドカードをお持ちであれば必ずチェックをしておきましょう!

では、機内の実際の服装はどうしたらいいのかアドバイス致します♪

スポンサードリンク

冬のハワイの飛行機内の服装はどうするのがいいの?

機内の室温が気になりますよね?日系の航空会社の機内は、24~26℃くらいに室内を設定しているようです。

外資系の航空会社の機内はそれよりも寒いです。

特にデルタ等のアメリカの航空会社は、日本人にとっては冷房が効き過ぎて寒いと感じる方が大半です。

念のため折り畳めるような薄いダウンジャケットや、レッグウォーマーなど持参して寒さ対策をされた方がいいです。

またブランケットのレンタルも出来ますが、稀に数が足りないこともあるので冷房対策を考えて現地で着る薄手のパーカーなどを機内に持ち込むといいですね。

機内での服装は、基本的にスウェット素材の長袖・長ズボンが動きやすく疲れにくいのでオススメです。

足元は、サンダルではなく靴下を履いてスニーカーがいいですね。足元が冷えると、血流も悪くなり浮腫やエコノミー症候群にも繋がるので足元はしっかり温めるようにしましょう。

そして外資系の航空会社の飛行機で向かう方は、先程述べたようにパーカーの上に羽織る薄手のジャケットを持参して下さい。

オススメは、ユニクロのウルトラダウンジャケットです!折り畳めるので、機内に持ち込む際にも邪魔にならずに温かく過ごせます♪

ところで、女性の方は服装と同じくメイクをどうしようか迷っておられる方もいらっしゃると思います。ハワイに行くまでの機内でメイクをしない方がいいのか、参考にしてみて下さい♪

メイクはしない方がいい?

結論から言うと、メイクはしない方がいいです

なぜなら、日本からハワイに向かう便は、ほとんどが前日の夕方以降に出発し、ハワイには午前中に到着するので、飛行機の中は就寝して過ごす方が多いです。

眠っている間は、肌を休めた方がいいのでメイクはしない方がベターですね!

そして機内は空調が常に稼働している状態なので、乾燥しやすいです。途中で保湿クリームなどを塗って乾燥対策されると更にいいです。

どうしてもノーメイクでいることに抵抗がある方は、マスクを着用しましょう♪口元・喉の乾燥対策にも繋がるので、一石二鳥です。

そして普段コンタクトレンズをされている場合は、飛行機に乗る前にコンタクトレンズを外して眼鏡で過ごすようにしましょう。

とにかく、飛行機内は乾燥していて長時間過ごさないといけないので、目・鼻・喉・肌の乾燥対策をしっかり行って下さいね。

そうすれば、ハワイに着いてからもコンディション良く快適に過ごせるはずです♪

それでは、飛行機内であると便利なグッズを紹介します!長時間のフライトを快適に過ごすためにも是非参考にしてみて下さい♪

スポンサードリンク

飛行機内で寝る時にあると便利なグッズは?

まずは、空調で冷えないようにレッグウォーマーネックウォーマーがあると、浮腫や冷えの対策にもなるのであると便利です。

また就寝する時は靴を脱ぎたくなりますから、スリッパがあるとトイレに行く時に狭い座席で靴を脱いだり履いたりしなくていいので便利です。

それから空港でネックピローを首につけて歩いている姿をよく目にしませんか?

長時間のフライトでは、ネックピローがあるとかなり寝やすいです!フットレストアイマスクも使うことで、睡眠不足の心配を軽減できます^^

飛行機内での睡眠をしっかりとりたいなら♪

そして先程述べたように、乾燥対策の為に保湿クリームマスクがあるとノーメイクの場合でも気にならないですね♪

そして忘れがちな、食後の歯磨きです!機内食を食べた後に、歯に食べ物が詰まったまま寝てしまうと虫歯の原因になるので、使い捨ての歯ブラシ旅行用の歯ブラシを是非持参しましょう。

長時間のフライトでは、足が棒のようになるので出来るだけトイレへ行って少しでも歩いたりすることをオススメします。

服装・乾燥対策・就寝のことを考慮して快適な空の旅を楽しんで下さいね♪

まとめ

いかがでしたか?

  • 冬のハワイ飛行機に乗る際に、空港でコートを預けることが出来る!
  • 飛行機内の服装は、基本的には長袖・長ズボンがオススメ。動きやすい素材で、脱着しやすいものを♪薄手のダウンがあれば便利です♪
  • 飛行機には、ネックピロースリッパ等持参すると長時間のフライトが更に快適に過ごせます♪

冬のハワイと日本の温度差が激しいので、服装選びが難しいですが、少しの工夫で快適に飛行機で過ごすことが出来ます♪

これでちょっとした疑問も解決できたでしょうか?あとは、思いっきり南国の楽園ハワイでエンジョイして下さいね♪

最後まで読んで頂きありがとうございました!


次に見て欲しい記事はこちら

↓↓↓

冬のハワイは泳げるのか?水温や気温・泳ぐ時の服装について!


スポンサードリンク

スポンサードリンク



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする